人気ブログランキング |

■ 春を告げるチョウ 3種   14.3.26   (キタキチョウ、モンキチョウ、キタテハ)

桜が咲き暖かな陽射しの中、ようやくチョウの舞う姿が目につくようになった。
名前に「黄」がつくのは偶然でしょうか?


キタキチョウ   14.3.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/220,F8
e0070891_17191324.jpg
        成虫で越冬するキチョウです。気温が上がって、どこかから姿を見せます。
        飛んでいる姿を、この日初めて狐久保の草原で見つけました。
        しかし、配偶者を捜しているのか、パトロールするように往ったり来たりを繰り返していて、いっこうにとまってくれません。
        南門付近で見かけたこのチョウも飛び続けていましたが、疲れた(?)のかやっととまって撮影を許してくれました。


モンキチョウ   3.21   〃   1/1600,F5.6
e0070891_17262622.jpg
        狐久保の石畳道の脇の草崖を往ったり来たりして飛びまわっていました。
        枯れ葉にとまったのかな?と思ったら、ヒメオドリコソウの小さな花から吸蜜していた。


キタテハ   3.23   〃   1/450,F8
e0070891_1731968.jpg
        縄張り争いをしているのか、2頭のキタテハが縺れるように天高く飛び上がっていく姿をよく見かけます。
        空中で別れて、また元の場所に戻ってきて見張っているような、その姿を隙をみて撮影します。
by higirinikki | 2014-03-26 17:34 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ 田んぼの草   14.3.... ■ 桜が開花   14.3.25 >>