タグ:同窓会 ( 6 ) タグの人気記事

■ 学士会館でクラス会   13.10.22

きのうは昼間の「五十嵐吉彦・水彩スケッチ展」を鑑賞した後、、竹橋にあるその名もセレブな「学士会館」 で 「入学52周年」になる大学クラス会の一夕を過ごしてきました。
写真係の幹事として、この2月から準備を進めてきたその甲斐あって、出席者は30名。
「功成り名遂げた」多くの同級生による談論風発を楽しんできました。

最後は恒例により「応援部OB」のO君の指導で、「応援歌」を声張り上げて歌ってお開きとなりました。


学士会館   13.10.21   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO1600 1/110,F3.3
e0070891_23191650.jpg


応援歌斉唱
e0070891_232045.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-10-22 23:20 | 交友記 | Comments(0)

■ 六本木でクラス会   12.9.8

きのうは 「入学51周年記念(?)」 大学クラス会で、六本木は東洋英和女学院近くの 「国際文化会館」 で一夕を過ごしてきました。半端な年なのか、出席者は28名、昨年の35名より減っていた。
たぶん卒業以来の再会かと思うFu君に会えたのが嬉しかった。

「一人、1分」 と切られた 「近況報告」 で、「法学部出身の名に懸けて、新築した家の登記手続きを全部自力でやった」、と言ったらみんなから感嘆の声が聞かれたのも嬉しいことでした。


鳥居坂   12.9.7   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/200,F3.3
e0070891_21182872.jpg
        「六本木5丁目」から麻布十番に向かって下ってくる「鳥居坂」、10年前は下ってきたので実感が弱かったが、
        この日は上ったのだが、こんなにきつい坂道を毎日上り下りする女学生もタイヘンだな、と思った。


国際文化会館
e0070891_2123239.jpg
        昼間の熱気が消えやらぬ5時半、「六本木ヒルズ」が見えた。


集合写真の準備
e0070891_21245858.jpg
        敷地は岩崎小彌太邸跡とあって庭園が綺麗だった。
        最近は 「写真係」 を引き受けているので、三脚持参でやってきたら、椅子がセットされていた。


応援部OBのO君
e0070891_21291099.jpg
        会のおわりは恒例により、応援部OBのO君の指揮で 「応援歌」 を斉唱する。
        

東京タワー
e0070891_2131698.jpg
        宴の果てた9時過ぎ、まだ暑さが残っていた。
[PR]
by higirinikki | 2012-09-08 21:32 | 交友記 | Comments(4)

■ 48年ぶりの大学キャンパス   11.11.27

きのうは、毎年この時期に開催される「〇大 36L1-4」クラスの、「入学50周年」記念同窓会に出かけてきました。
池袋のホテルでの正餐に先だって希望者が参加する、2年間の教養課程を学んだキャンパス見学がありました。
たまたま、この日は「学園祭」が開かれていたので、集合場所の正門前は見物客でごったがえしていました。

ほぼ半世紀も前の面影を残した建物・風景はほとんどなく、学生運動盛んだったあの頃の名物「タテカン」もなく、一見平和な、その実「社会に出る前のモラトリアム」を楽しむかのような学生でいっぱいでした。


正門前   11.11.27   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/120,F3.6
e0070891_18192041.jpg
        正門と時計塔のある本部建物は昔のままでした。


大教室
e0070891_18221756.jpg
        一部学生の席取り競争で有名だった大教室では学生オーケストラの演奏中でした。


本部建物の中へ
e0070891_18243766.jpg
        クラス会出席者は、存命者46名中の35名で驚異的出席率、いかに仲の良いクラスだったかがわかる。
        語学授業を受けた小教室がある本部建物は、学園祭の催事で賑わっていた。
        キャンパス見学参加者は20名強、その後ろ姿は年齢相応のものです。


