人気ブログランキング |

■ ヒタキの仲間   12.2.22   (ルリビタキ、ジョウビタキ)

きのうの暖かさが少し残っていたが、昼過ぎには曇り空に変わり、冷たい北風も吹きはじめた。

今日の散策では、ひさしぶりにルリビタキに出会い、ジョウビタキにも出会った。
どちらも一人きりだったなら、そろそろと接近するところだが、先着カメラマンの皆さんに遠慮して遠くから撮影、
もどかしいが仕方ない。だから、どちらも大幅なトリミング画像です。


ルリビタキ   12.2.22   PENTAX K20D 28-200mm(trimming) ISO800 1/500,F5.6
e0070891_1841360.jpg
        先日も書いたように、歩いて行く先にカメラマンがいないか、細心の注意を払わないといけない。
        今日も行く手にカメラマンが3人、こちらにレンズを向けていた。
        「おいで、おいで」の手招きを受けて行くと、竹藪の中にルリビタキがいた。

e0070891_18443323.jpg
        すでに「ワンマンショー」(♂だから)を散々やった後だったそうで、
        こちらの射程距離には近づいてはくれなかった。


ジョウビタキ   12.2.22   PENTAX K20D 28-200mm(trimming) ISO800 1/160,F5.6
e0070891_18474161.jpg
e0070891_184828.jpg
        古民家の裏に行ってみると、こちらも先客カメラマンが3人。
        長いレンズやスコープを構えていた。
        今年、ここをテリトリーとしたジョウビタキ♂です。
by higirinikki | 2012-02-22 18:50 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)
Commented by nekocchi1122 at 2012-02-22 23:26
カメラが向いている方向を確認し、自分が邪魔をしていないか気にしながら歩く・・・まあ、ついでに自分も撮ってしまえば気にはなりませんね。
Commented by ひろし at 2012-02-22 23:36 x
nekocchi さん よくおわかりいただけると思います。
鳥の多いフィールドだとカメラマンも多いので要注意ですね。
<< ■ これがシロフフユエダシャク... ■ コゲラ ♂   12.2.21 >>