タグ:夏越しの大祓え ( 1 ) タグの人気記事

■ 舞岡八幡宮 夏越しの大祓え   08.6.30

今日は6月晦日、NHKのお昼の番組で京都・北野天満宮の「夏越しの大祓え」 の行事を紹介していました。
同じ行事「夏越しの大祓え(なごしのおおはらえ)」は、舞岡八幡宮でも行なわれています。
昨年は午前中にお参りに行って神事に参加できなかったので、今日は午後6時からの開始に合わせて行ってきました。


舞岡八幡宮   08.6.30   FinePix F30 8-24mm ISO200 1/160,F2.8
e0070891_2118090.jpg
        舞岡公園の北方500mほどの山裾にある八幡様に氏子をはじめ参加者が三々五々集まってきます。

     由緒;「昔、当地一帯を腰(越)村と呼んでいた頃、白幡が空に舞ったので村の名を舞岡と改めたという。
        その幡は西方30kmの落幡村(現秦野市)に落ちたと伝えるが、この奇瑞に因んで石清水八幡宮を勧請したのが
        当神社の始めであって、時に乾元元年(西暦1302年)3月であった。
        爾来、村の鎮守として崇敬せられ明治6年村社、大正6年幣帛共進村社となり、
        昭和28年宗教法人となって今日に至る。


茅の輪くぐり

e0070891_2140012.jpg
        「一の鳥居」前に、木の枠組みに吊るされた茅の輪があります。
        「茅の輪くぐり」の正式な手順は、
        輪を左回りに一回、続いて右回りに一回、また左回りに一回、この輪をくぐって社殿に向かいます。
e0070891_21445322.jpg


社殿
e0070891_21473670.jpg
        右手は「横浜市古木」に指定されているイチョウの木です。


社殿前に集まった参会者
e0070891_21483432.jpg


        厳かな神事ですので、神主による祝詞奏上・大祓えの場面は撮影を控えました。


人形(ひとがた)
e0070891_21515029.jpg
        この白紙で作った「ひとがた」にむかって腹中の空気を一気に吐き出します。
        そして神主さんのお祓いを受けます。
        その後、この「ひとがた」は川に流すのが本来だそうですが、昨今は環境を考慮して回収して神社で処分するそうです。
        この後、神主さんから「夏越しの大祓え」の由来の説明を受けました。

       「新年の『お年玉』の意味を知っていますか?
        大晦日のお祓いを受けたあと、年神様から新魂(あらたま)をいただくのがお年玉の本来。決してお金ではないのです。
        こうしていただいた新魂も半年もたつと穢れてくるので、夏の晦日である6月晦日にお祓いを受けて、新しい運気をいただいて
        来るべき夏の暑さを乗り越えていこう、というのがこの神事の本旨です。」
[PR]
by higirinikki | 2008-06-30 22:04 | 舞岡公園の行事 | Comments(10)