人気ブログランキング |

■ モズの早にえ   12.1.9

風邪気味で喉と鼻の奥がひりひりとしている。
と言いつつ、早足散策に出た。

カラタチの棘いっぱいの枝の隙間に「モズの早にえ」を見つけた。実際には先日Koさんに教わったアゲハの蛹のすぐ傍にあることも教わったのだ。
ともあれ、舞岡公園内で観察を始めて早9年、「モズの早にえ」は初めて見ました。


カラタチの垣根   12.1.9   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/90,F3.4
e0070891_16282387.jpg
        言われてみれば「こんな目立つ所に」と思わせるところに、ぶら下げられています。




モズの早にえ   1.6   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/50,F8
e0070891_16321638.jpg
        トカゲこの尾の長さから判断すると、カナヘビだと思います。喉元を串刺しにされています。
        モズは、こんな所に刺しておいて、いつかまたやって来て食事にするのでしょうか。
        もう、ここに刺したことを忘れてしまっているのだろうと思います。
by higirinikki | 2012-01-09 18:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)
Commented by かえで☆ at 2012-01-10 12:41 x
かなり尾が長いので これはカナヘビですよね~!
それにしても立派なハヤニエ…忘れるなんて事は
命を提供してくれたカナヘビに失礼ですよネ。
カラタチの棘では、蝶の蛹・ハヤニエが撮れて
素晴らしいことです。私も蛹を探して見ます~♪
Commented by ひろし at 2012-01-10 16:44 x
かえで☆ さん やはり「カナヘビ」のようですね。
ホントに、こんな立派な餌を忘れてもらっては困ります。

見つかるといいですね。
<< ■ クワコの繭   12.1.10 ■ 人馴れしてきた鳥たち   ... >>