タグ:ルリシジミ ( 7 ) タグの人気記事

■ 春の蝶 (3)   15.3.29   (ルリシジミ、ツバメシジミ、ベニシジミ)

予報通りに朝方は晴れて花見客が大勢繰り出していたが、ごごは曇りから小雨に。3~5分咲きの桜が雨に濡れていた。

ツマキチョウ捜しの3日目、遠くに静止している閉翅♂の証拠写真しか撮れず。そのかわり、交尾中のベニシジミのペアを見つけた。すでに撮影済みの春のシジミチョウとの3種です。


ルリシジミ ♂   15.3.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO100 1/220,F8
e0070891_16542155.jpg
e0070891_1654356.jpg
        アセビのまわりを2~3頭のルリシジミが忙しく飛びまわっていた。
        淡い水色のシジミチョウは、いかにも春の蝶だ。


ツバメシジミ ♂   3.28   〃   ISO400 1/1400,F5.6
e0070891_16585080.jpg
e0070891_1659230.jpg
        これもルリかなと思ったら尾状突起がある。小さな生まれたて?のチョウだ。
        ツバメシジミとしては早い出現かな?


ベニシジミ ペア   3.29   〃   ISO200 1/500,F8
e0070891_1721347.jpg

e0070891_1722283.jpg
e0070891_1722927.jpg
        ツマキチョウ狙いの先着カメラマンから譲ってもらったシーンです。
        「春型」の綺麗な姿。左が♀、右が♂です。
[PR]
by higirinikki | 2015-03-29 17:04 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春のチョウ   12.4.3   (モンシロチョウ、ルリシジミ、キタテハ)

「爆弾低気圧(厳密には”急速に発達する低気圧”)」が西から来襲して、日本全国に嵐を巻き起こして通過していった。
12時過ぎから新居の現場で打ち合わせ、気づいたら突風が吹き雨も落ちてきた。慌てて帰宅してからは「外出を控え」ていました。

きのうの散策で、モンシロチョウ撮影のリベンジ成功、春先に現れるルリシジミもゲット、キタテハはもう1ヶ月近く見かけている。


モンシロチョウ 春型の♂   12.4.2   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/1000,F8
e0070891_2136258.jpg


ルリシジミ   〃   〃   1/320,F8
e0070891_21383857.jpg


キタテハ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_2137864.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-04-03 21:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ この日のチョウは?   11.6.5   (アカボシゴマダラ、ヒメクロホウジャク、ルリシジミ)

きのう4日、おでかけ前の小1時間。もしやゼフに出会えるかと、ポイントを探ったが見つからず。
同じポイントで見つけたチョウの仲間です。


アカボシゴマダラ   11.6.4   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_2252549.jpg
        白い「春型♀」が高い所をフワフワと飛んでいるのだがとまってくれない。
        早くも「夏型」が姿を見せたかと一人で色めきたったが、赤斑が薄目なので「春型♂」のようです。


ヒメクロホウジャク   〃   〃   1/400,F8
e0070891_22554081.jpg
        イボタノキの花にやってきたのは「ヒメクロホウジャク」でした。


ルリシジミ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_22573578.jpg
e0070891_22575119.jpg
        やっと「ウラゴマダラシジミ」に出会えた、とおもったら「ルリシジミ」でした。
        こんなに綺麗な個体を撮影できたのだから「ヨシ」としましょう。
[PR]
by higirinikki | 2011-06-05 23:00 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春のチョウ   11.4.13   (ツマキチョウ、ナミアゲハ、ルリシジミ)

本格的な春の陽気に誘われて飛び出した、春の蝶を追いかけまわしました。


ツマキチョウ   11.4.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_18344671.jpg
e0070891_1835338.jpg
        飛んでいるチョウの種類を見分ける「動体視力」は、シーズン初めは力不足なのだが、
        瓜久保の奥の草原を飛ぶ白いチョウ、「あ、ツマキチョウだ」とすぐにわかりました。
        それから追跡を始めて、歩き・走ること5分、やっと止まってくれたハコベの花。
        止まった数秒だけ開翅してくれました。


