タグ:ヤツデ ( 13 ) タグの人気記事

■ ヤツデの花   14.10.30

安定した秋晴れの日は今日までらしい。午前中、散策に出たが目新しい被写体がない。

園内に「案外ヤツデが多いな」と感じるのだが、その元は寒い季節に虫を引き寄せる白い花が咲き始めているからだ。


ヤツデ 蕾   14.10.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/110,F8
e0070891_17175861.jpg



ヤツデの花にマドガ   10.27   〃   1/340,F8
e0070891_17195643.jpg
        撮りにくい位置にとまっているのは「マドガ」のようです。


ヤツデの花に?   10.30   〃  ISO400  1/45,F8
e0070891_1725742.jpg
        ハナバチの仲間のようだが同定できない。

        花の少ない時期に咲く 「ヤツデの花の戦略」 は こちら をご覧ください。
[PR]
by higirinikki | 2014-10-30 17:25 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ いろいろの花   11.11.4   (キチジョウソウ、ヤツデ、ヤマラッキョウ)

今週1日(火)TV朝日の番組「ちい散歩」で、タレントの地井武男が市営地下鉄「舞岡」駅から「舞岡公園」までを散歩するシーンが放映された。
この番組を見た人たちが出かけたのか、2日、3日と来園者が急増したようです。

最近の撮影画像から「いろいろの花」です。


キチジョウソウ   11.11.1   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/10,F8
e0070891_1911351.jpg
        漢字で表記すると「吉祥草」。おめでたい感じの名前です。
        撮影しにくい場所にあるので、うまく撮影できません。


ヤツデ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_19144773.jpg
        先日紹介した蕾が開花していました。
        蜜が豊かにでているのでしょうか、アリがいっぱいいます。


ヤマラッキョウ   11.2   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/85,F3.3
e0070891_19174895.jpg
        「あれ?こんな所にあったのか」と思う場所で花が咲いていました。
        このくらいの開花状況がよいです。
[PR]
by higirinikki | 2011-11-04 19:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 秋の草花 (2)   11.10.25   (チャ、フジバカマ、ヤツデ)

今日一日だけのようですが、昼間の気温はいっきに27℃近くまで上がって夏の陽気になりました。

おとといの散策で「小谷戸の里」にあった草花です。


チャ   11.10.23   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/125,F9
e0070891_1893844.jpg
        「小谷戸の里」にはお茶畑があります。ハチが飛び交う季節に先だって、事務局スタッフが茶の花を摘んでいました。
        摘み残された(?)蕾が開花していました。耳の後ろで羽音がしたので、思わず首をすくめました。


フジバカマ   〃   〃    1/350,F3.3
e0070891_18134237.jpg
        古民家の裏庭で開花していました。


ヤツデ   〃   〃    1/320,F3.3
e0070891_1816862.jpg
        この時期のヤツデの蕾を撮影したことがあったかな?
        おもしろい形をしていますね。
[PR]
by higirinikki | 2011-10-25 18:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 白い花 (4) ヤマウコギ   10.5.20

今日は一日中ぐずぐずと雨が降り続いています。よって、休養日です。

きのうの散策で見つけたヤマウコギの花です。すこし勉強しました。


ヤマウコギ 雄株   10.5.19   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/100,F4
e0070891_1941991.jpg
        小谷戸の里の前「三角山」の園路側にかぶさるように生えているヤマウコギです。
        ヤマウコギは雌雄異株だということを初めて知りました。

〃 雄花
e0070891_1962712.jpg
        花柄は5cm~7cm程度、斜めから下向きになり、散形花序を形成します。ご覧のように多数の花をつけます。
        雄花では、オシベが3mm~4mm程度あり、葯も目立ちます。花柱は2本ある。

〃 雌花
e0070891_19101731.jpg
        小谷戸の里の炭焼き小屋の手前で、秋には黒い実をつけます。つまり雌株でした。
        雄花と同様に、散形花序を形成し多数の花をつけます。
        雌花では花柱2本、オシベは5個あるが目立たないようです。



