タグ:ルリタテハ ( 10 ) タグの人気記事

■ 春の蝶 (2)   15.3.24   (テングチョウ、ルリタテハ、キタテハ)

夕方、神田で集まりがあるので、同じ交通費をつかうのならと、まだ行ったことのなかった「水元公園」に行ってみた。期待通りの公園を歩き、余勢をかって柴又帝釈天から江戸川土手も歩いてきた。気温が下がって北風も吹く1日だったが、気持ち良く歩き、夜の会合も楽しく過ごしたいい日だった。

きのうの「春の蝶」のつづきです。


テングチョウ   15.3.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/80,F8
e0070891_2254384.jpg


ルリタテハ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_22562510.jpg


キタテハ   〃   〃   1/850,F5.6
e0070891_22573190.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-03-24 22:57 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋の蝶 3種   14.11.14   (ルリタテハ、キタテハ、ベニシジミ)

朝はきつい冷え込みだった。すっかり晴れあがった10時過ぎから散策に出た。

最近、目にしなくなったチョウに出会った。


ルリタテハ   14.11.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/850,F8
e0070891_16252087.jpg
        「もみじ広場」でNaさんと話をしている目の前で日向ぼっこを始めた。
        冬になったら 「成虫越冬」 をするのでしょう。ご苦労様、元気で。


キタテハ   11.14   〃   1/600,F8
e0070891_162857100.jpg
        「きざはし谷戸」の垣に飛んできて翅をひろげた。こちらも日向ぼっこ?


ベニシジミ   〃   〃   1/600,F8
e0070891_16303737.jpg
        「小谷戸池」前の園路を飛んできて日向ぼっこを始めた。
[PR]
by higirinikki | 2014-11-14 17:16 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 熟柿にあつまった虫 (2)   13.9.21   (ルリタテハ、キタテハ)

今日は妻と一緒に千葉、新検見川、浅草、横浜と移動。疲れました。

19日に出会った「熟柿にあつまった虫」のつづきです。


ルリタテハ   13.9.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/175,F5
e0070891_2125222.jpg
        アカボシゴマダラが多数集まった熟柿が落ちている木・アオキの下のあたりを遠慮しながら飛んでいるチョウ。
        キリの幹に貼りついたあと、地面に下りて葉の上にとまった。

e0070891_21263557.jpg
        その後、やっとスズメバチも誰も来ない場所にある熟柿を見つけてとまった。
        翅を開いたり、閉じたり、瑠璃色の表翅を見せてくれた。


キタテハ   〃   〃   1/240,F5
e0070891_21325047.jpg
e0070891_21342364.jpg
        アオキの周囲を飛んでは、葉にとまるのを繰り返しているのはオレンジ色も鮮やかなキタテハの秋型です。
        こちらはスズメバチが怖いのか、下には下りてこなかった。
[PR]
by higirinikki | 2013-09-21 21:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ひさしぶりのチョウたち   13.3.21   (ベニシジミ、キタキチョウ、ルリタテハ)

急に春の陽気になって虫たちも戸惑っているのではないだろうか。
かく言う私も、急に出現したチョウたちに出会って、新カメラを「虫」用に使いこなさなければならない。どこまで接近しなくてはいけないか、その感覚に慣れるまで時間がかかりそうだ。


ベニシジミ   13.3.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/320,F8
e0070891_23131181.jpg
        幼虫越冬して羽化したばかりの個体でしょうか、水色の斑点が綺麗でした。


キタキチョウ   〃   〃1/500,F8
e0070891_23164263.jpg
        こちらは越冬個体でしょうか、綺麗な姿をしていました。


ルリタテハ   3.21   〃   1/500,F8
e0070891_2318375.jpg
        えーと、ルリタテハは越冬する形態は何だったかしらん? 早春によく見るのだが。
        調べたら「成虫越冬」でした。
[PR]
by higirinikki | 2013-03-21 23:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 成虫越冬したチョウ 3種   11.4.22   (ウラギンシジミ、テングチョウ、ルリタテハ)

今日もチョウを求めて出陣しましたが、狙いとするトラフシジミには出会えませんでした。

きのうは念願のルリタテハに会えて、ようやく上記表題を謳うことができます。完全版でないのが残念ですが。


ウラギンシジミ   11.4.7   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F8
e0070891_17202826.jpg
        雌の開翅姿は紹介済みですが、雄を捜していました。  ウラギンシジミ♀
        ヒイラギの葉陰にとまっていました。
        開翅しないので、表翅の色を確認しようといたずらをしたら飛んで行ってしまいました。
        一瞬ですがオレンジ色が見えた気がしました。「雄」ということにしておきます。


テングチョウ   4.12   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/640,F8
e0070891_17255719.jpg
        5日後、テングチョウに出会いました。
        ひらひら飛んでいるところを見なければ、こんな枯れ葉の上のチョウは見つかりません。
        まず閉翅姿を撮影して、開翅をじっと待つつもりでしたがすぐに飛んで行ってしまいました。


ルリタテハ   4.21   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F8
e0070891_17292582.jpg
        また9日が経ちました。この間、2回目撃したのですが接近を許してはくれませんでした。
        この日もトラフ探しで疲れて引き上げる途中、枯れ葉の上にいる姿が目に飛び込んできました。
        とりあえず閉翅姿を撮影して、開翅を待ちました。
e0070891_17325375.jpg
        じき、開いたり閉じたりを繰り返して飛んで行ってしまいました。
        これで「成虫越冬したチョウ」撮影の念願は叶いました。  もう一種の、キタキチョウ も紹介済みです。
[PR]
by higirinikki | 2011-04-22 17:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 春の蝶   09.4.21   (ベニシジミ、ルリタテハ、ヤマトシジミ)

