タグ:モモブトカミキリモドキ ( 7 ) タグの人気記事

■ モモブトカミキリモドキ   15.4.5

「寒い春」が居座っています。霧雨がやむことなく落ちてくる1日。きのうの疲れもあって「休養日」としました。
最近、1週間ほど散策から遠ざかっているので、以前に撮影した花も開花が進んでいるだろう。

というわけで、時期に関係のない虫の写真です。


モモブトカミキリモドキ   15.3.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/1100,F8
e0070891_21195713.jpg
e0070891_21201072.jpg
        立派な太い腿をしていますね。 これは♂雄です。今年は、腿が太くない♀雌には出会っていません。
[PR]
by higirinikki | 2015-04-05 21:21 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ カミキリムシ 3種   14.4.30   (ナカジロサビカミキリ、アトモンサビカミキリ、ほか)

「虫の目」をこらすと、「あーら不思議」、途端にカミキリムシの中間が目につくようになった。


ナカジロサビカミキリ   14.4.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/350,F5.6
e0070891_2321829.jpg
        山道を降りる柵の上にいた。「初見」です。


アトモンサビカミキリ   4.25   〃    ISO400 1/150,F8
e0070891_235389.jpg
        交尾中のシーンは初見です。


モモブトカミキリモドキ ♂   4.16   〃   1/350,F8
e0070891_238453.jpg


〃 ♀   4.26   〃    1/600,F8
e0070891_237895.jpg
        看板が違いました。カミキリ「モドキ」です。
        ♂と♀、どこが違うか、よーくご覧あれ!
[PR]
by higirinikki | 2014-04-30 17:52 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ハルジオンと虫   13.4.16   (ベニシジミ、マルカメムシ、モモブトカミキリモドキ)

今日も春の陽気。また真央娘と古民家でタケトンボやだるまおとしで遊んできました。
ハルジオンがいっぱい、虫もいっぱいです。


ベニシジミ   13.4.15   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO100 1/550,F4.5
e0070891_22155198.jpg


マルカメムシ
e0070891_22163413.jpg


モモブトカミキリモドキ
e0070891_22171269.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-04-16 22:17 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 風の強い日に   11.4.27   (ジャコウアゲハ、モンシロチョウ、モモブトカミキリモドキ)

好天の2日を留守にした今日は、春の大風が吹きまくっている。揺れる草花はさておき、昆虫類に出会えるかな?と散策。


ジャコウアゲハ   11.4.27   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_1747428.jpg
e0070891_1748167.jpg
        「さー散策開始」と歩き始めた駐輪場のナツグミの花の上を黒いアゲハが行ったり来たりしていました。
        なかなか静止してくれないのですが、10分間ほどつきあってくれました。
        やっと撮れた姿です。どぎついほどの赤い腹。裏翅の赤い斑点は♂のしるしです。
        いかにも南方系のアゲハ、地球温暖化が進んで関東地方でも蛹で越冬できるようになったものです。


モンシロチョウ   〃   〃   1/320,F8
e0070891_17535094.jpg
        強い風に逆らって飛ぶのに疲れたのでしょうか、ハルジオンの花に掴まっていました。


モモブトカミキリモドキ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_17555360.jpg
        ハルジオンといえば春先の定番の虫です。
        まだ早いのか、2頭しかみつからなかったのですが、どちらも♀でした。
        腿が太くないのです。
[PR]
by higirinikki | 2011-04-27 17:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ハルジオンに集まる虫たち   10.4.26   (クロボシツツハムシ、マルボシハナバエ)

野ではハルジオンの花が盛りとばかりに咲き始めました。
その花の花粉や蜜を求めて多くの虫たちが集まってきていました。


クロボシツツハムシ   10.4.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1250,F8
e0070891_1643489.jpg


モモブトカミキリモドキ ♂   〃   〃   1/160,F8
e0070891_166591.jpg
〃 ♀
e0070891_167571.jpg


マルボシハナバエ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_1694210.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-04-26 01:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

ハルジオンでお食事中  07.4.29

今日は清々しい春の日、もう一つ所属する田んぼグループの作業日。心地よい汗を流してきました。
というわけでおとといの画像からです。

今を盛りといたる所で花を咲かせているハルジオンですが、花びら・蜜・花粉が多くの昆虫の生きる糧になっています。その代償で受粉が行なわれているのでしょう。

モンシロチョウ  07.4.27 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/750,F8
e0070891_2075384.jpg


ベニシジミ   〃  1/500,F5.6
e0070891_20143792.jpg


モモブトカミキリモドキ ♂    〃  1/750,F5.6
e0070891_20174746.jpg


モモブトカミキリモドキ ♀    〃  1/500,F5.6
e0070891_20191038.jpg


マダラメバエ   〃  1/250,F5.6
e0070891_20204481.jpg


ホソオビヒゲナガ ♀    〃  1/750,F5.6
e0070891_20223928.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-04-29 20:24 | 舞岡公園の虫 | Comments(10)

春の虫  07.4.6

ようやく春らしい天気が戻ってきました。今日の散策で、やっと小さな虫を4種だけを見つけることができました。


ツバメシジミ  07.4.6 PENTAXisrDs 100mm/macro(trimming)
                           ISO200 1/350,F8
e0070891_21123611.jpg
雑木林のカラスノエンドウの群落を飛びまわっていました。
翅の表が青紫色なのでオス、メスなら黒色です。後翅裏面のオレンジ色の紋が綺麗だ。後翅にある尾状突起にちなんで「ツバメ」の名がついた、という。


モモブトカミキリモドキ  〃  1/180,F8
e0070891_2118258.jpg
北門傍で。2年前、昆虫撮影も始めた春に初めて撮った甲虫で、カミキリムシの幼虫と思い込んでいた。
オスの後ろあしの付け根が太くなっているので、この名がついた。春先によく見られ、黄色い花に集まる。体液に毒素を含み、皮膚につくと水疱ができることがあるので注意が必要、と言われた。


ヤブキリ  〃  1/750,F5.6
e0070891_21235194.jpg
「おおなばの丘」の草原で。
成虫は、緑色で背面が褐色の大きなキリギリスになる。前脚にトゲを持ち、他の虫を捕らえて食べる。セミなど、大型の昆虫を襲うこともある。幼虫はよく見るのだが、成虫はめったに見たことがない。


キリウジガガンボ  〃 1/180,F5.6
e0070891_21275772.jpg
田んぼ脇の水面を何匹も飛びまわっていました。
都市周辺でも普通に見られ、水田や畑の周辺に多い。幼虫は、腐った植物や、植物の芽・若い根などを食べるので、イネ・ムギの害虫とされる、という。
[PR]
by higirinikki | 2007-04-06 21:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)