タグ:ワレモコウ ( 7 ) タグの人気記事

■ 秋の気配?   14.8.10   (ツリガネニンジン、ケイトウ、ワレモコウ)

台風11号は四国から近畿を縦断して日本海を北上中。遠く離れた関東にも大雨がもたらされている。
明日は台風一過、また猛暑日つづきに戻るようだ。

きのうの散策で見つけた「秋の気配」?です。


ツリガネニンジン   14.8.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/400,F8
e0070891_19434958.jpg
        園内「開花第1号」に認定しましょう。


ケイトウ   〃   〃   1/300,F8
e0070891_19452082.jpg
        古民家の前庭です。
        ケイトウは真夏の花ですか?


ワレモコウ   〃   〃   1/42,F8
e0070891_1946328.jpg
        こちらも「開花第1号」です。園路を歩く人、手折らないでくださいね。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-10 19:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 秋の草花 (2)   12.9.23   (ススキ、クコ、ワレモコウ)

ずっと冷たい雨がふりしきる一日。寒い。あすから、また元の暑さに戻るそうな。

「秋の草花」の続きです。園路脇から広角マクロで切り取ってみました。


ススキ   12.9.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/100,F8
e0070891_21272562.jpg
        植物の世界では秋が始まっていました。
        出たての穂は綺麗なものです。

        おすすめ過去記事

クコ   9.20   〃   1/58,F8
e0070891_21331855.jpg
        写真を撮るようになると、クコの花は「一日花」だということがわかります。
        全部が実になるわけではないらしく、赤い実は滅多に見られないです。

        おすすめ過去記事

ワレモコウ   〃   〃   1/40,F8
e0070891_2136295.jpg
        もっと多くの花をつけた姿を紹介したいのですが、
        園路際というのが不利にはたらいて、花期を全うする花の数が少ないようです。

        おすすめ過去記事
[PR]
by higirinikki | 2012-09-23 21:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(3)

■ 秋の気配   11.9.2   (ワレモコウ、ハギ、センニンソウ)

台風12号はあいかわらずゆっくりと北上していて、「関東地方南部の予想雨量は500㎜」という予報にかかわらず当地では時々ザーとくるだけで、今夜はどうなることやら。

里山、谷戸では秋の花も咲き始めて秋の気配をうかがわせています。


ワレモコウ   11.9.1   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_17293161.jpg
        咲き始めの姿です。背景のピンク色は、下のハギの花です。


ハギ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_17313444.jpg
        各所で、この花が盛りになってきました。種は?しっかり確認はしていません。


センニンソウ   8.29   〃   1/250,F8
e0070891_17333497.jpg
        つる草が覆う雑草と見ることもできますが、緑の中の白い花群れも綺麗なものです。
[PR]
by higirinikki | 2011-09-02 17:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 秋の気配   10.8.27   (ヒヨドリジョウゴ、ワレモコウ、ツリガネニンジン)

また在庫僅少なのに暑さはいっこうにおさまりません。8日ぶりに午後の陽盛りを散策しました。
秋の気配を感じさせる花が咲き始めていました。


ヒヨドリジョウゴ   10.8.27   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_21111584.jpg


ワレモコウ   〃   〃   1/25,F8
e0070891_2112345.jpg


ツリガネニンジン   〃   〃   1/40,F8
e0070891_21134611.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-08-27 21:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 真夏の草花 (8)   09.8.31   (ワレモコウ、ツルボ、オミナエシ)

きのうは民主旋風が吹き荒れ、今日は本物の台風の風雨が関東地方に吹き荒れています。
私の選挙区では「小選挙区になって以来、5期連続当選」と強い自民議員S氏が辛勝、自民再生に注力していくと宣言していました。

28日の散策で見た花の中景写真です。


ワレモコウ   09.8.28   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_17312319.jpg
        周囲を草刈りされてワレモコウが枝先に花を咲かせています。逆光で撮影してみました。

   〃   〃 ISO1600 1/400,F20
e0070891_17321145.jpg
        こちらは田んぼ脇の草叢の中、センニンソウをバックにクローズアップしてみました。


ツルボ   〃   〃 ISO100 1/100,F11
e0070891_173865.jpg
        長久保の「野草園」の群落です。中景はむずかしいです。


オミナエシとオトコエシ   〃   〃   1/100,F11
e0070891_17411693.jpg
        ツルボの反対側で黄色と白の花が並んで立っています。
        逆光気味の位置からの撮影です。
[PR]
by higirinikki | 2009-08-31 17:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

ワレモコウ(吾亦紅)  06.8.12

舞岡公園・谷戸田の流れのふちで、思いがけなくワレモコウの花を見つけました。その頭にはムギワラトンボが。近づいても逃げませんでした。
e0070891_2237151.jpg
撮影データ 06.8.10 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/1000,F5.6

吾亦紅は吾木香とも書く。日本の山野に普通に見られるバラ科の多年草。夏の終わり、細い茎が枝分かれして伸びた先に小指の先ほどの可憐な花穂をつけ、秋の深まりと共に紅を濃くしてゆく。生け花に好まれ、お月見では薄などと一緒に供えられることが多い。

ワレモコウを詠んだ歌として有名なのは

室町時代の姉小路基綱の家集『卑懐集』に収録された一首、
『袖の色も人はことなる吾亦紅かれゆく野べに猶やしをれむ』

若山牧水の
『吾木香(われもかう)すすきかるかや秋くさのさびしききはみ君におくらむ』

歌意はご自分で想像してください。

全体の姿  05.8.17撮影
e0070891_22321989.jpg

花のクローズアップ  05.9.23撮影
e0070891_22343743.jpg

[PR]
by higirinikki | 2006-08-12 22:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

 05.9.27  ワレモコウ(吾亦紅)を摘まないで

e0070891_17524683.jpg
 撮影データ 05.8.10 PENTAXistDS 100mm/macro 1/90,F9.5

 秋の十五夜のお月見には薄(すすき)とともに欠かせない花で、「吾木香」とも書かれるそうです。花弁がなく花びらに見えるのはガクです。50~100cmくらいに伸びた茎の先に花をつけます。
e0070891_17591724.jpgこの写真は咲き始めたところ。(8/17)今日、この株を撮影しに行ったところ、まさに手折ったばかりの枝を持ってくる花盗人のオバちゃん(ババー)とバッタリ。思わず「野草を摘むのはやめなさい」とたしなめてしまった。
e0070891_184160.jpgしかたなく、園路の地面を這っているなさけない姿の株を撮影しました。。
和歌や俳句に詠われたワレモコウを探してみました。
「吾木香 すすきかるかや 秋草の さびしききはみ 君におくらむ」 若山 牧水
「吾も亦(また) 紅(くれない)なりと ひそやかに」 高浜虚子
 
[PR]
by higirinikki | 2005-09-27 18:17 | 舞岡公園の草木 | Comments(5)