花の咲く時期が例年より早いような気がします。が、虫の世界ではどうでしょうか。
「虫の目」が衰えたのか、フィールドの虫自体の数が少なくなったのか、目撃件数が少なく、撮影件数も少なくなっているような気がします。
18日の散策で撮影できたチョウです。


ベニシジミ   09.4.18   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8

e0070891_18502327.jpg


ルリタテハ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_18521175.jpg


ヤマトシジミ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_18532213.jpg


■ 通算訪問者数が11万人を超えました

通算訪問者数(Excite設定による)が、つい先ほど11万人を超えました。
2月14日に10万人を超えましたので、66日で通算1万人の訪問者があったことになります。
一日平均150人強(最近は170人強)の方にご覧いただいているようです。ありがたいことです。
これからも毎日アップを目標にがんばりますので、引き続きご愛顧をお願いいたします。
[PR]
by higirinikki | 2009-04-21 18:55 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ チョウの仲間   08.10.13   (ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、シンジュサン)

いやー、きのうの疲れで目覚めたのが8時半、日本晴れの一日でしたが散策はお休みしました。

9日の「虫の目」散策の成果からの画像です。


ルリタテハ   08.10.9   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_18464860.jpg
        ひらひら、チョン、ひらひら、チョン。せわしなく飛翔と静止を繰り返し、なかなかうまく撮らせてくれません。


ツマグロヒョウモン♀   〃   〃 ISO400 1/60,F8
e0070891_18503191.jpg
        園路の木蔭からの撮影です。吸蜜しようとしているのでしょうが、静止しているわけではないのです。


シンジュサン幼虫   〃   〃 ISO200 1/125,F8
e0070891_18544150.jpg
        谷戸田奥のクサギに、色鮮やかな芋虫が群生しています。7日に発見して観察を続けています。
        多くの幼虫がモリモリ食べるので、葉がだんだん少なくなっています。
        全部が羽化できるのでしょうか。でも、全部が羽化したら、これも凄い光景になりそうです。
[PR]
by higirinikki | 2008-10-13 19:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)

■ 黒いチョウ   08.8.22   (モンキアゲハ、ルリタテハ、クロコノマチョウ)

昨夜Blogを書き上げた直後から雷雲が近づき、雨が降り出しました。その後は気温が急激に下がり、今日は9月下旬の気温だったとか。
午後2時過ぎに散策に。きのうとは違う黒いチョウを見つけました。


モンキアゲハ   08.8.22   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/6,F4.5

e0070891_18275598.jpg


ルリタテハ   〃   〃ISO200 1/90,F5.6
e0070891_1830766.jpg


クロコノマチョウ   〃   〃 1/90,F5.6
e0070891_18322421.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-08-22 18:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 冬の蝶   07.12.26

21日と24日の散策で出会った冬のチョウたちです。


ムラサキツバメ   07.12.21   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/250,F6.7
e0070891_1755640.jpg
        「堆肥場」の枯れ葉の上を飛びまわっているチョウ。尻尾があるのでシジミさんではなくて、ツバメさんの方です。
        開翅して♂♀の区別ができるかと待っていましたが、飛んで行って枯れ葉に紛れて所在がわからなくなってしまいました。
        過去記事で、裏翅の模様を見てください。秋のチョウ  06.11.11
                                 

ルリタテハ   12.24   PENTAXistDs 28-200mm(trimming) ISO200 1/250,F8
e0070891_186352.jpg
        「きざはしの谷戸」の前に大勢のカメラマンがカメラを構えていました。
        レンズの向きがまちまちなので大物ではないようです。
        「木道の上でルリタテハが翅を開閉しているのだよ」と先輩が教えてくれました。
        私のレンズでは遠すぎて、大きくトリミングしないと見えません。
        上の 秋のチョウ  06.11.11 にもルリタテハがいます。


クロスジフユエダシャク   〃   〃   1/750,F5.6
e0070891_18134452.jpg
        この頃、クヌギなどの落葉の上を数頭の白い"チョウ"がひらひらといつまでも飛んでいます。
        これは蛾の仲間の クロスジフユエダシャク です。
        飛べない♀が出すフェロモンを求めて飛びまわる♂たちです。 冬のチョウ  06.12.14
[PR]
by higirinikki | 2007-12-26 18:17 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

秋のチョウ  06.11.11

爽やかな秋晴れの日、もっと多くの種類のチョウが見られるかと思ったのですが。
この日に見つけたチョウたちは、陽射しの中で表翅を広げて「日向ぼっこ」をしていたのでしょうか。もしや、このまま越冬する個体なのでしょうか。

ムラサキツバメ ♀    撮影データ 06.11.8 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/350,F5.6
e0070891_21462448.jpg


テングチョウ    同上  1/1000,F8
e0070891_2148097.jpg


ルリタテハ    同上  1/1000,F8
e0070891_2151762.jpg


ベニシジミ    同上  1/125,F5.6
e0070891_21523520.jpg

[PR]
by higirinikki | 2006-11-11 21:58 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)