タグ:ヤマシギ ( 12 ) タグの人気記事

■ ヤマシギ   15.2.11

『建国記念の日」はいつまで経っても心に馴染まない。のは「非国民」、と言われるような国にはさせないぞ。

きのう、今日の散策の貧果は目を覆うばかりだった。ので、6日の画像からヤマシギの姿です。
ノートリでも、そこそこ見えるまでの距離に近づいていました。


ヤマシギ   15.2.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/140,F8
e0070891_20584640.jpg
        いかにも人工的に置いたとわかる、丸太が2本ずつ並んだ間を餌捜しをしながら、こちらに向かって進んできた。


〃 羽伸ばし
e0070891_21565388.jpg
        なにやら、もぞもぞ動いていますが、何をしているのでしょう。
        大伸ばしをしてみると、
e0070891_21581481.jpg
        この動きは羽ばたきに続くはずですが。
        残念ながら、羽ばたくには狭すぎたのでしょう、これで終わりでした。


丸太を跨ぐ
e0070891_220583.jpg
e0070891_2201546.jpg
        いったん丸太を跨いで外に出た。周囲を動き回って、また跨いで丸太の間に戻った。
        跨ぐシーンを待っていた隣りのカメラマンは、待ちくたびれて目を放してしまっていた。
[PR]
by higirinikki | 2015-02-11 22:02 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 採餌する鳥 3種   15.1.29   (ヒヨドリ、シジュウカラ、ヤマシギ)

寒気が残って冷え込みが厳しいが、風は弱いので体感温度はそれほどでもない。
寒気のせいか鳥の姿が見えない。それでも出会った鳥たちです。


ヒヨドリ   15.1.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/75,F8
e0070891_20554056.jpg
        シロハラを追いかけているうちに、いつの間にかヒヨドリを追っていた。
        アオキの葉陰から出した顔にびっくり、アオキの実をくわえていた。


シジュウカラ   〃   〃   ISO200 1/70,F8
e0070891_20584219.jpg
        すぐ近くから「ジュルジュル」という鳴き声が聞こえた。
        目の前の常緑樹の枝先をつついているのはシジュウカラだった。


ヤマシギ   〃   〃   ISO200 1/125,F8
e0070891_2101357.jpg
        遠くの木の隙間から餌を探すヤマシギが見えた。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-29 21:01 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ ヤマシギ   14.12.24

穏やかな冬の日が続いている。4日連続の散策。

「犬も歩けば棒に当たる」 の譬えにならう私の被写体探し。華麗なる 「ヤマシギショー」 に当たった。
居合わせた6人のカメラマンにとって、とびきりのクリスマスプレゼントだった。


ヤマシギ   14.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)trimming ISO800 1/420,F5.6
e0070891_17391033.jpg
        いつもとは違うフィールドです。見下ろす位置、強い光線が当たってコントラストが強い。
        すこしづつ、こちらに接近。手前に細い流れがあるので、皆で 「水浴びしに来てくれるといいな」 と願う。
        願いが通じた。流れに入って水浴び、丁寧な翅つくろい、最後の仕上げが翼を強くはばたかせて、
        水滴を飛ばす、ようだ。 そのショーを3回、それも 「向こう向き」 「横向き」 「こちら向き」 と、繰り返してくれた。


e0070891_17452417.jpg
e0070891_17453580.jpg
e0070891_17454757.jpg



幸運なカメラマン
e0070891_1815959.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-12-24 17:46 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥2種   14.1.19   (ヤマシギ、アオジ)

冷たい風が吹き付けて寒い一日でした。
午前中、上大岡のヨドバシカメラで「一脚」を買い求めた。

「なんでも被写体」を撮るには重い三脚を持ち歩くのが負担なので、一脚に頼ることにしました。
その効果を確かめる機会が午後の散策であった。


ヤマシギ   14.1.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(trimming) ISO800 1/125,F8
e0070891_221185.jpg
        先日の写真と同じ位の距離にいたヤマシギです。
        一脚の効果だろうか、手ブレは目立たない(かな?)


アオジ   〃   〃   1/70,F8
e0070891_22135130.jpg
        地面では足元まで近づいても逃げなくなったアオジ。
        絵的には枝にとまった姿を撮りたい。しかし、一脚を構える余裕がないので、手持ち撮影です。
        ISO感度不足だったのか、スローシャッタになって手ブレが出てしまった。 リベンジしなくては。
[PR]
by higirinikki | 2014-01-19 22:16 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ヤマシギ、タシギ登場   14.1.8

ようやく風邪は痰がからむだけにおさまってきた。
夕方近くから雨が降り始め、ようやく湿った空気になってきた。今までの乾燥した空気が喉を痛めつけていたのかも。

きのうの短時間散策では、今シーズン初めてヤマシギ、タシギに出会った。いつもの場所にはカメラマンいっぱい、もう情報管制はきかない状態のようです。


ヤマシギ   14.1.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/180,F5.6
e0070891_17544781.jpg
        最初に見つけたのは奥の方。右方向へ移動中のようでした。

