人気ブログランキング |

 05.10.29  ハリガネオチバタケ

e0070891_18113411.jpg
 撮影データ 05.10.21 PENTAXistDs 100mm/macro 1/6,F8

初めて見た時は、まさかキノコとは想像もつかず、何かの樹木の芽生えかと思い「樹木鑑定サイト」に問い合わせてしまいました。「このようなタイプのキノコを、落ち葉分解菌といいます。キシメジ科の「ハリガネオチバタケ」のように見えます。」との回答を即座にもらいました。

舞岡公園の園路脇の下草を刈った所で9月8日に見つけたものです。よく見ると、コナラの落葉が固まっている所から生えていました。ふだんは、下草に隠れてひっそりと生えているのでしょう。すでに50日以上経っていますが、今も同じ姿をしていて雨が降ったあとは傘がすこし広がっていました。
by higirinikki | 2005-10-29 18:22 | 舞岡公園のキノコ | Comments(2)
Commented by モッチャン at 2005-10-29 23:56 x
きのこって、長生き?!なのですね、、、、
食べられるものは、早くに収穫してしまうので、知りませんでした。
Commented by ひろし at 2005-10-30 08:59 x
そう、これは例外なのかも。普通のキノコはいつのまにか大きくなって、目を離すとグズグズかパサパサになっていていて、50日も観察できるなんてものはないと思います。
<<  05.10.30  ヤツデ  05.10.28  マユミ >>