タグ:ムラサキシジミ ( 13 ) タグの人気記事

■ 無事に冬を越しました   15.3.16   (テングチョウ、ムラサキシジミ)

「天気が崩れる」前に散策に出た。

春の陽気を予感させる温かみを感じさせる谷戸の原を、黒っぽいチョウが飛びすさぶ。行方を追うと、とまって開翅したところを接近した。


テングチョウ   15.3.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/300,F8
e0070891_17374245.jpg
e0070891_17291788.jpg
        休耕田の脇のコンクリートにとまった。この春の初見です。 どこで越冬したのでしょうか?

   3.16   〃   1/850,F5.6
e0070891_1726060.jpg
e0070891_17261214.jpg
        舞岡川源流の脇の「小川アメニティ」、路上にとまった。
        散歩で歩いて来る人が現れるまでの勝負です。


ムラサキシジミ   3.16   〃   1/250,F8
e0070891_17324021.jpg

e0070891_17325660.jpg
        集団越冬群を見つけることができないままに、越冬をおえたムラサキシジミにご対面です。 
        狐久保奥の原っぱでサッと飛んだところを追いかけました。
        つぎは尾状突起のあるムラサキツバメに会いたいものです。
[PR]
by higirinikki | 2015-03-16 17:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 柵にいる虫   14.11.30   (ムラサキシジミ、アキアカネ、イオウイロハシリグモ)

11月も最後の日。暖かな気温だが雲行きは怪しい動き。日暮れ近くの紅・黄葉を探ってきた。

山道の柵に少なくなった虫がとまっていることにも気づく。


ムラサキシジミ   14.11.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/28,F8
e0070891_2171665.jpg
        そろそろ集団越冬するはず。こんな寒い所にいて大丈夫かな?


アキアカネ   〃   〃   1/300,F8
e0070891_2112572.jpg
        秋晴れの青空、陽射しを求めてとまっていた。
        隣りにはクモの姿もあった。


イオウイロハシリグモ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_2111486.jpg
        夏に草や落ち葉の陰いることが多いのに、やはり日向ぼっこが必要なのだろうか。
[PR]
by higirinikki | 2014-11-30 21:25 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋の蝶 3種   14.10.18   (キタテハ、ヒメアカタテハ、ムラサキシジミ)

今日も秋らしい青空の好天。高校仲間で東大に行ったMa君の毎年恒例の「落研落語会」を聞きにいきました。
演題は、気の長い男と短い男のやりとりがおかしい「長短」、なかなかの好演でした。

おとといの散策で出会った「秋の蝶 3種」です。


キタテハ   14.10.18   FUJIFILM X-S1 240624mm(相当) ISO800 1/340,F8
e0070891_23114986.jpg
        黒とオレンジの色彩コントラストが強烈な「秋型」の♀が、瓜久保の家の前の花にご執心でした。


ヒメアカタテハ   〃   〃   1/900,F8
e0070891_23144965.jpg
        「綺麗なコスモスだな」と見とれている目の前の花で吸蜜していたので、ビックリした。
        でも、即座にシャッターを切った自分を褒めてやりました。


ムラサキシジミ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_23172259.jpg
        セイタカアワダチソウにとまっているところを見つけたのですが、もたもたしてるうちに
        ヤブガラシの葉陰に移られてしまった。陽に当たっているので、色が飛んだりしています。
[PR]
by higirinikki | 2014-10-18 20:05 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春?チョウ3種   14.2.3   (ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、キタテハ)

突然、春がやってきたかのように気温が20℃近くまで上がり、4月上旬の暖かさになった。
もしやと思ったとおり、暖かさに誘われて成虫越冬中のチョウが一時的に眠りから醒めて、飛び出していた。


ウラギンシジミ   14.2.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400
e0070891_12405087.jpg
        ヒイラギモクセイの葉陰で眠っていることの多いウラギンシジミ、「いるかな?」と見ている目の前を飛んだ。


ムラサキシジミ   〃   〃   
e0070891_12424876.jpg
        一斉に咲き出した梅の花に飛んでいるミツバチを撮影していた。
        視線の先に翅を立ててとまっているチョウが。裏翅の模様からムラサキシジミと推定した。


キタテハ   〃   〃   
e0070891_1245960.jpg
        春先に見かけるように、オレンジ色のチョウが忙しく飛んだりとまったりを繰り返していた。
[PR]
by higirinikki | 2014-02-03 18:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ムラサキシジミ   13.12.11

ようやく散策に出る元気がもどった。冬の散策衣類を引っ張り出して冷たい風に対応。
が、ひさしぶりのお出かけにもかかわらず、鳥の姿はほとんどなく、花も虫も目に入らない。これでは「在庫写真」が溜まらない。

今日の収穫は綺麗な瑠璃色鮮やかな「ムラサキシジミ」の開翅姿でした。


ムラサキシジミ 閉翅姿   13.12.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/640,F5.6
e0070891_17345981.jpg
        3日、クロスジフユエダシャクやテイカカズラを見つけた草原。
        冬のチョウに出会った。一瞬、見つけただけで開翅はしなかった。


ムラサキシジミ 開翅姿   12.11   〃   1/340,F8
e0070891_17391150.jpg
e0070891_17392161.jpg
e0070891_17393243.jpg
        今日も同じ草原で出会った。
        明るい陽が当たって鮮やかな青紫色に輝いている。綺麗ですよ。

