タグ:送電鉄塔 ( 5 ) タグの人気記事

■ 戸塚の丘の送電鉄塔   11.1.9

伊東からは今日の正午すぎには帰宅しました。
3時半からの小谷戸の里の会議に出席するためです。疲れで、会議前に散策する元気はありませんでした。

大晦日の「吉田線追尾」の際に、手前に見える柏尾川が刻んだ戸塚の街の向こうの丘の上に、沢山の送電鉄塔が並んでいることに気づきました。
はるか向こうでしたので、よく見えませんが紹介します。とりあえず初心者の第一歩は「これにて幕」とします。


戸塚の丘の送電鉄塔   10.12.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm(trimming) ISO400 1/600,F9
e0070891_22341093.jpg
        「吉田線」の立つ丘の右手、ここから右へ続く眺めを下の写真で見ていただきます。
e0070891_22343035.jpg
        箱根の山々が背景に見えます。
e0070891_22344688.jpg
        富士山が大きく見えます。
e0070891_2235040.jpg
        丹沢・大山の山並みです。
e0070891_22351650.jpg
        さらに右手の方向に連なっています。
e0070891_22353140.jpg
        元・日立の敷地に立つマンション群の後方、丘の上に連なる鉄塔群は霞んで見えなくなっています。
[PR]
by higirinikki | 2011-01-09 22:45 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 送電鉄塔・吉田線つづき   11.1.7

今朝はこの冬一番の冷え込みでした。昼間は陽射しの下ではそれほど寒くはなかったものの夕方からまた冷え込みました。
真っ白な雪を麓までのせた富士山が青空に映えて見えました。



吉田連絡線1号   10.12.31   finePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/420,F9
e0070891_20251483.jpg
        舞岡変電所から続く送電線を追ってくると、以前は山の頂上だった所に立つ鉄塔が見えます。
        足元が開発されてマンションが林立する中にまさに孤立していました。
        名称が「吉田連絡線」と変わっていました。
e0070891_20291048.jpg
e0070891_20293173.jpg


吉田連絡線2号
e0070891_20325633.jpg
        上の交差点で振り返ると、もとは「日立」の敷地に立つマンション群を下に見る崖の端に立っています。


上永谷線12号
e0070891_2038518.jpg
        同じ道路で崖端に続く鉄塔は、また名称が変わっていました。
        ここから分岐する電線が日立の敷地の地中に引き込まれているようでした。


上永谷線11号
e0070891_20413036.jpg
        まだ道路端に続いていきます。


上永谷線10,9号
e0070891_20431389.jpg
        11号鉄塔からは坂道になって10号、9号の2本の鉄塔が見えます。


上永谷線10号
e0070891_20455582.jpg


上永谷線9号
e0070891_20464099.jpg
        黒褐色の鉄塔は見慣れぬ色で異様な感じがしました。
        日立の敷地内に立っていて、電線は地中に引き込まれているようでした。

        番号から思うに、まだ鉄塔が続きそうですが、周囲にはどこにも見えませんでした。

        ひとまず「送電鉄塔・吉田線」追跡はおわりとしました。
[PR]
by higirinikki | 2011-01-07 20:53 | 舞岡公園・その他 | Comments(4)

■ 送電鉄塔・吉田線   11.1.6

「孫台風」の来襲に備えて総動員した家中の寝具類を、きのうから今日にわたって太陽干しをしました。午後には黒雲が現れて寒くなってきました。
今日は、このところの外出続きのお疲れ休みとしました。

大晦日と正月2日に、送電鉄塔・吉田線の終末部分を確認してきました。
今日は「舞岡変電所」までの鉄塔を追いかけました。


吉田線26号   10.12.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/105,F12
e0070891_17433982.jpg
        25号鉄塔の尾根道から階段を降りた住宅地の中に立っています。
        民家に完全に囲まれた立地でした。そのまま写真掲載するとプライバシー侵害になりそうです。
        上は、住宅地の外側からの撮影です。これなら大丈夫でしょうか。


吉田線27号
e0070891_17492348.jpg
        つづく27号も民家に囲まれていました。前景は自治会館の庭と物置のようでした。


吉田線28号
e0070891_17515654.jpg
        住宅地をはずれた山裾にある28号です。建設資材置き場が足元を削っていました。


吉田線29号・舞岡変電所
e0070891_17543586.jpg
        ようやく田んぼが見られる開けた所に、「舞岡変電所」がありました。
        「吉田線」はここまで、66KVから何KVに弱められるのでしょうか。


吉田線24~29号
e0070891_1803186.jpg
        すこし離れた高みから、ここまでの鉄塔6本を眺めることができました。

        この画面の背中方向にある「日立・横浜事業所」に向かって送電鉄塔が続いています。
        次回に続きます。
[PR]
by higirinikki | 2011-01-06 18:04 | 舞岡公園・その他 | Comments(2)

