人気ブログランキング |

■ 共生と天敵   13.5.18

心配していた天気は絶好の行楽日和、小谷戸の里では「舞岡公園開園20周年記念イベント ”田んぼで婚活”」が行われていた。プライバシーを尊重すべく、記事にするのはやめます。

野生の世界では、「食物連鎖」の中で天敵がいるのだが、その天敵から身を守ってやるかわりに恩恵を受ける「共生」という仕組みもある。
この関係を身近に見えるのが、ナナホシテントウ・アブラムシ・アリの三者関係だ。


アブラムシを食べるナナホシテントウ   13.5.18   FUJIFILM 24-624mm(trimming) ISO1600 1/1900,F8
e0070891_2110696.jpg
        カラスノエンドウの新鮮な茎に、アブラムシがびっしりといた。(種は同定していない)
        いたずら心を起こして、別の所にいたナナホシテントウを連れてきた。
        期待通りに、すぐにムシャムシャとやりだした。幼虫も成虫もナナホシテントウにとって、アブラムシは”ご馳走”なのだ。


アブラムシを守るアリ   5.8   〃   1/850,F8
e0070891_21163676.jpg
        こちらは別の種類のアブラムシがカラスノエンドウにびっしりとついていた。
        天敵テントウムシの姿が見えない。アリが守っているようだ。
        その”恩恵”として、アブラムシのお尻から出る甘い汁をいただく、という仕組み・これが共生だ。
by higirinikki | 2013-05-18 21:13 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)
Commented by nekocchi1122 at 2013-05-27 00:47
ガブリとやってますね^^
餌がたくさんあって良かったですね^^
Commented by ひろし at 2013-05-27 18:33 x
nekocchi さん 「いたずら」に応えてくれるとは思いもしませんでしたが、
本当にガブリとやっていますね。
<< ■ 代かき   13.5.19 ■ ピカピカの虫   13.5... >>