        ムラサキシジミとよく似たムラサキツバメ、両者はそれぞれ成虫で集団越冬するのだという。
        ここをフィールドとするチョウ撮影集団は、その集団越冬する姿を追っているのだというが、なかなか見つからないと聞いた。
        私の根気では、ずっと見つけられないでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2013-12-11 17:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 冬のチョウ   12.12.18

歳もおしつまってきました。高校同窓会のWEB委員会、今年最後の集まりに出かけてきました。
ようやくHTML言語をすこしわかりかけてきて目途がついた感じ、そのまま忘年会・カラオケになだれ込んで、帰ってきたところ。
何を話題にするか考えていなかったので、やっつけアップです。

冬になって虫の姿を見つけにくいところだが、なにげなく見つけた虫2種です。


ムラサキシジミ   12.12.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/750,F8
e0070891_22341776.jpg
        成虫越冬するチョウの仲間。
        寒いのに辛いだろうな。がんばれよ。


アゲハの一種の蛹   12.14   〃   1/640,F5.6
e0070891_2237041.jpg
        カラタチの枝の棘に守られてアゲハの蛹があった。
        いつまで観察が続けられるかわからないが、無事に羽化できるといいな。
[PR]
by higirinikki | 2012-12-18 22:38 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ムラサキシジミ   12.1.5

今日も穏やかな冬晴れの日。里山には、ヒヨドリ、シジュウカラ、コゲラ、メジロ、それにカワセミが見られるだけ。
カメラマン諸氏も手持無沙汰のようです。

3日の散策で見つけた越冬蝶です。


ムラサキシジミ   12.1.3   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/640,F8
e0070891_1774014.jpg
        目の前をひらひらと飛んでいる蝶、「とまれ」の命令に応じて、
        「小川アメニティ」の淀みに溜まった枯れ葉の上にとまってくれました。

        こんな姿をしているので、前からとまっているところを探し出すのは不可能です。


   〃   〃   1/500,F8
e0070891_17112723.jpg
        いつまでもとまっていそうなので追い出しました。
        すぐ傍のサザンカ(?)の葉にとまって、すぐに開翅してくれました。
        鮮やかな紫色をした♀でした。

        どうやら吸水をしていたところを邪魔してしまったようです、ごめんね。
        これからの厳しい冬を無事に生き伸びて、春にまたこの姿を見せてくれるよう祈りましょう。
[PR]
by higirinikki | 2012-01-05 17:14 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 初冬の虫たち  10.12.9   (ムラサキシジミ、クロスジフユエダシャク、ウシカメムシ)

きょうから3日間、新潟の娘のところに来ています。孫娘の「お遊戯会」と、新発田市にある「蕗谷虹児記念館」に行くことが目的です。

最近の散策で見つけた昆虫3種です。


ムラサキシジミ  10.12.2   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_23143084.jpg
        日差しが強くなった山道で紫色の表翅が目に入りました。
        日向で陽光を浴びていました。


クロスジフユエダシャク  12.7   〃 28-200mm ISO400 1/250,F8
e0070891_23175081.jpg
        今、雑木林の中を白い翅のチョウがひらひらと飛び回っているのが、この蛾です。
        翅を失った雌が発するフェロモンを探し求めているのだそうです。


ウシカメムシ  〃   〃 1/60,F8
e0070891_23205187.jpg
e0070891_23211639.jpg
        山道の手すりで見つけました。今頃、こんな所で何をしているのでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2010-12-09 18:06 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ シジミチョウ3種   10.6.29   (ベニシジミ、ツバメシジミ、ムラサキシジミ)

梅雨らしい蒸し暑い曇り空の一日でした。

24日の散策で見たシジミチョウの表翅、裏翅のセットです。


ベニシジミ   10.6.24   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/100,F8
e0070891_20273010.jpg
e0070891_20274776.jpg


ツバメシジミ   〃   〃(trimming) 1/125,F8
e0070891_20294742.jpg
e0070891_2030847.jpg


ムラサキシジミ   〃   〃 1/125,F8
e0070891_20312625.jpg
e0070891_20314363.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-06-29 20:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 冬の虫たち   10.1.30   (ムラサキシジミ、エサキモンキツノカメムシ、ヨコヅナサシガメ)

きょうも暖かめの日でした。

冬の散策は鳥が中心にならざるをえないのですが、目は虫も探しているのです。
というわけで、最近見つけた虫たちです。


ムラサキシジミ   10.1.26   PENTAX K20D 28-200mm ISO1600 1/2000,F5.6
e0070891_21214034.jpg
        狭い山道を歩いていく先に、しゃがんでマクロレンズを向けているカメラマンの姿が。
        撮影がおわるの待っているとチョウが飛び立ちました。目の前の笹にとまったのを見るとムラサキシジミです。
        二人で開翅を待ち、開いた一瞬にシャッターを切って、お礼を言って立ち去りました。


エサキモンキツノカメムシ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_2128531.jpg
        瓜久保のカッパ池の柵の上にいました。
        実は、これも同じカメラマンが撮影していたものでした。「ありがとうございました」


ヨコヅナサシガメ   1.29   〃ISO400 1/250,F5.6
e0070891_21313691.jpg
        ほとんど収穫のなかった散策がおわろうという時、「舞岡のファーブル」と呼ばれるTさんにお会いしました。
        「ひろしさん、ここにいますよ」と教えられたのがこれ、「ヨコヅナサシガメ幼虫(幼生?)です。
[PR]
by higirinikki | 2010-01-30 21:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)