「ウコギ科」に属する花々
ヤマウコギの花を見て「どっかで見たことがあるぞ」と思いました。ネット検索を重ねて勉強してみました。

ヤマウコギはその名前が示すように「ウコギ科」に属しています。
同じ「ウコギ科」に属する花木で在庫写真があるのは、ヤツデ、カクレミノ、キヅタの3種でした。


ヤツデ
e0070891_19261853.jpg
e0070891_19263677.jpg

        ヤツデの花は「両性花」といって、花の初期には「雄花」(写真;上)、後期には「雌花」(〃;下)となって自家受粉を避ける戦略をとっています。


カクレミノ
e0070891_19334394.jpg
        枝先に、球形の散形花序(さんけいかじょ)をつけます。
        両性花だけがつく花序と、雄花と両性花の混じる花序が見られる。この写真は両性花でしょうか。


キヅタ
e0070891_19443847.jpg
        キヅタの花も両性花です。
        上の方に、初期の「雄花」、下の方に後期の「雌花」が見えますね。
[PR]
by higirinikki | 2010-05-20 19:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 秋の草花 (6)   09.10.29   (ヤツデ、リンドウ、ヤマラッキョウ)

秋もすすむにつれて咲く花が少なくなってきています。
今、谷戸で見られる花です。


ヤツデ   09.10.27   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/800,F8
e0070891_18264530.jpg
        花の少ない時期に、蜜をいっぱい出すヤツデの花は昆虫たちに大人気です。
        しかも、花にはおもしろい仕組みも。  ぜひ、こちら ヤツデの花の戦略  07.1.13 もご覧ください。


リンドウ   10.29   〃   1/13,F11
e0070891_18301451.jpg
        上品な薄紫色の花が薄曇り空の下で開花していました。


ヤマラッキョウ   〃   〃   1/60,F7.1
e0070891_1832366.jpg
        もっと近づくことができない場所で満開近くになってきました。
[PR]
by higirinikki | 2009-10-29 18:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 冬芽・葉痕 (17)   09.2.24   (トチノキ、ヤツデ、カシワ)

歳を重ねるほど筋肉痛が遅れてやってくる、というのは俗説?
きのう午後、2時間ほどマーマレード作りで刻んだハッサクの皮から渋みや油分を揉み出す作業をしました。
おとといの、堆肥篩い作業と重ねた疲れで今日は「休養日」としました。

最近加えた「冬芽・葉痕」の追加です。


トチノキ   09.2.10   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_1842734.jpg
        てかてか頭の下に可愛い顔がいっぱい。


アオキ ヤツデ   2.21   〃   1/125,F8
e0070891_18444544.jpg
        真新しい大きな葉痕。


カシワ   2.1   〃   1/30,F5.6
e0070891_1846795.jpg
        あの柏餅の葉のもとですから、冬芽も大きいです。
[PR]
by higirinikki | 2009-02-24 18:49 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ヤツデの花   08.11.14

きのうの散策では、今まで知らなかった・撮っていなかった画像を撮る、という課題を持って歩きました。
そのひとつ、「両性花」であるヤツデの花を撮ってきました。

ヤツデの花には二つの特徴がありました。
  1.両性花である
     花の初期は「雄性期」で長いオシベが目立ちます。しばらくするとオシベがおちて、ヒゲのようなメシベが伸びた「雌性期」になります。
     こうして、時期をずらして雄花から雌花に変化することで自家受粉を避けているのだそうです。

  2.蜜の糖度が高い
     甘い果物も顔負けの高い糖度を持った蜜を分泌することで、蜜を舐めとるタイプの昆虫のアリやハチ、アブ、ハエがいっぱいやってきて、結果として受粉を助けてくれます。
     花の少ないこの時期、しかも早朝や曇天の時に多くの蜜を分泌して昆虫をおびき寄せて、受粉を助けてもらうという戦略もユニークです。


