タグ:ヨモギ ( 5 ) タグの人気記事

■ ヨモギの虫こぶ   14.6.30

すかっとは晴れないが雨でもない一日。なんとなく元気が出ない休養日に。

さきおとといの散策で、瓜久保で繁茂しているヨモギを見ると虫こぶがあることに気づいた。
「虫こぶハンドブック」を見ると、ヨモギには9種類もの虫こぶが形成されるようだ。この内の3種類を撮影してきた。


ヨモギクキコブフシ   14.6.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/140,F8
e0070891_18165162.jpg
        (形成者) ヨモギクキコブタマバエ
        (形状) 茎の側面に生じる球形~卵形の虫えいで直径10mm前後。
             内部は柔らかく、やや硬い壁にかこまれた虫室が数個あり、各1幼虫を含む。
             成熟した虫えいは烈開し、虫室が出現。

   〃  〃   1/140,F8
e0070891_215918.jpg
        こんなに沢山の虫こぶにとりつかれたヨモギ、たいへんですね。


ヨモギクキナガズイフシ   〃  〃   1/75,F8
e0070891_18185659.jpg
        (形成者) コクロヒメハナノミ
        (形状) 茎に形成される虫えいだが、ふくれはさほどめだたない。
             形は紡錘形で肥大部の直径は10mm前後。
             虫えいの壁は木質で厚く、硬い。幼虫は髄部を食す。
             ヒメハナノミ幼虫は、腹部末端節円錐形で、先端突起は円筒形。


ヨモギハエボシフシ   6.29  〃   1/1100,F6.4
e0070891_18205479.jpg
        (形成者) ヨモギエボシタマバエ
        (形状) おもに葉表につくられる円錐状~烏帽子状の虫えいで、直径3mm、高さ6mm内外。
             表面には白色の微毛がある。1虫室、1幼虫。


        「虫こぶハンドブック」著者の薄葉重(うすばしげし)さんは、私が卒業した高校の生物科の先生を永く務めた。
        昨年、母校生物部OB会の「自然観察会」に参加した時も講師をつとめて下さった。
        この時は先生が「虫こぶ」に詳しいことを知らずに、失礼してしまいました。
[PR]
by higirinikki | 2014-06-30 18:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 野の草花   12.9.3   (ベニバナボロギク、ブタクサ、ヨモギ)

気温がそれほど高くなく、涼しい風も吹いていて、日中のエアコンはつけずに過ごせた。

28日の散策で見つけた野の草花です。


ベニバナボロギク   12.8.28   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F8
e0070891_18243477.jpg
        名前は可哀そうだが、よく見ると煉瓦色の花は可愛い。
        「ボロ」という名の由来は、この綿毛の絡み具合からだろうか。


ブタクサ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_1827228.jpg
        午後2時の炎天下、青空に向かって大きく伸びているブタクサです。
        「花粉症の元凶」と言われていて、私の花粉症のアレルゲンでもあった。
        「あった」というのは、歳を重ねるうちに症状が年々軽くなってきて、今年は大丈夫かな思われるからです。


ヨモギ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_18292918.jpg
        草刈を受ける直前、蕾をいっぱいつけていました。
        春先の葉は「ヨモギ餅」するとおいしいのだが、道路際のヨモギは散歩の犬のおしっこがかかっている恐れがあって、
        誰も手を出さない。
        ヨモギも花粉症を引き起こす、という。
[PR]
by higirinikki | 2012-09-03 18:32 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 秋の花 (3)   10.9.24   (ヒメキンミズヒキ、ヤマハッカ、ヨモギ)

今日の未明には強い雨が降り、昼間は雨は上がっていたものの肌寒さは「秋冷」と呼べるほどの一日でした。

20日の散策で見た花たちです。


ヒメキンミズヒキ   10.9.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/20,F8
e0070891_1884945.jpg
e0070891_1891127.jpg
        花の小ささ、オシベが5本?、下の方に見える小葉が3枚?、などからキンミズヒキではなく、ヒメキンミズヒキとみました。
        園路際の一度草刈りされた所に生えているので、成長の遅れたキンミズヒキという解釈もないわけではないのですが。


