タグ:リンドウ ( 6 ) タグの人気記事

■ 冬の花 3種   14.11.12   (シロダモ、ホトケノザ、リンドウ)

すこし天気が戻って暖かな陽射しも。孫娘と一緒に図書館で「育じい、育ばばの読み聞かせ講座」に行った。
その後、公園でアンパンマンパンチを浴びる遊びにつきあわせられて疲れる。

最近の散策で出会った冬の花です。


シロダモ   14.11.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/45,F8
e0070891_17413869.jpg
        赤い実がついていたか忘れたので、この花が雄花か雌花かはわかりません。
        でも、雄蕊や雌蕊がいっぱい賑やかなので、雄花だと思います。

ホトケノザ   〃   〃   1/950,F5.6
e0070891_17433485.jpg
        夏のあいだも咲いていたのかもしれませが、この頃、目につきます。


リンドウ   11.9   〃   1/250,F6.4
e0070891_1746577.jpg
        長久保の里で栽培されているようです。
[PR]
by higirinikki | 2014-11-12 17:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 古民家裏の草花   10.11.9   (リンドウ、キチジョウソウ、フユノハナワラビ)

風の強い一日でした。

古民家まわりには、いろいろの山野草が自生・植栽されています。その内から3種。


リンドウ   10.11.7   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F8
e0070891_1824176.jpg
        「今年は姿が見えないな」と思っていたら、いつの間にか尖った蕾が色づいていました。


キチジョウソウ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_18271867.jpg
        木橋の足元に尖った葉の群れ、その中から薄紫色の花が穂を伸ばしていました。


フユノハナワラビ   11.5   〃   1/60,F8
e0070891_18303846.jpg
        葉先のギザギザ(鋸葉)が丸みを帯びているのでオオハナワラビではなく、
       フユノハナワラビでしょう。逆光でよく見えませんか?
[PR]
by higirinikki | 2010-11-09 18:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 秋の草花 (6)   09.10.29   (ヤツデ、リンドウ、ヤマラッキョウ)

秋もすすむにつれて咲く花が少なくなってきています。
今、谷戸で見られる花です。


ヤツデ   09.10.27   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/800,F8
e0070891_18264530.jpg
        花の少ない時期に、蜜をいっぱい出すヤツデの花は昆虫たちに大人気です。
        しかも、花にはおもしろい仕組みも。  ぜひ、こちら ヤツデの花の戦略  07.1.13 もご覧ください。


リンドウ   10.29   〃   1/13,F11
e0070891_18301451.jpg
        上品な薄紫色の花が薄曇り空の下で開花していました。


ヤマラッキョウ   〃   〃   1/60,F7.1
e0070891_1832366.jpg
        もっと近づくことができない場所で満開近くになってきました。
[PR]
by higirinikki | 2009-10-29 18:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ いま咲く花   08.11.11   (リンドウ、ヒイラギ、シロダモ)

寒い!1ヶ月先の気温だとか。
花の少ない、いまどきに咲いている花たちです。


リンドウ   08.11.6   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_1837848.jpg
       先日、蕾を紹介した花が咲いていました。
        ところが、翌日には頭を摘まれたとのことで、きのうは茎だけが残っていました。
        何度も、こんなことがあるのは悲しいことです。


ヒイラギ   11.7   〃    1/45,F5.6
e0070891_1830157.jpg
        三角山の向いの垣のヒイラギ。傍を通った時、甘い芳香でむせかえりました。
        ヒイラギは雌雄異株とか。この花はオシベがよく目立つ雄花です。


シロダモ   11.10   〃    ISO400 1/30,F8
e0070891_18334449.jpg
        「おおなばの丘」の際にある株です。
        シロダモも雌雄異株。この花も雄花です。びっしりと花がついていますね。
        雌花も撮ってこなくては。
[PR]
by higirinikki | 2008-11-11 18:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

■ 秋の花 (7)   08.11.4   (ヤマラッキョウ、リンドウ、シロヨメナ)

1日のハイキングの後も外を歩き回る日が続いて疲れが出たので、今日は休養日。
2日の散策でようやく見つけた花たちです。


ヤマラッキョウ   08.11.2   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_1894166.jpg
        谷戸田の山側の藪の中でヤマラッキョウの蕾が綻ぶ寸前でした。


リンドウ   〃   〃   1/90,F5.6
e0070891_18144646.jpg
        こちらも綻ぶ寸前のリンドウの蕾、古民家裏庭で毎年咲く花です。


シロヨメナ   〃   〃   1/20,F8
e0070891_18173242.jpg
        狐久保に入る道奥の斜面で白いキクの花が。ヨメナより小ぶりの花です。
        花の付近の葉に比べて、根元付近の虫食いの葉っぱの大きいこと。
[PR]
by higirinikki | 2008-11-04 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

 05.11.25  リンドウ(竜胆)

e0070891_1893876.jpg
 撮影データ 05.11.24 PENTAXistDs 100mm/macro 1/4,F5.6

 舞岡公園にも最近は花らしい花がないなと思っていたが、どっこい気がつかなかっただけでした。久し振りに入り込んだ古民家の水屋の裏手の細い流れの際で、小春日和の陽射しを浴びていくつもの花が咲いていました。
 根茎と根を乾燥したものを漢方では竜胆(りゅうたん)と呼び、苦味健胃薬として利用される、と図鑑にありました。
 リンドウといえば島倉千代子の名を思いつくのは、お年が知れますね。
[PR]
by higirinikki | 2005-11-25 18:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(3)