タグ:ヤマコウバシ ( 14 ) タグの人気記事

■ 赤い実と黒い実   13.12.8   (カマツカ、ヤマコウバシ)

吐き気はおさまって「すりおろしリンゴ」で水分をとり、「お粥」をすすり、徐々に体力を取り戻すことに。自転車で買い物にも出たが、外の寒気は真冬のものだった。

園路の脇で隣り合っているカマツカとヤマコウバシ、夕日があたって輝いていた。


カマツカ   13.11.29   FUJIFILM X-S1 24-624 ISO400 1/340,F5.6
e0070891_194751.jpg
e0070891_19471715.jpg



ヤマコウバシ   11.26   〃 1/1600,F4.5
e0070891_19552443.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-12-08 19:56 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 冬芽・葉痕   13.1.29   (ガマズミ、コナラ、ヤマコウバシ)

きのうほどの風は吹いていない青空の冬の日。鳥を意識しすぎていて、このシーズンの定番「冬芽・葉痕」を忘れていた。新しい一眼のマクロ機能を使いこなさないといけない。練習をしてみた。


ガマズミ   13.1.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/2200,F8
e0070891_20353875.jpg

   〃   〃   1/1400,F4
e0070891_203657100.jpg
        同じ被写体で絞りを変えて撮ってみた。
        背景がわかるか、標本写真に徹するか、どちらがよいでしょうか?


コナラ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_20402240.jpg
        枝先にいっぱいに冬芽をつけているのが特徴。チョウセンカマキリの卵嚢がついている。
        むき出しに曝されているとシジュウカラがやってくるのに。


ヤマコウバシ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_20432599.jpg
        枯れ葉をいつまでもつけている中で、冬芽も「ここにいるぞ」と自己主張している。
[PR]
by higirinikki | 2013-01-29 20:44 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ いつまで枯れ葉をつけているの?   12.3.7   (クヌギ、ヤマコウバシ)

きのうの暖かさがまだすこし残っているが、すかっとは晴れてくれない。ざっと散策に出たがめぼしい収穫はなかった。

相変わらずの「冬枯れ」の谷戸で、いちだんと目立つのが、まだ枯れ葉をつけている木です。


クヌギ   12.3.7   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/100,F5.6
e0070891_18234119.jpg
        大木で枯れ葉をいっぱいつけたクヌギは目立つものですが、枯れ葉を近くから撮影するのは困難です。
        小谷戸の里の入り口の「三角山」にクヌギの幼樹が、いっぱしに枯れ葉をつけています。
        まるで茶色い薄紙をしわくちゃにしたみたいでおもしろかった。


ヤマコウバシ   3.6   〃   1/320,F8
e0070891_18275414.jpg
        毎年、見るのですが不思議な生態です。
        クヌギもそうですが、葉柄の基部に離層が出来ないため、冬になって葉が枯れても枝から落ちないのです。
        枯れ葉の色がクヌギとは違う感じで、遠くから見てもヤマコウバシと分かるのです。

e0070891_18282248.jpg
        接写してみると、枝先には大きな芽があります。
        「花芽」は単独ではなくて、「葉芽」と一緒なので大きくなっているのです。これを「混芽(こんが)」とよびます。
[PR]
by higirinikki | 2012-03-07 18:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 色づく木の実   11.10.18   (カマツカ、ヤマコウバシ、ヤブコウジ)

午後になって青空が広がり気温も上がってきた。週末にむかって天気が崩れそうだが、とにかく穏やかな秋の気候が続いてほしいものだ。

今年は、里山のどの木も沢山の実をつけている。タイワンリスの繁殖を助長してしまいそうだ。


カマツカ   11.10.13   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/60,F9
e0070891_2293514.jpg
        涼しくなって急に赤く色づいてきました。


ヤマコウバシ   〃   〃   1/350,F3.3
e0070891_22113121.jpg
        いつまでも枯れ葉をつけているヤマコウバシですが、この黒い実はいつまでついているのかな?


ヤブコウジ   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/15,F8
e0070891_22142116.jpg
        「万両」「千両」などと一緒に、冬の赤い実がおめでたい「十両」です。
[PR]
by higirinikki | 2011-10-18 22:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 未熟な実   11.5.30   (ニワトコ、ヤマコウバシ、カマツカ)

今日は半年ぶりに大学の仲間「6人の会」で新宿に集まり楽しんできました。

園内には木の実とは言いにくい小さな未熟な実を見ることができます。


ニワトコ   11.5.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_22503059.jpg
        ほかの木の実にさきがけて赤い実になって鳥に食べてもらう、という種子散布の戦略をとるニワトコです。
        いつ赤くなるのか、注視しているところです。


ヤマコウバシ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_225322100.jpg
        熟すと黒い実になります。
        まだ青い実の時期に見るのは初めてかな?


