人気ブログランキング |

■ “種髪”をつけた種子   14.12.26   (オオカモメヅル、テイカカズラ)

冷たい空気で低い気温、真冬といっていい日。風が弱いのがせめてもの救いだ。
また鳥撮り狙いの散策に。ヤマシギ狙いの多くのカメラマンが大砲レンズを並べていた。

鳥と離れて 「“種髪”をつけた種子」 2種です。今年は同じ仲間の 「ガガイモ」 が見つからないのがさみしいです。


オオカモメヅル   14.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F8
e0070891_19102916.jpg
        古民家の前をうろついていると、
        「舞スター」 の O さんが 「オオカモメヅルの綿毛が飛び出しそうですよ」 と教えてくれた。
        あわてて覗き込んでみると、なるほど、今にも強い風がふくと綿毛が飛び出しそうだった。

        この綿毛、正確には“種髪”と呼ぶそうです。

   12.26   〃   1/280,F8
e0070891_1915292.jpg
        2日たった今日、1本だけ残った種子が飛び出して種髪を引っかけて風に揺れていた。



テイカカズラ   12.26   〃   1/17,F9
e0070891_19171779.jpg
e0070891_19173041.jpg
        駐車場向かいの道路の斜面に絡んだテイカカズラの種子が、裂開した果実から今にも飛び出しそうです。
by higirinikki | 2014-12-26 19:19 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)
<< ■ 羽繕いするタシギ   14... ■ ウソ   14.12.25 >>