人気ブログランキング |

水辺の草 タデ科の草花  06.9.27

タデ科タデ属の草のうち、水辺で見られる草花を集めてみました。

      ミゾソバ
e0070891_2147204.jpg
      撮影データ 06.9.24 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200
      1/350,F5.6

谷戸田の山側の湿地で群生しているミゾソバが、例年より遅れて咲き出しました。
葉の形を牛の顔に見立てて、別名「ウシノヒタイ」ともいうそうです。花が終ると花びらが実を包みます。


      アキノウナギツカミ
e0070891_21473892.jpg
      同上  1/750,F5.6

ミゾソバの群落に混じっていて、同じような花が咲くので見分けにくいが、葉の形の違いで見わけてください。
茎に下向きについた棘が多く、「ウナギでもつかめる」ということからきた名前。葉は按針形で基部が矢尻形にはりだして茎を抱いている。


ママコノシリヌグイ
e0070891_21345043.jpg
同上  1/90,F8

棘の生えた茎で継子の尻を拭う、という恐ろしい名前だ。
葉は三角形で、筒状になった托葉の上部が円形になっているのが特徴。コンペイトウのような形に集まってついた花は、上部が赤く、下部は白い。


イシミカワ  05.9.18撮影
e0070891_21401414.jpg
花は緑色で小さく、ほとんど目立たないのですが、果実が色づいてくるとよく目立ってきます。果実は当初の白緑色から紅紫色に変わり、完全に熟すとルリ色になります。
今年は自生地の草刈りで目にできなくなりました。
by higirinikki | 2006-09-27 21:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)
Commented by たけぽ at 2006-09-27 22:25 x
タデ科の三種揃い踏みですね。ママコノシリヌグイが一番最初に咲くように思いますがどうでしょう。
こちらも、同じ場所で3種類見られます。
でもミゾソバが圧倒的に多いです。
イシミカワも湿地の近くに見られますね。
これは今週末の課題です。
Commented by ひろし at 2006-09-27 22:34 x
たけぽさん  そう、ママコノシリヌグイは大分前から咲いていました。
湿地では、ミゾソバが大群落を作りますね。
イシミカワが一番見つけにくいのは何故でしょうか?
Commented by かえで☆ at 2006-09-27 22:43 x
ひろしさん 今晩は~!
タデ科の仲良し兄弟姉妹を 拝見させて頂きました。
こうやって一緒にアップすると特徴が良く分って良いですね♪
可愛い花なのに棘は結構痛いんですよね。
TB有難うございました~こちらもお願いします。m(_ _)m
Commented by ひろし at 2006-09-27 22:49 x
かえで☆さん  三役揃い踏みです。こうして見るとイシミカワは花の形が違いますね。
そう、棘があって茎を引っ張ると痛いんですよね。TBありがとうございます。
<< コスモス  06.9.28 イボクサなど  06.9.26 >>