人気ブログランキング |

人馴れしてきた鳥たち  07.1.16

また被写体が鳥に戻ってしまいます。
11日は、「自然観察会」でバードウォッチングを担当するAさんと、短時間でしたが一緒に散策しました。
不思議なことに、至近距離にいる鳥さんたちと出会い、200mmレンズでそこそこの大きさで撮らせてくれました。冬鳥シーズンが深まって来るとともに、野鳥も人の近くにいる方が猛禽類や猫などに襲われずにすむ、ということを学習してくるからだと思われます。
いいことなのか、悪いことなのか、痛し痒しの状態です。

カワセミ  07.1.11 PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/250,F5.6
e0070891_21161126.jpg
「小谷戸池」を園路から覗き込もうとしたら、先客から「目の前にいますよ」と教えられました。垣根の薮から1mもない枝に姿がありました。


マガモ  1/60,F8
e0070891_21203478.jpg
一回りしてまた戻って来た「小谷戸池」に、今度はマガモの番がいました。マガモは、2年前に「宮田池」で一度だけ出会って撮影できたことがありました。こんな小さな池にどこから飛んできたのでしょうか、不思議なことです。


ウソ  1/180,F5.6
e0070891_2125999.jpg
さて引き揚げようかと通りかかったウツギの木の下、ウソの群れがいっぱいついた実を啄んでいました。彼らも長期間ここで採餌している間に、人は害しないということを学習してしまったようです。

きょうの3枚は、いずれもNo Trimmingです。
by higirinikki | 2007-01-16 21:31 | 舞岡公園の鳥 | Comments(12)
Commented by ゆき at 2007-01-16 22:42 x
1のカワセミ14日に見たのと同じみたいです
人が危害を加えないと思ってくれているのはうれしい事ですね
野鳥が多いのも鳥同士であそこは安心だよって言ってたりして、、
こんなに近くで写真撮れるなんて他ではないですよね 
Commented by ひろし at 2007-01-16 23:02 x
ゆきさん  この池で見る10分前に、古民家裏の池でもカワセミに会って撮影しているのです。はたして同じ個体がここに飛んで来たのか、別の個体だったのか、写真で比較してみたのですがわかりませんでした。慣れないと個体識別はできないですね。
ニホンザルの研究の第一歩は個体識別だそうですが、どうやっているのでしょうね。
Commented by はもよう at 2007-01-16 23:29 x
ひろしさん、こんばんは。
鳥さんの記事、増えましたね。
虫も見る、草も見る、木も見るその目で つぶさに観察されちゃうと、
カマキリのタマゴが内緒のご馳走だったこととか、公園にいる人は
危害を加えないって解ってて、ちょっと気を抜いていたこととか、
みんなばれちゃって 鳥さん達、びっくりしているかもしれません。
今度、舞岡の鳥さん達の間で、
あのおじさんには気をつけろ!っていう噂が流れたりして…。(^^)
Commented by ひろし at 2007-01-16 23:51 x
はもようさん  こんばんは。
ははは、おもしろい見方で評価されたようで、嬉しいと喜んでよいのかな?
でも、鳥見はできるだけ目立たずそっと近づくのが要諦ですから、「あのおじさん」と覚えられないように、これからは変装して行かなくちゃ。
Commented by nekocchi1122 at 2007-01-17 01:00
カワセミ君に星☆☆☆!
綺麗ですね~。
体に似合わず長いくちばしが立派です。
Commented by モッチャン at 2007-01-17 09:28 x
ウソという名の鳥、実物はこんな鳥なんですね。
よく太っていますね。
神社のウソ替えの行事はこの鳥が主役なんですねぇ。。。
Commented by ryuji_s1 at 2007-01-17 15:20 x
200mmで良く撮れましたね
逃げないのです
Commented by naoママ at 2007-01-17 18:16 x
カワセミ、バッチリと撮れましたね。とても色が綺麗!
水辺近くでは、大きなバズーカ砲のようなカメラをアチコチで見かけますが、聞くとみなさん「カワセミ」の待っているようですね。
この色合いを見たら納得です。
ウソと言う鳥の一刀彫の置物が我が家にありますが、このような色をしているのですか・・・
首の周りのあけぼの色が何とも色っぽいですね。
舞岡公園にたくさん!!それだけまだ自然が残っていると言う事でしょうか?そうだとしたら嬉しいですね。

ところでイヌビワか?イチジュクか?分からないような実をUPしました。
ひろしさんの写した「イヌビワ」とはちょっと違って見えますが・・・
でもイチジュクが鳥にも食べられずに、今頃まで残っているものでしょうか?
Commented by ひろし at 2007-01-17 20:39 x
nekocchiさん  星☆☆☆もいただけるのですか、ありがとう。
水に飛び込んで魚を獲るために、長くなる方向に進化したのでしょうね。
Commented by ひろし at 2007-01-17 20:43 x
モッチャン  実を啄む時は体が長く伸びるんです。
40年以上も前、旅行先の大宰府天満宮で「ウソ替え神事」のウソを買ってきたことがありましたっけ。
Commented by ひろし at 2007-01-17 20:44 x
ryujiさん  もちろん、驚かさないように、そっとカメラを構えているのです。
Commented by ひろし at 2007-01-17 20:56 x
naoママさん  「さくらなみ池」の真ん中にある浮島「さくらとり島」は、昨年、カメラマン仲間が手作りしたものです。カワセミが、あの枝先にとまって魚獲りに飛び立ってくれるとカッコ良いのですが。
ウソの首筋の色合いがいいですね。

餌付けだけは絶対やってはダメ、というのが関係者共通の思いです。幸い、まだそういう人が出現していないのですが、園内で猫に餌をやっている人がいるので、油断は禁物なのです。

「俄か植物写真愛好者」なので知識の底が浅くて、疑問にお答えできません。イヌビワは雌雄異株、今頃残っているのは雄果で雌果はとっくに鳥に食べられてしまっているらしい、のですが。(これも間違っているかも。ごめんなさい。)
<< 大相撲観戦 (3)  07.1.17 シジュウカラの採餌  07.1.15 >>