イチョウ並木
e0070891_1829174.jpg
        この時は4時半頃、初冬の日は暮れかかって、名物イチョウ並木もよく見えませんでした。

        この後、しばらく構内散策に時間を過ごして、連れ立って池袋の会場に向かいました。
[PR]
by higirinikki | 2011-11-27 18:34 | 交友記 | Comments(0)

■ 高校同窓会   11.2.6

昨年末の高校同期の集まりで 「東京スカイツリー」 の話題を記事にしました。
今日は高校の全体の同窓会 「 T 交会」 新年会が東京下町で行われました。
記念講演は、同期の Ha 君が 「東京スカイツリーの建設 その技術と意義」 と題して熱演をしてくれました。
昨年夏には Tu 君が講演をしてくれたのですが、ふたりとも私が推薦したこともあって、自分のことのように晴れがましい気分で帰宅したことでした。


懇親会風景   11.2.6   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/90,F3.3
e0070891_23543896.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-02-06 23:56 | 交友記 | Comments(0)

■ 曼珠院と詩仙堂   10.11.26-2

「修学院離宮」の参観をおえたあと、宮本武蔵「一乗寺下り松」で知られる「八大神社」もあって、車のすれ違いもやっとの細い「曼殊院道」を上り詰めた所にある「曼珠院」。
その門前にある手打ちソバで知られた「弁天茶屋」で昼食。私は「にしん蕎麦」をいただきました。


曼珠院   10.11.26   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/140,F3.3
e0070891_17374435.jpg
        平安初期、比叡山西塔北谷にあった「東尾坊」が、平安末期に「曼殊院」と改名。
        1656年、桂宮智仁親王の次男良尚法親王の時代に現在の地に移ったという。

        案内人がいないので、どの建物がどれとはわからないまま見学しました。
        この建物は重文「小書院」と思われます。
e0070891_1757072.jpg
        左端に見えるのが「梟の手水鉢」です。


詩仙堂
e0070891_1805065.jpg
        石川丈山の居宅。丈山は徳川家康の近侍として大坂夏の陣で先登の功名を立てた武人。
        京都で文人として朱子学を学んだ後、広島浅野家に仕え、京に戻った59歳の時に「詩仙堂」を建て、
        90歳で亡くなるまでの30年間、清貧の中に聖賢の教えを自分の勤めとして寝食を忘れてこれを楽しんだという。

        大勢の見学者で賑わう「嘯月楼」。
e0070891_1814389.jpg
        嘯月楼「詩仙の間」前の庭。


        見学をおえた3時半すぎにジャンボタクシーに乗って、高尾の料亭旅館に向かいました。
e0070891_1821086.jpg
        この仲間の集まりがなければ生涯行くことはなかったであろう高級料亭旅館です。

        この集まりとは「〇大36L1-4」というクラス会。
        大半が東京近辺在住なのに、存命者46名中24名が集まったのですから驚異的出席率かな。

e0070891_18241696.jpge0070891_18243652.jpg
[PR]
by higirinikki | 2010-12-01 18:30 | 交友記 | Comments(0)

 05.10.2  札幌大倉山シャンツェからの眺め

e0070891_2252674.jpg
 撮影データ 05.10.2 FinePixS9000 1/500,F8

きのう・今日と、大学卒業40周年記念同窓会で北海道に行ってきました。参加者25名の旅行を幹事3人で担当。明日はゴルフの予定だが、参加しない者と一緒に帰ってきました。事前準備に全力を尽くしたので、本番は参加者役で陰に。1日目は富良野にある「演習林」を見学。薄曇りだが雨に降られず幸運、講義と現場見学は新鮮で興味深かった。2日目は札幌市内の高み、「モエレ山」「藻岩山」「大倉山」から市内眺望をゆっくり楽しむ。天気は薄日から青空に移行。秋の札幌行楽を満喫した。頼まれたお土産を手に疲れ果てて帰宅、眠い目をこすりながらこの記事を作成しました。
[PR]
by higirinikki | 2005-10-02 23:07 | 交友記 | Comments(4)