人気ブログランキング |

新顔の鳥たち  07.1.20

「犬も歩けば棒に当たる」という諺。「棒に当たる」は幸運でしょうか、災いでしょうか。
散策中、思わぬ鳥に出会うこともありますが、この場合にこの諺を用いるとすれば、前者の意味になりますね。

メジロ  07.1.13 PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/125,F8
e0070891_2204576.jpg
ヤツデの花を探して舞岡川べりを歩いていると、見つけた花の中に二羽のメジロがいました。この目は何を見ているのでしょうか。

シメ   〃  1/350,F5.6
e0070891_2205987.jpg
瓜久保・カッパ池際の木の高みに「シメがいるよ」と仲間が教えてくれました。逆光の空に抜ける位置で、プラス補正をして撮影してみました。この鋭い目!

コジュケイ  07.1.19  1/500,F8
e0070891_2211498.jpg
駐輪場から宮田池に降りてくる道の脇の湿地の薮際にカサコソ動くものがありました。すこし遠いので警戒心が薄いのか、気づかなかったのか、一心に採餌していました。

コガモ   〃  1/30,F8
e0070891_2214683.jpg
カッパ池の枯れた蘆の中で小さな、まさに小ガモがこちらも一心に泥を掬っては採餌していました。
by higirinikki | 2007-01-20 22:22 | 舞岡公園の鳥 | Comments(10)
Commented by ディック at 2007-01-21 19:07 x
うーむ、メジロがカメラマンに「おまえ、何者だ!?」と睨んでいるような感じが…(笑)
Commented by ryuji_s1 at 2007-01-21 19:33 x
コジュケイ
良く撮れましたね
この鳥さん逃げ足が速いのですが
Commented by nekocchi1122 at 2007-01-21 19:54
ディックさんは鳥の名前までよくご存知なのですね~^^
うちのお隣にミカン系の木があって、尻尾の長いスズメより大きいグレー?系の鳥が3・4羽実をつついていました。何鳥なのかな~と思いつつひとしきり見入ってしまいました。
Commented by ひろし at 2007-01-21 22:35 x
ディックさん  やはり、そう見えますよね。
鳥にも意思が目に出ると思うのですが。
Commented by ひろし at 2007-01-21 22:37 x
ryujiさん  よくご存じですね。
「チョットコイ、チョットコイ」と誘いながら、「はいはい」と言いながら近づこうとすると、さっさと逃げてしまうんですよね。
Commented by ひろし at 2007-01-21 22:43 x
nekocchiさん  > 尻尾の長いスズメより大きいグレー?系の鳥
もしや「ピーピー」と高い声を上げていませんか?もしそうなら、ヒヨドリだと思います。果物大好き、というより害鳥です。
Commented by ディック at 2007-01-22 20:09 x
ひろしさん、スズメの倍くらい体長で、嘴が長細く、薄茶色で、ギーと変な声で鳴くのは何でしょうか?
Commented by ひろし at 2007-01-22 20:54 x
ディックさん  お尋ねの鳥、こちらもヒヨドリだと思います。
鳴き声を字で表すのはむずかしいのですが、ヒヨドリの語源は「ピーヨ鳥」だと、私は思います。古代日本語の「ヒ」は「ピ」と発音していたそうですので。
この Blog の昨年12/30でヒヨドリを紹介していますので、確認してみてください。
Commented by ディック at 2007-01-23 19:54 x
ははあ、記事の写真を確認しました。ぼくの質問の答えもたぶんヒヨドリでしょう。この界隈ではカラスに次いでよく見かけるし、けっこう騒がしく鳴いています。
さて、梅が咲き始めると、メジロが絵になるのできてほしいですね。たしか昨年だか一昨年だか、梅とメジロというのを撮ったような記憶があります。
Commented by ひろし at 2007-01-24 22:29 x
ディックさん  「梅に鶯」と言い条、実際にはウメにメジロの季節が間近ですね。
<< きょうも鳥です  07.1.21 トゲのある木の冬芽  07.1.19 >>