■ 「吉田線」送電鉄塔を追う   10.12.28

年も押し詰まってきたのに、ノー天気な探索に出かけてきました。

「たけぽ」さんから、「吉田線は6万6千ボルトで舞岡変電所とその先の大きな工場に給電しているようですよ。」とのコメントをいただいた、送電鉄塔について、俄か勉強をして前後の鉄塔探しに出ました。


送電鉄塔に関するサイトを探してみると、「送電鉄塔写真舘」 に出会いました。
「吉田線は戸塚変電所から出発する66KV2回線で、しばらく南横浜火力線の最下段に併架され、途中から分かれて北上し、配電用の舞岡変電所およびその先の日立製作所横浜工場に受電しています。」との説明を頼りに、「吉田線22号」鉄塔から若い番号の鉄塔を探し求めてきました。



南横浜火力線33号鉄塔   10.12.28   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/420,F11
e0070891_18391280.jpg
        隣町の栄区本郷台4丁目「小菅ヶ谷小学校」近くの高台にある鉄塔です。
        送電線の数を数えてみましょう。
        左から14本、右から20本、手前方向に6本、見えますか?

        鉄塔の上部に出入りしている14本の送電線が「南横浜火力線」です。
        左方向は磯子区方面で、東京電力「南横浜火力発電所」から送られてくる154KVの2回線です。

磯子区方面・27~31号鉄塔
e0070891_18492489.jpg
        「南横浜火力発電所」昭和40年代後半に建設された、世界初のLNG(液化天然ガス)専焼火力発電所だそうです。
        左手奥、洋光台、港南台、小山台の住宅地を越えてやってきます。


戸塚区方面・34号鉄塔
e0070891_18535758.jpg
        右手方向には、「横浜環状3号線」「国道1号線」道路に沿うように戸塚区内を北に上っていく送電線、
        終末の「戸塚変電所」まで繋がっていきます。

        整理してみると、「左手、磯子の火力発電所からやってきた154KVの電気は、
        右手、戸塚変電所に向かって送られていきます。
        その戸塚変電所で66KVに弱められた電気が、同じ鉄塔の下部を伝って「吉田線」として
        もう一度33号鉄塔に送られてきます。」



吉田線18号鉄塔
e0070891_20321219.jpg
        「33号鉄塔」から分岐した送電線6本の「吉田線」は北に向かって伸びていきます。
        行く手には「吉田線18号鉄塔」が立っています。いきなり「18号」が現れました。
        ということは、戸塚変電所から17本の鉄塔によってここまで運ばれてきた、ということのようです。

吉田線19号鉄塔
e0070891_20412820.jpg
        さらに北、子供たちが通園した「ふたば幼稚園」の隣接地に立っていました。

吉田線20号鉄塔
e0070891_20443967.jpg
        さらに北、住宅地のどまんなかに立っていました。

吉田線21号鉄塔
e0070891_20491195.jpg
        さらに北、住宅地を離れて「舞岡公園」南端の畑の中に立っていました。

吉田線22号鉄塔
e0070891_20513248.jpg
        前回にも登場した「22号鉄塔」は、明治学院バス停付近にありました。
        その先に見えるのが「23号鉄塔」です。
[PR]
by higirinikki | 2010-12-28 20:55 | 舞岡公園・その他 | Comments(5)

■ 送電鉄塔   10.12.25

冬らしく空っ風の吹く一日、冬支度を整えて散策に出ました。ほぼ一年前、明治学院大学でクリスマス行事に出会ったことを思い出して行ってみましたが、一日遅れだったようです。

「さて、何を撮ろうか」 と目を上げて 「そうだ、送電鉄塔を追いかけてみよう」 と決めました。
永らくご無沙汰していた Blogお仲間の 「 たけぽの「平常心是道」 」 で、送電鉄塔を追いかけているのに刺激されたのです。


舞岡公園を縁どる尾根道に四本立っています。標札(?)には 「吉田線〇号」 とありました。
どこから、どこまで続いているのかはわかりません。


吉田線22号   10.12.25   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/220,F9
e0070891_2274413.jpg
        公園の南端付近の丘の上に立っています。

吉田線23号
e0070891_2292318.jpg
        明治学院大との境界の道路脇の尾根上に立っています。

吉田線24号
e0070891_22111738.jpg
        尾根道の中間に立っています。

吉田線25号
e0070891_22123620.jpg
        尾根道の北端、小田急団地に降りる階段傍に立っています。

吉田線26、27号
e0070891_22143529.jpg
e0070891_22145757.jpg
        その階段から北側を眺めると鉄塔が連なって立っているのが見えます。
        調べてみると、右から2本が26,27号で、その先には「舞岡変電所」があるようです。
        いつか探しに行ってみますね。

        鉄塔を並べて 「何がおもしろいの?」 と言われそうですね。
        「舞岡公園の自然」 と正反対の人工物です。


        (追記)さっそく「たけぽ」さんから、送電鉄塔を追いかける楽しみを教えていただく
         コメントをいただきました。
         23号の中段にあるのが「引き込み線」分岐なのですね。
[PR]
by higirinikki | 2010-12-25 22:18 | 舞岡公園・その他 | Comments(2)