ナミアゲハ   〃   〃    1/400,F8
e0070891_18402316.jpg
        こちらも営農家の麦畑の上を飛ぶナミアゲハを追うこと約100m、
        やっと止まってくれたのは畑の垣の杉の葉の上。
        贅沢を言わず、まず今シーズン初見の綺麗なアゲハの姿をゲットできました。


ルリシジミ   〃   〃    1/400,F8
e0070891_18435742.jpg
        今シーズンに入って3回目くらいの追跡だったルリシジミ、
        なかなか良い所には止まってくれないものです。
[PR]
by higirinikki | 2011-04-13 18:46 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 春の蝶 (2) ルリシジミ 春型   10.3.19

一気に春到来とはならないものですね。冷たい風が吹く里山では昆虫の姿も少ないです。

そんな中でも、蛹で越冬して羽化したばかりの綺麗なルリシジミの姿が目につきます。


ルリシジミ 春型 ♂   10.3.19   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_181885.jpg
e0070891_18133325.jpg


ルリシジミ 春型 ♀   3.18   〃   1/500,F8
e0070891_18153732.jpg
e0070891_18155311.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-03-19 18:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ ベニシジミ初見   08.3.25  (ベニシジミ、ルリシジミ、ツマグロオオヨコバイ)

ご無沙汰が続いて素材切れになりそうです。
明るい春の日差しが懐かしい25日に出会った虫たちです。


ベニシジミ   08.3.25   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/250,F8
e0070891_18375944.jpg
        幼虫での越冬をおえて羽化したばかりでしょうか。
        春型特有の前翅の赤橙色が鮮やかです。


ルリシジミ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1841628.jpg
        既登場ですが「星の瞳」で吸蜜する姿を綺麗に撮れましたので再出演です。


ツマグロオオヨコバイ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_18455411.jpg
        「虫の目」復活途上とあって真横からの撮影を忘れていました。
        全身にピントが合っていません。
[PR]
by higirinikki | 2008-03-31 18:46 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ ルリシジミ初見   08.3.18   (ルリシジミ、キタテハ、イタドリハムシ、ヒキガエル)

春は着実にやってきていることは、虫の世界の観察でもわかります。
蛹で越冬するルリシジミが羽化を始めたようです。
ナナホシテントウと間違いやすいイタドリハムシも姿を見せ、キタテハのペアリングも始まりました。
おまけは、ヒキガエルによる「蛙合戦」です。


ルリシジミ   08.3.17   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_18371227.jpg
        「もみじ広場」への園路の上を飛ぶルリシジミを見つけました。
        なかなかカメラの届く範囲にとまってくれませんでしたが、ヒイラギナンテンの葉にとまったところを撮影できました。
        蛹で越冬した個体が最近の暖かさで羽化したものでしょう。
        開翅してくれるのを待ちましたが、暫くして飛び立ってしまいました。


キタテハ   3.16   〃   ISO400 1/500,F8
e0070891_18432754.jpg
        ミツマタの花を撮影していると、上空を飛んでいたキタテハのペアが花にとまりました。
        しばらく飛び立たずにいたので、いろいろの角度から撮影させてくれました。


イタドリハムシ   3.15   〃   ISO200 1/180,F8
e0070891_1847515.jpg
        この葉はイタドリでしょうか、葉陰を橙色と黒色の紋様をした虫が見えました。
        春早く、よく似たナナホシテントウと同じ時期に姿を見せます。


ヒキガエル   〃   〃   ISO200 1/350,F8
e0070891_1850324.jpg
        古民家裏の池からカエルの声が聞こえてきます。
        「蛙合戦(かわずかっせん)」と呼ばれる、ヒキガエルの集団結婚の場面です。
        少ない雌をめぐって大勢の雄が争っているように見えます。
        首尾よく雌を捕まえた雄が「邪魔だ」とばかりに脚を伸ばしていました。
[PR]
by higirinikki | 2008-03-18 18:54 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)