小谷戸の里の門の脇のヤツデの花は、だいぶ前から咲いていました。目の高さに花があるので撮影しやすいのです。

ヤツデの雄花   08.11.13   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/10,F22
e0070891_183917.jpg
        長いオシベが目立ちますね。アリが群がっていました。


ヤツデの雌花   〃   〃   1/30,F11
e0070891_190882.jpg
e0070891_192476.jpg
        ここのヤツデは大部分が雌花になっていました。
        「両性花」と知らない時は、この状態をしげしげと見つめた記憶がありませんでした。
        ハエやアブは来ていませんでしたが、キアシナガバチがいたのには驚きました。
        蜜を舐めに来たのか。まさか、狩りに来たのではないでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2008-11-14 19:09 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 秋の花 (6)   08.11.1   (ナワシログミ、ヤツデ、イヌタデ)

今日はまさに行楽日和という好天でした。私も恒例のハイキングに出かけてきました。
きのうの散策で見た秋の花たちです。


ナワシログミ   08.10.31   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_2114234.jpg
        小谷戸の里、古民家の奥の物置近くでホシホウジャクが飛んでいました。
        その行方は、グミの花でした。今頃咲くグミは?、葉が波打っているのでナワシログミとしました。


ヤツデ   〃   〃   1/90,F8
e0070891_2161426.jpg
        古民家裏庭の薄暗がりの中で、ヤツデの白い花が浮き立ってみえました。


イヌタデ   〃   〃   1/90,F8
e0070891_2183761.jpg
        営農畑の裾で真っ赤な花群れが見えました。アカマンマの見事な群生でした。
[PR]
by higirinikki | 2008-11-01 21:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(5)

■ 今年初見の花   08.10.17   (コウヤボウキ、ヤツデ、イシミカワ)

きのうの散策では収穫が多かったのですが、その中で今年初見の花たちです。


コウヤボウキ   08.10.16   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/8,F13
e0070891_17584757.jpg
        「もう咲いているかな?」と思って行ってみた、いつも群生している所。
        グッドタイミング、満開でした。


ヤツデ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_1813840.jpg
        コウヤボウキを撮影中、ふと目を上げた視線の先にヤツデの新芽が?
        よく見ると、もう花が咲いていました。「これって、早くない?」(若者口調で)


イシミカワ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_186267.jpg
e0070891_1872552.jpg
        毎年つるを伸ばして花をつける場所があるのだが、竹柵の改修工事のため根こそぎ刈り取られて
        今年は見られないものと諦めていました。
        その竹柵の最末端部を何気なくみると、ありました。青紫色に色づいた花?が。
        よく見ると青白い蕾も。よかった、よかった。
[PR]
by higirinikki | 2008-10-17 18:13 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

■ 実生の幼木   08.2.20

今日は「3月の暖かさ」という予報。
最近、コナラのどんぐりが芽生えているシーンをよく見る。
「実生の幼木」 を探してみたが、今目にできるのは常緑樹のそれで、落葉樹の幼木は葉を落としているので見つけにくい、ということに気づきました。


コナラのどんぐり   08.2.20   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/250,F6.7
e0070891_18152926.jpg
        瓜久保付近の園路際、ふき溜まった落葉の中のドングリが芽生えています。
        コナラのどんぐりと思います。湿った所に落ちた実だけが芽生えるのだそうです。


シロダモ   〃   〃   1/60,F5.6
e0070891_18193677.jpg
        「古御堂の谷戸」の林の中、落葉を掻き分けていろいろな幼木が生えています。
        この三本の線、シロダモに間違いないですね。


シラカシ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_18225328.jpg
        細身の葉のふちには、かすかに鋸歯になっています。
        葉の裏はたしかに白かったです。


ヤツデ   〃   〃   1/350,F5.6
e0070891_18252797.jpg
        ひと目でわかりますね。


アオキ   〃   〃   1/250,F6.7
e0070891_18265828.jpg
        上のドングリの傍で見つけました。瓜久保には実生のアオキがいっぱい生えています。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-20 18:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)