        でも周りの会話では、もう1羽も移動中の様子でした。


e0070891_1755483.jpg
        笑ってしまいそうな舞台ですね。
        「ニワシドリ」(だったかな?)が作りそうな藁の小屋の中にもいるようでした。

e0070891_17582671.jpg
        トリミング画像ですが、よくわかりませんね。次はもっと綺麗に撮りたいものです。


タシギ   〃   〃   1/220,F5.6
e0070891_1834315.jpg
e0070891_184579.jpg
        ヤマシギとは反対側の芦原、目の真下に近づいてきています。
        今まで芦の繁みの中を飛ぶところを目撃はされていたようです。
[PR]
by higirinikki | 2014-01-08 18:06 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 冬鳥去る?   13.3.18   (ヤマシギ、ツグミ)

予報通り低気圧に向かって強風が吹きつのる一日、外へ出ると砂粒が目に飛び込んでくる。したがって「休養日」に。

15日の散策では、鳥撮りカメラマンがほとんどいないことに気づく。あれほど人馴れしたジョウビタキなどの冬鳥の姿が見えない。
やっと見つけた冬鳥だが、もうすぐ見えなくなるのだろう。


ヤマシギ   13.3.15   FUJIFILM X-S1 24-624mm(trimming) ISO800 1/340,F8
e0070891_2055741.jpg


ツグミ   〃   〃    1/280,F8
e0070891_2072132.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-03-18 20:08 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ヤマシギ   13.2.27

元勤務していた会社のOBで戸塚駅を利用していた仲間「戸塚会」の集まりに行ってきました。7人中6人が集まった。
同期の仲間「13人会」もそろそろ集まる頃だが、みな元気なものだ。

おとといの散策では、人馴れがすすんで近くまで寄ってきたヤマシギです。
もともと昼間、空が抜けたこんな所に出てくるはずがないのだが。それでも、木の影が落ちた暗めの所に沿って嘴を突っ込んでいたのには笑ってしまった。


ヤマシギ   13.2.25   FUJIFILMX-S1 24-624mm ISO800 1/80,F8
e0070891_20452377.jpg
e0070891_20454712.jpg


   〃   〃(trimming) 1/170,F8
e0070891_20471721.jpg
        ミミズかなにか餌を捕まえたようです。
e0070891_20473899.jpg


e0070891_20525860.jpg
        「頭隠して尻隠さず」か?顔には陽の光は当たっていないからね。
[PR]
by higirinikki | 2013-02-27 20:50 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 鳥撮り習作 (16) ヤマシギ   12.12.24

冬型の気圧配置、冷たい風が吹くが陽ざしもある。

園路を歩いていくと、大砲レンズの砲列がずらっと並んでいた。その先には、今季何度目かのお出ましの鳥。
e0070891_20544891.jpg


ヤマシギ   12.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/400,F8
e0070891_20564341.jpg
e0070891_20573185.jpg
        私のカメラでも、まずまず見える。その内に、もっと人馴れして近づいてくるのだろう。


        実は「二羽いる」のだという。位置を換えて見たのがこちら。もしかすると、上と同じ個体かもしれない、が。
e0070891_20593888.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-12-24 21:01 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ きざはしの谷戸にて   12.2.5

今日の散策では、タシギをすぐ近くで撮影できました。
が、在庫画像の中にもこのままでは死んでしまいそうな「まずまず」のものがあるので、引き上げて紹介することにします。


ヤマシギとタシギ   12.2.2   FinePix F200EXR 6.4-32mm(trimming) ISO400 1/350,F5.1
e0070891_18465437.jpg
        今シーズン初めて「目撃」したヤマシギ、の証拠にもならない写真です。
        なぜ、こんな写真か?というと、右にヤマシギ、左にタシギ、の揃い踏み写真だからです。


アオゲラ   〃   PENTAX K20D 28-200mm (trimming) ISO400 1/200,F8
e0070891_18514963.jpg
        その後、デジイチに持ち替えてでかけたら、アオゲラがでていた。
        これも証拠にもならない写真ですが、「丹頂」が見えないこともない、ので。
[PR]
by higirinikki | 2012-02-05 18:53 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 再会の鳥たち   11.2.27   (ヤマガラ、ルリビタキ、ヤマシギ)

今日は冷たい強い風が吹いていました。早朝歩きで花粉が目に入ったようで、すこし痒くなったので、また「休養日」としました。

きのうの散策で出会った鳥たちです。すこし遠めにいたので、全部「トリミング写真」です。


ヤマガラ   11.2.26   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/200,F5.6
e0070891_1858505.jpg
        なにかの堅果を見つけたようで、嘴でつついていました。


ルリビタキ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_1911698.jpg
        ひさしぶりに再会しました。ちょっと近づいたら飛んでいってしまいました。


ヤマシギ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1932723.jpg
        以前よりやや近めで採餌行動。倒木を乗り越えて向こうに行ってしまいました。


クイナ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_195399.jpg
        別の鳥の出現を待つ大勢のカメラマンが待つ所に現れました。
[PR]
by higirinikki | 2011-02-27 19:07 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)