人気ブログランキング |

■ ハンノキ   15.1.31

北風が強いが、よく晴れた日。

谷戸の湿地や畦近くで、ハンノキの花が目立つ。


ハンノキ   15.1.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F8
e0070891_20563843.jpg

   1.31   〃   ISO400 1/750,F8
e0070891_2123175.jpg
        水車小屋の裏手、谷戸田の水路の際に数本のハンノキが生えている。
        雌雄同株・異花だが、雄花序が色づいてきた。雌花序は小さくて目立たない。

        ハンノキは、水湿のある低地に、普通に生える。
        田の畦に植えて、稲木(稲を干すための竿を掛ける木)とされた。(樹木図鑑より)

〃 花序   〃   〃   ISO400 1/280,F8
e0070891_2154225.jpg
e0070891_2155726.jpg
        枝の先端に尾状の雄花序が2~5個、下垂する。
        雌花序は、雄花序の直下の各葉腋に1個づつ、1~5個付く。(同上)

        上の雄花はまだ開いていないが、下は花粉を飛ばし始めたようだ。
        この花粉が喘息を引き起こすこともあるようだ。

        初夏に出現するゼフィルスの仲間「ミドリシジミ」は、このハンノキを食樹としている。
by higirinikki | 2015-01-31 21:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)
<< ■ 小谷戸の里にて   15.... ■ 春の息吹?(2)   15... >>