人気ブログランキング |

■ 湿地の草花3種   11.9.25   (アキノウナギツカミ、ミゾソバ、イボクサ)

晴れの日は続かないものです。にわか雨が落ちてきて、慌てて洗濯物を取りこんだりしました。
早朝歩きで疲れて、休養日として大相撲TV桟敷観戦を楽しんでいます。

ひさしぶりの日本人大関「琴奨菊」誕生です。
ほんとに八百長相撲が無くなったとすれば、その地位を維持するのは難しそうですが。まあ、そんな言葉はなしにしましょう。

明日から3日間、高校同期の仲間と九州旅行に出かけます。
当ブログも遅ればせながら「予約投稿」ができるようになりましたので、その仕組みを使って「毎日更新」を続けていきます。

今日は、きのうの散策で見つけた「湿地の草花」です。


アキノウナギツカミ   11.9.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_16595957.jpg
        木道から見下ろす位置でレンズを覗き込んでいると、後ろから
        「その花はなんですか?」 と聞かれました。
        茎にウナギが掴めるくらい棘が生えている、ことをお教えすると「へ~」と驚かれました。


ミゾソバ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_1735844.jpg
        「溝に生える蕎麦の花に似た花」という命名。 葉の形からきた、別名「牛の額(ひたい)」もぴったりです。


イボクサ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_1764986.jpg
        こちらも「疣草」という独特な命名。
        イボクサは「疣取り草」の意味であり、汁を付けると疣(イボ)が取れるからであるという。
        どなたか、試してみませんか?
by higirinikki | 2011-09-25 17:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)
<< ■ 花盛り   11.9.26... ■ オオスズメバチの針   1... >>