ヤマハッカ   〃   〃   1/50,F8
e0070891_18135166.jpg
        小さな花が風に揺れているので撮影困難(泣き言です)。


ヨモギ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_1816196.jpg
        まだ咲き始めの枝です。
        もうすこし黄色いシベが目立つ画像を撮るには早すぎたようです。
[PR]
by higirinikki | 2010-09-24 18:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 小さな花   09.9.16   (ヨモギ、ヒカゲノイノコヅチ、オオブタクサ)

秋晴れの爽やかな風の吹く日、「鳩山新政権」が発足しました。手堅い布陣で堅実に、しかし力強く動き出してもらいたいものです。

今日の散策で見た「小さな小さな花の集まり」です。


ヨモギ   09.9.16   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F8
e0070891_20301135.jpg
e0070891_2030259.jpg
        今を盛りと咲いているヨモギの花を大写ししてみました。 紫色と黄色の取り合わせが意外に綺麗ですね。


ヒカゲノイノコヅチ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_2033521.jpg
e0070891_20412572.jpg
        小さな小さな花ですが、意外にも蜜がたっぷり出るのでしょうか?
        いろいろの虫たちがやってきては吸蜜にいそしんでいます。


オオブタクサ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_20414596.jpg
e0070891_2042998.jpg
        「花粉症」の元凶です。こんなに近くに接近してもクシャミがでませんでした。
        この花は、私「花粉症」のアレルゲンではなかったようです。
[PR]
by higirinikki | 2009-09-16 20:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(3)

■ 秋の草花   07.9.21

今日も真夏日が続いています。でも、植物の世界には着実に秋が進んでいます。


ヒガンバナ   07.9.19   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/90,F8
e0070891_21113346.jpg
        彼岸花とはよくいったもの、と毎年この季節になると感心してしまいます。
        里山では、田の畦や土手、人家の周辺、墓地などに生え、群生することが多いですね。
        というのも、江戸尾時代などに飢饉の時などの救慌植物として植えられた名残りなのかもしれません。
        「死人花(しびとばな)」などと呼んで、手にかけないようにしたのもそのためと思われます。
        有毒植物ですが、鱗茎をすりつぶして、水でよくさらせば食用になるからです。


ヨモギ   〃   〃    1/20,F8
e0070891_21334655.jpg
        春の若葉を草餅の材料とするので、モチグサとも呼ばれて親しまれていますね。
        また、お灸に使うモグサは葉の裏面に密生した綿毛を集めたもの、だそうです。
        ヨモギは園路際でどこでも見られる草ですが、花をしげしげと見た人は少ないのでは?
e0070891_21392972.jpg



クコ   9.20   〃    1/20,F8
e0070891_2127986.jpg
        小谷戸の里、三角山の一角で毎年、薄紫色の花が咲きます。
        日当たりのよい薮や川の土手などに生える落葉低木。
        果実はクコ酒、葉はクコ茶などに利用できるので、栽培されることも多いです。
        やがて果実は赤く熟すのですが、いつの間にか来園者が摘んでしまうようです。


案山子が勢揃いしました

e0070891_22393761.jpge0070891_22395480.jpge0070891_22401514.jpg

        イネの穂が垂れるにつれて、スズメの攻撃が激しくなります。
        不粋なネットを掛けて防御していますが、伝統的にカカシの力も借りることになっています。
        それぞれの田んぼを世話するグループが、毎年そのアイデアを競って製作したカカシが田んぼの畦に立てられます。
        その数35体になります。
        来園者の人気投票もあって、表彰式は「収穫祭」の行なわれる11月23日に古民家の庭で執り行われます。
        35体のカカシの姿は私の ホームページ でご覧いただけます。
[PR]
by higirinikki | 2007-09-21 21:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(13)