タグ:ヤマサナエ ( 4 ) タグの人気記事

■ お食事中   12.6.16   (ヤマサナエ、オオイシアブ、キアシナガバチ)

きのう、申請中だった「建物表題登記」が完了した旨の連絡が法務局からあり、司法書士に頼らずに自力で登記を済ませることができました。「法学部出なのに、こんなことができないのか」と一部の人から言われたりしていましたが、やっと面目を保つことができました。次は「保存登記」に「挑戦」するつもりです。

ここ3日間連続して散策に出ていました。虫の「お食事」シーンに出会っています。
ちょっとグロな場面もあるので、嫌いな方は目を瞑ってくださいね。


ヤマサナエ   12.6.13   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/80,F8
e0070891_21454831.jpg
        前回もそうでしたが、食事に夢中でレンズが目の前に突き出されても、飛び立ちません。
        獲物は甲虫の一種のようですが、何かはわかりません。


オオイシアブ   6.14   〃   1/250,F8
e0070891_21494873.jpg
        髭を蓄えた「ちょい悪おやじ」風に見える「オオイシアブ」。 獲物は大物のようです。
        こちらも甲虫の一種、コメツキムシかな?


キアシナガバチ   6.15   〃   1/60,F8
e0070891_21524912.jpg
        スズメバチの仲間は芋虫を獲物にすると、その場で肉団子にして巣に持ち運ぶようです。
        完成して飛び立つところを撮影しようと粘っていたのですが、
        近くを大勢の散策者が通るのに気をとられている間に飛び立たれてしまいました。残念!
[PR]
by higirinikki | 2012-06-16 21:55 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ヤマサナエのお食事   12.5.19

今日は安定した晴れ、陽射しは強いがけっこう涼しい風が吹いていた。昼ごろの散策。
「虫がいないな~」とぼやく日が続いている。

瓜久保で、葉の上にとまったヤマサナエに接近。


ヤマサナエ   12.5.19   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_22452013.jpg
        目の前に虫がいるのだが、気づいているのかいないのか。
        30秒後、その虫が飛び上がった途端に、さっと飛んで捕まえた。 
        (この虫は、触角が櫛の歯状の「ヒゲナガハナノミ」の♂でした)

e0070891_2248657.jpg
        向こう向きなので、口先が見えない。

e0070891_22485746.jpg
        飛ばれないように、そっと前に回り込む。
        むしゃむしゃ、とお食事中だった。

e0070891_2250676.jpg
        真正面50cm足らずの距離なのに、お食事に夢中でした。
[PR]
by higirinikki | 2012-05-19 22:52 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 春のトンボ   09.5.3   (ヤマサナエ、シオヤトンボ、シオカラトンボ)

きのうの疲れが出て、きょうは「お疲れ休み」としました。
28、29日の散策で出会ったトンボたちです。  またも「虫」ですみません。


ヤマサナエ   09.4.28   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_18515626.jpg


シオヤトンボ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_18533745.jpg


シオカラトンボ   4.29   〃   1/640,F10
e0070891_18545729.jpg


アジアイトトンボ      〃(trimming) 1/250,F10
e0070891_18571942.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-05-03 18:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

ヤマサナエ、シオカラトンボ、シオヤトンボ  07.5.30

今日は一日中、冷たい雨が降ったり止んだりで、散策に出られず。
26日の在庫写真から、トンボ 「ヤマサナエ」 を選びました。
田植えが終るまでは、この三種のトンボだけしか見られないのでしょうか。


ヤマサナエ ♂   07.5.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/90,F8
e0070891_198070.jpg
        「舞岡・小川アメニティ」と名づけられた遊歩道が舞岡谷戸に入って続く舞岡川源流沿いの道を、
        縄張りにしているらしいヤマサナエが、休憩中とみえてじっくりと撮影させてくれました。
        「里山の水辺」を生息場所とし、飛ぶ時は早いがよくとまる、と図鑑の説明。その通りでした。。
e0070891_19262277.jpg
        ビックリしないでください。目玉に接近してみました。



シオカラトンボ  ♂   5.8   1/350,F8
e0070891_19162921.jpg
        長久保で撮影しました。
        「ムギワラトンボ」と呼ばれる色合いのトンボは、成長途上の♂か成長しきった♀のどちらかです。
        この個体は、ムギワラ色からシオカラ色にかわりつつある♂です。



シオヤトンボ ♂   5.8   1/500,F8
e0070891_19231325.jpg
        小谷戸の里で撮影しました。
        胸(背中?)の紋様がシオカラトンボと違うので識別できます。
        麦藁色をするのはシオカラトンボと同じです。
[PR]
by higirinikki | 2007-05-30 19:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)