人気ブログランキング |

■ ダイサギに出会った   13.9.11

涼しい日はきょうまで。ときおり小雨が降っていたが過ごしやすい。

日・月の歩きで、池の中にいる白い鳥・サギを撮影していた。拡大して見て同定を試みたが、どうやら初見の鳥「ダイサギ」のようです。


白鷺   13.9.8   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/20,F5.1
e0070891_19333562.jpg
        早朝の宮田池、奥の杭に見慣れぬ白鷺がいた。前方の針金にはカワセミが見えます。
        コサギかと思ったが、くちばしが黄色いのがヘンです。


白鷺   9.9   〃   ISO200 1/500,F3.3
e0070891_1937393.jpg
        翌日、かっぱ池にも同じ個体と思われる白鷺がいた。


ダイサギ   〃   〃   ISO400 1/340,F5.1
e0070891_19395257.jpg
e0070891_19402051.jpg
        干上がる寸前の池でほそぼそと生き残っているメダカが餌のようです。

e0070891_19422836.jpg
        白鷺(しらさぎ)とは、コウノトリ目サギ科のうちほぼ全身が白いサギ類の総称で、
        日本ではダイサギ・チュウサギ・コサギ・カラシラサギを指す。

        ダイサギは、胸や背中に長い飾り羽が現れる。眼先が緑がかる婚姻色が現れることもある。
        冬羽では飾り羽がなく、くちばしが黄色くなる。
        チュウサギと似るが、チュウサギは体長が小さい。
        またダイサギはクチバシが長く、また眼下にある口角の切れ込みが眼より後ろまで食い込むことで容易に判別できる。 (Wikipedia より)
         この解説を頼りに、この鳥はダイサギと判定しました。
by higirinikki | 2013-09-11 19:45 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)
<< ■ アカボシゴマダラ   13... ■ センニンソウ   13.9.10 >>