タグ:モンキチョウ ( 19 ) タグの人気記事

■ ハルジオンに来た蝶   15.5.1   (ダイミョウキマダラハナバチ、ほか)

今日はすっかり初夏の陽気に。ウオーキンググループ「悠々会」の例会で、「鶴見川源流域」を20㎞近くも歩いてきました。明日からの筋肉痛が思いやられます。写真整理・記事化は明日にします。

きのうの続き、最近の画像から「ハルジオンに来た蝶」です。


モンシロチョウ   15.4.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F9
e0070891_22481365.jpg


モンキチョウ   4.23   〃   1/680,F5.6
e0070891_2249515.jpg


コチャバネセセリ   〃   〃   1/220,F5.6
e0070891_22503520.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-05-02 22:51 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 初春のチョウ 2種   15.3.8   (モンキチョウ、キタテハ)

寒い冬の日が続く。霧雨が降り続き、午後やっとすこし陽射しがあったが、また曇り空に。きのうの疲れもあって休養日に。

最近の暖かな日には、春先のチョウに出会っている。


モンキチョウ   15.3.6   FUJIFILMX-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1400,F7.1
e0070891_212956100.jpg
        狐久保奥の草原で、白いチョウが目の前をひらひら飛んだ。
        一瞬、モンシロチョウかと目を疑ったが、すぐにモンキチョウの雌・白型と気づいた。
        なかなか近接撮影を許してくれなかったが、しつこく追いかけて撮らせてもらった。

        年数回発生する最初の羽化個体です。


キタテハ   2.23   〃   1/1300,F8
e0070891_21341988.jpg
        一時的に気温が急上昇して、一気に春の陽気になったこの日。
        狐久保の入り口付近で飛びまわるオレンジ色のチョウがいた。
        成蝶で越冬するキタテハが暖かさに誘われて飛び出てきたので。
        この後、もう1頭のキタテハと縺れるように上空高く舞い上がっていった。
[PR]
by higirinikki | 2015-03-08 21:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春を告げるチョウ 3種   14.3.26   (キタキチョウ、モンキチョウ、キタテハ)

桜が咲き暖かな陽射しの中、ようやくチョウの舞う姿が目につくようになった。
名前に「黄」がつくのは偶然でしょうか?


キタキチョウ   14.3.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/220,F8
e0070891_17191324.jpg
        成虫で越冬するキチョウです。気温が上がって、どこかから姿を見せます。
        飛んでいる姿を、この日初めて狐久保の草原で見つけました。
        しかし、配偶者を捜しているのか、パトロールするように往ったり来たりを繰り返していて、いっこうにとまってくれません。
        南門付近で見かけたこのチョウも飛び続けていましたが、疲れた(?)のかやっととまって撮影を許してくれました。


モンキチョウ   3.21   〃   1/1600,F5.6
e0070891_17262622.jpg
        狐久保の石畳道の脇の草崖を往ったり来たりして飛びまわっていました。
        枯れ葉にとまったのかな?と思ったら、ヒメオドリコソウの小さな花から吸蜜していた。


キタテハ   3.23   〃   1/450,F8
e0070891_1731968.jpg
        縄張り争いをしているのか、2頭のキタテハが縺れるように天高く飛び上がっていく姿をよく見かけます。
        空中で別れて、また元の場所に戻ってきて見張っているような、その姿を隙をみて撮影します。
[PR]
by higirinikki | 2014-03-26 17:34 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋のチョウ (3)   13.11.8   (キタキチョウ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモン)

爽やかな涼しい秋空。新しい鳥に出会ったが、チョウの続きです。


キタキチョウ   13.11.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/2000,F8
e0070891_2056323.jpg
        「成虫越冬」するキタキチョウ。この個体は、どこまで生き延びることができるのでしょう。


モンキチョウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_2058269.jpg
        高い位置にあるコスモスの花にとまったモンキチョウ。
        太陽に向かっての撮影です。


ツマグロヒョウモン   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_2104663.jpg
        同じコスモスにとまったヒョウモン柄のチョウ。ツマグロヒョウモンでしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2013-11-08 21:01 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 秋のチョウ (2)   13.11.7   (キタテハ、テングチョウ、モンキチョウ)

今日は「立冬」。朝から冷たい雨が降っていたが、午後、雨が上がって生暖かい南風が吹き始めていた。

おとといの散策で出会ったチョウたちです。


キタテハ   13.11.5   FUJIFILM X-S1 ISO800 1/1100,F8
e0070891_19503322.jpg
e0070891_19504772.jpg
        このキタテハは「秋型」でしょうか。濃い赤橙色の表翅が鮮やかです。


テングチョウ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_19544238.jpg
        ひらひら飛んでは止まる場所をかえていた。やっととまってくれた。
        開翅はしてくれなかったが、じっととまって撮影させてくれた。


モンキチョウ   〃   〃   1/2000,F8
e0070891_19575895.jpg
        白い翅、♀です。この頃、よく見かけます。繁殖を続けて「春型」の子を残すのでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2013-11-07 20:00 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋(?)のチョウ 3種   13.10.18   (ウラギンシジミ、モンキチョウ、ヤマトシジミ)

