タグ:ヤハズソウ ( 4 ) タグの人気記事

■ 秋の草花   11.9.8   (ヤハズソウ、ブタクサ、イヌコウジュ)

秋めいたとはいえ、昼間は真夏日のような暑さでした。

きのうの散策で見つけた「秋の草花」です。


ヤハズソウ   11.9.7   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F8
e0070891_20151530.jpg
        「おおなばの丘」の斜面で赤紫色の小さな花が目に入りました。
        この葉の縞模様で「ヤハズソウ」であることを思い出しました。


ブタクサ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_20173471.jpg
        「花粉症の元凶」とされているブタクサの黄色い花が目につくようになりました。
        カノコガがぶらさがっていました。


イヌコウジュ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_2020594.jpg
        いつも「これはイヌコウジュだったかな?」と思い惑わせる花です。


          乾いた空気が西の空の夕焼けと富士山のシルエットを見せてくれました。
          わが家の二階の窓からの眺めは、見た目には、もっと暗く赤い空でしたが。
e0070891_20415230.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-09-08 20:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 秋の草花   09.9.5   (ニラ、ヤハズソウ、クコ)

今日は月例のハイキング。真夏日に戻った一日、鎌倉の寺々を巡ってきました。
ひさしぶりに10km以上は歩いたようで疲れました。

最近の散策で見た草花です。


ニラ   09.9.3   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F11
e0070891_20364181.jpg


ヤハズソウ   〃   〃    1/160,F8
e0070891_2038529.jpg


クコ   〃   〃    1/8,F8
e0070891_2040898.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-09-05 20:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 道端の雑草   08.9.11   (ヤハズソウ、エノキグサ、コニシキソウ)

乾いた秋晴れの空は昼まで、夕方にはにわか雨が降りました。
きのう、おとといの散策では、昨年初めて知った「雑草」3種を捜してみました。


ヤハズソウ   08.9.10   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/1000,F5.6
e0070891_18464074.jpg
        小葉の先を引っ張ると矢筈形にちぎれることから命名された、という。
        3出複葉の小葉には、斜めに並んだ側脈が目立ちますね。
        マメ科らしい淡紅紫色の花が咲いていました。


エノキグサ   9.9   〃   1/500,F5.6
e0070891_1848509.jpg
        葉がエノキに似ているのでこの名がある、そうです。
        雌雄同株です。雄花は細長い穂になってつき、赤味を帯びています。
        雌花は雄花の穂の基部につき、総苞に包まれています。果実は直径約3mm。


コニシキソウ → ニシキソウ   9.10   〃   1/1000,F8
e0070891_18505335.jpg
        葉の真ん中に暗紫色の斑紋が目立ちます → ありません、ね。
        葉のつけ根に淡紅紫色のごく小さな花がつきます。
[PR]
by higirinikki | 2008-09-11 18:53 | 舞岡公園の草木 | Comments(14)

■ 新種を3つも見つけました   07.9.9

小谷戸の里「生物・環境部会」会合に出た後、Koさんと一緒に散策に。
この方に同行すると不思議に「(私にとっての)新種」が見つかる。「え?ここにあったのか」と思うような、ありふれた場所で見つかって呆然(?)とすることも。


ヤハズソウ   07.9.9   PENTAXistDs 100mm ISO200 1/30,F8
e0070891_18302526.jpg
        小谷戸池の前の園路の田んぼ側の道端、ススキの足元に2~3株が枝を広げていました。
        小葉の先を引っ張ると矢筈形にちぎれることから命名された、という。
        3出複葉の小葉には、斜めに並んだ側脈が目立ちますね。
        マメ科らしい淡紅紫色の花が咲いていました。


コニシキソウ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_18405356.jpg
        営農田んぼの園路側の角、草刈りされた後の地面にスベリヒユと一緒にへばりつくような草がありました。
        スベリヒユの葉と見まごう葉ですが、葉の真ん中に暗紫色の斑紋が目立ちます。
        例のトウダイグサの仲間のコニシキソウです。葉のつけ根に淡紅紫色のごく小さな花がつきます。



ヒメキンミズヒキ   〃   〃   ISO800 1/8,F5.6
e0070891_1852316.jpg
         瓜久保を登りつめた尾根道を20mほど南へ行った道端、ガンクビソウを見つけた日に
         近くでキンミズヒキに似た花の群落を見つけていました。
         背が低い、雄しべのかずが少ない、花の形がすこし違う、Koさんにヒメキンミズヒキだろうと教わりました。
[PR]
by higirinikki | 2007-09-09 18:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)