カマツカ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_22554539.jpg
        熟すと赤い実になります。
[PR]
by higirinikki | 2011-05-30 22:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 木々の芽吹き   11.4.14   (ウワミズザクラ、アワブキ、ヤマコウバシ)

きのう、今日と20℃を越える暖かな春。里山の木々もいっせいに芽吹きを早めています。
今日の散策で見つけた花木の芽吹きです。
はやくも花芽の姿を露わにしていました。


ウワミズザクラ   11.4.14   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_18423291.jpg
        「小川アメニティ」沿いに2本ある内の1本は、大きく枝を切り取られて今年は花を身近に見ることはできない。
        こちらは、もう1本の方。花数は少ないが花芽を数本伸ばしていました。


アワブキ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_18433720.jpg
        「前田の丘」で見つけた木です。冬芽・葉痕は独特な姿をしています。
        「アワブキ」の語感と、この芽吹きの姿が合っているように思えました。


ヤマコウバシ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_18444851.jpg
        ついこの間まで枯れ葉をびっしりつけていました。
        「枯れ葉が全部落ちたな」と思う間もなく、芽吹きが始まりました。
[PR]
by higirinikki | 2011-04-14 18:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ いろいろな実   10.12.27   (ジャノヒゲ、ヤマコウバシ、?)

空っ風が吹く季節、朝晩、我が家の2階からも富士山頂上が見えます。朝は真っ白な雪が、夕方はオレンジ色の空をバックに黒いシルエット姿を、見ることができます。(いつか、記事にしたいですが)

最近の散策で見つけた「いろいろな実」です。


ジャノヒゲ   10.12.17   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/80,F8
e0070891_21395537.jpg
        ヒゲを掻き分けて探し出しました。


ヤマコウバシ   12.22   〃   1/1000,F5.6
e0070891_21433522.jpg
        この葉の色は何というのでしょうか。
       黒い実はようやく探し出したものです。


コナラ?クヌギ?   〃   〃   1/800,F8
e0070891_21465877.jpg
        細長い実はコナラを、毛むくじゃらの殻斗はクヌギを思わせます。
        どちらでしょうね?
[PR]
by higirinikki | 2010-12-27 21:49 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 枯れ葉をつけた木 (2)   10.2.9   (ヤマコウバシ、マンサク、ソシンロウバイ)

いやー、今日は暑いくらいの気温でした。予報とおり3時すぎには曇ってきましたが。

おとといの散策の「枯れ葉をつけた木」のつづきです。


ヤマコウバシ   10.2.9   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/400,F9
e0070891_18553183.jpg
e0070891_1855515.jpg


マンサク   〃   〃   1/200,F8
e0070891_18573342.jpg
e0070891_192838.jpg


ソシンロウバイ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_18591587.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-02-09 19:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 黒い実のなる木   09.11.17   (ヤマコウバシ、イヌビワ、エノキ)

今日は一転、寒い雨降りの日に。完全休養日として写真の整理などで過ごしました。

きのう、おとといの散歩で見た黒い実です。


ヤマコウバシ   09.11.16   PENTAX K20D 28-200mm ISO200 1/100,F8
e0070891_18235691.jpg
        きのうのカマツカの木の隣りで、分厚い葉を黄色くさせている木。
        今年の花を見損なったヤマコウバシが、黒い実をつけていました。
        雌雄異株ということを忘れていましたが、この木は雌株だったのです。


イヌビワ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_18275273.jpg
        こちらも春に花を撮りそこなっていた木、実が黒く熟していました。イヌビワも雌雄異株ですから、実が見えない木もあります。
        イヌ=イナ(否)だそうですが、どう見てもビワには見えませんね。


エノキ   11.15   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/75,F13
e0070891_18322468.jpg
        「おおなばの丘」の上のエノキの木の葉が、青空の下で黄色い葉を輝かせていました。
        小さな実が黒くなってきました。
[PR]
by higirinikki | 2009-11-17 18:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 秋の実 (2)   09.10.10   (カマツカ、ヤマコウバシ、コマユミ)

10月10日は元の「体育の日」。もともとは「東京オリンピック開会日」。さらに元を訊ねると「晴れ」の特異日。
45年前のあの日は天が抜けたような青空でした。

今日も天気予報はかんばしいものではありませんでしたが、日中は青空が出て暖かな日になりました。
その陽射しの中、白洲次郎・正子夫妻の住居「武相荘(ぶあいそう)」から「野津田公園」「薬師池公園」を巡るハイキングを楽しんできました。

きのうの散策で見た、一番田んぼ付近の秋の実です。


カマツカ   09.10.9   PENTAX K20D 100mm/macro ISO800 1/500,F8
e0070891_20263650.jpg
        園路から田んぼに降りていく階段の脇、今年の実つきは好いようです。


ヤマコウバシ   10.8   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO100 1/350,F3.3
e0070891_20301131.jpg
        その隣りで黒い実をつけています。


コマユミ   10.9   PENTAX K20D 100mm/macro ISO800 1/60,F8
e0070891_20325577.jpg
        ここから堆肥場に入る道の脇で小さな赤い実が見えます。ニシキギのようですが、翼がないのがコマユミです。
[PR]
by higirinikki | 2009-10-10 20:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)