人気ブログランキング |

■ アカボシゴマダラの幼虫   14.9.16

早朝歩きをしたこともあって、散策には出ずに休養日に。

ずっと観察を続けていたアカボシゴマダラの幼虫が、きのう蛹になっていた。今朝も無事を確認した。
いつ羽化するのだろうか、立ち会いは無理だろうが、こうなれば「外来種」だなどと言わずに無事の羽化を祈ってやろうと思う。


最初にみつけた8月21日の姿   14.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/240,F8
e0070891_19552414.jpg
e0070891_19554441.jpg
        人通りもある歩道の脇、エノキの幼樹の葉にいるところを見つけました。
        見るからに葉が少ないし、しかも人や鳥などに持っていかれないか、
        無事に羽化までこぎつけられるのか、見届けてやることにしました。 

8月24日の姿
e0070891_201339.jpg


9月8日の姿
e0070891_2013683.jpg
        猛暑の夏、散策頻度が落ちて、観察機会が減りました。
        18日ぶりに無事を確認しました。「何齢幼虫」に相当するのでしょうか。

9月9日の姿
e0070891_2054717.jpg
        ご覧のように葉の数が少なくなってきました。

9月12日の姿
e0070891_207183.jpg
e0070891_2073025.jpg
       3日見ぬ間にずいぶん太っていました。「終齢」でしょうか。

9月13日の姿
e0070891_2093475.jpg
        全身を曝して移動中でした。行く手には葉はないのですが。

9月14日の姿
e0070891_20103371.jpg
        いなくなったのか、やっと葉の陰にいるところを見つけました。

9月15日 蛹姿に
e0070891_20131944.jpg
        「前蛹」状態を見ることなく、「蛹」になっていました。
        一瞬、葉がもう1枚増えたのかと思うほど、蛹は葉の裏にそっくりです。
by higirinikki | 2014-09-16 20:17 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ タマゴテングタケモドキ  ... ■ 蜘蛛 3種   14.9.... >>