人気ブログランキング |

■ 伊豆・城ケ崎海岸を歩く   15.1.18

ウォーキンググループ「悠々会」の1月例会は、恒例の伊東の保養所宿泊を伴って「伊豆・城ケ崎海岸を歩」いてきました。標高の高い伊豆急「伊豆高原」駅を出発、「八幡野漁港」から大室山を形成した溶岩地帯を、高い吊り橋を渡り、常に大島を右手に眺めながらごろごろ道を上下するコースです。
コース最後にある日蓮上人「伊豆法難」ゆかりの蓮着寺から最寄りの「城ケ崎海岸駅」までのゆるい坂道を電車の時間に間に合うよう急ぎ登り、駅に着いた途端に一転黒雲と雨が襲ってきました。駅から見る虹が見事でした。


八幡野漁港   15.1.17   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/170,F9
e0070891_2244373.jpg
        右手に大島、前方に崖が見えます。

アロエの花
e0070891_2285420.jpg
        ちょうど花の時期なのか、アロエのオレンジ色の花が目につきます。
        前方の崖は海に落ち込んでいるので、高い位置にまでいっきに登ります。

坂を下る
e0070891_22113457.jpg
        これから先は、このような急坂を降りたり、登ったりの繰り返しです。

橋立海の吊り橋
e0070891_22123854.jpg
        海面から高い所にある吊り橋、落ちることはないのですがけっこう揺れるのと、下を見ると身がすくみます。

句碑
e0070891_22154988.jpg
        「磯魚の笠子もあかし山椿」という水原秋桜子の俳句を刻んだ句碑のある展望台で一休み。

海岸の眺め
e0070891_22225377.jpg
e0070891_2225874.jpg
        波が溶岩を削って現れた柱状節理の岩石が並ぶ海岸の見事な眺めです。

大島
e0070891_222637.jpg
        手を伸ばせば届きそうなくらいに大きく見える大島が、いつも右手に見えています。

俎岩
e0070891_2229614.jpg
        伊豆に流された日蓮が縛られたという「俎岩」を波が洗っていました。

虹が立つ
e0070891_22334331.jpg
        「城ケ崎海岸」駅から見えた虹です。
by higirinikki | 2015-01-18 22:31 | 交友記 | Comments(0)
<< ■ ソシンロウバイ   15.... ■ アオゲラ   15.1.17 >>