また台風27号が発生、26号と似たようなコースをたどると予想されている。その先駆けの雲が早くもやってきている。

最近、出会ったチョウたちです。「秋のチョウ」と銘打ってはいるが、そんなチョウはいない。


ウラギンシジミ ♀   13.10.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/1400,F8
e0070891_21395595.jpg
        銀色の翅をひらめかせて飛びまわっているチョウ。
        オレンジ色の♂がほとんどで、この♀はめったに見かけない印象が強い。


モンキチョウ ♂   10.17   〃   ISO400 1/1800,F8
e0070891_21435785.jpg
        記憶の中では、今年はモンキチョウにあまり出会っていない。
        センダングサの花に固執しているようで、何度もこの花にやってきて撮影させてくれた。


ヤマトシジミ ♂   〃   〃   1/160,F8
e0070891_2146371.jpg
        いつでも、どこでも見かけるチョウ、あらためて撮影してみた。
[PR]
by higirinikki | 2013-10-18 21:47 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ モンキチョウ   12.10.10

今日は、「東京オリンピック開会式」の快晴の空を思い出させる「晴れの特異日」。
ついこの間まで「体育の日」だったはず。その頃は、運動会を予定してまず大丈夫だったはず。
それが「ハッピーマンデー」なんぞという変な名目で移動させられた。
天気の神様は、「午後は曇り」という予報を吹き飛ばして、午後も爽やかな、ちょっと寒いが晴れを続けてくれた。

「ウラナミシジミ」を撮った5日には、「モンキチョウ」の姿を綺麗に撮影できたので紹介しましょう。


モンキチョウ   順光で   12.10.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/480,F8
e0070891_1965335.jpg


   透過光で   〃   〃   1/420,F8
e0070891_1983554.jpg

        光線の具合で受ける印象が違いますね。

        おすすめ過去記事
[PR]
by higirinikki | 2012-10-10 19:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ チョウ3種   12.8.28   (ウラギンシジミ、モンキチョウ、キタテハ)

きのうの散策は不十分だったので、今日は覚悟を決め暑さ対策をしっかりとって、炎天下の谷戸を歩いてきた。その割には収穫が少なかったのが残念ではあったが。

暑さの中、こんな日に出会ったのが不思議なチョウ2種と、今が出盛りと思わせるチョウ1種です。


ウラギンシジミ ♀   12.8.28   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_2113377.jpg
        いつもの山道を降りてくる途中で目に入りました。
        真夏に出会った覚えがありません。


モンキチョウ ♀   〃   〃   1/250,F8
e0070891_21174660.jpg
        一瞬モンシロチョウかと思わせる色合いをしていました。
        陽光に透けて見える色は黄色でした。


キタテハ   8.27   〃   1/800,F8
e0070891_21212320.jpg
        この時期、目の高さを飛び交うチョウは、暗い所ではヒカゲチョウ、明るい所ではこのキタテハです。
        黄と黒の強いコントラストを見せるのは「夏型」です。
[PR]
by higirinikki | 2012-08-28 21:24 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 作品展の合い間に   12.5.22   (ベニカミキリ、モンキチョウ、ゴミグモ)

いよいよ「東京スカイツリー」が開業した。墨田区は、私の卒業した高校の学区だったので、同窓生がいっぱいいます。いろいろ意見はあるでしょうが、プラスの面は多いようですね。

おとといの作品展は、べったり会場にいたわけではなくて谷戸田も散策していました。


ベニカミキリ   12.5.20   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/500,F3.3
e0070891_2033162.jpg
        水屋前の「風景・虫・鳥」コーナーの前を赤い虫が飛んでいた。
        地面に着陸したところをパチリ、「ベニカミキリ」でした。

        体内に毒をもっている「ベニボタル」に擬態している虫として知られる、
        と言われるが他の捕食者は本当にそんなことを知っているのかな?


モンキチョウ   〃   〃   1/600,F3.3
e0070891_2011463.jpg
        白型のモンキチョウ♀が産卵場所を探すかのように、いろんな葉っぱに移り飛んでいました。


ゴミグモ   〃   〃   1/550,F3.3
e0070891_20145698.jpg
        ゴミいっぱいの巣が目の前に見えた、と思ったら巣のあるじが蜘蛛の糸にかかった小虫めがけて急ぎ足。
        風に揺れるので、両方を写すのが難しい。
[PR]
by higirinikki | 2012-05-22 20:17 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ センダングサに来たチョウ   10.10.14   (ウラナミシジミ、モンキチョウ、モンシロチョウ)

今日は休養日に。

田んぼの周辺にセンダングサの黄色い花が咲き始めています。セイタカアワダチソウの黄色い花も目立ちます。
その花に、花粉や蜜を求めて多くの昆虫が集まってきます。


ウラナミシジミ   10.10.12   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_182839.jpg
e0070891_1842949.jpg
        毎年、秋になると西日本から北上してくるチョウです。
        「そろそろかな」と待構えていました。この日が今年の初見です。


モンキチョウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1854222.jpg
        やっと撮らせてくれる位置に止まりました。 強い逆光で翅が透けて見えます。


モンシロチョウ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_1823217.jpg
        真夏が過ぎて、またモンシロチョウの新鮮個体に出会えました。
[PR]
by higirinikki | 2010-10-14 18:10 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)