人気ブログランキング |

■ あおい実   07.7.10

ウワミズザクラの実がどうなっているかを思い出しました。
ウワミズザクラが二本ある舞岡川の源流部には、「さんぽ道」が整備されている。途中、見上げるといろいろの常緑樹にあおい実がついていました。


ウワミズザクラ   07.7.9   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_20341745.jpg
        実の大きさは確定して、赤く色づき始めていました。
       秋には真っ赤になるのでしょう。


シラカシ   〃    1/30,F8
e0070891_20371490.jpg
        いわゆるカシの実として大きくなっていくのでしょう。


ムラサキシキブ   〃    1/90,F8
e0070891_20392299.jpg
        実つきが悪いですが、秋にはムラサキ色に実ります。


コブシ   〃    1/10,F8
e0070891_20415579.jpg
        コブシの実、この後の変化をご存じですか。忘れずに、また紹介しましょう。


ミズキ   〃    1/15,F8
e0070891_20433626.jpg
        ミズキの実は秋には黒く実ります。
by higirinikki | 2007-07-10 20:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)
Commented by ゆき at 2007-07-10 22:31 x
こんばんは 実の形は同じようなのに良く分かりますね
葉をみると何の実ってすぐ分かるなんてすごいです
コブシの実先日行ったとき古民家の方が人のコブシに似てるから
コブシって言うのですよって教えてくれました 本当ですか?
Commented by ディック at 2007-07-10 23:01 x
コブシって、ひとつひとつの花の実が、隣り合った実とくっつくのでしょうか? どうしてそんなことが簡単に起きるのでしょう。そうなりやすい理由があるのでしょうか。メカニズムも知りたいですね、
Commented by ひろし at 2007-07-10 23:37 x
ゆきさん  その通りです。この写真も、まるで薄手の布で握り拳を覆っているように見えませんか?
南門の近くに何本かのコブシがありますから、今度来られた時に探して見てくださいね。
Commented by ひろし at 2007-07-10 23:40 x
ディックさん  メカニズムはわかりませんが、花から赤い実になっていく過程がわかる写真が、次のサイトに掲載されていました。

岡山理科大学植物生態研究室(波田研)
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/magnoliaceae/kobusi/kobusi.htm

ご覧になっては。
Commented by はもよう at 2007-07-11 09:40 x
ひろしさん、おはようございます。
ウワミズザクラ…私も見てきました。図鑑の写真の真っ赤な実は、9月に撮影されたものと書いてありましたので、最優先で見守り中です。(^^)

ふふふ…、コブシ。これは花から実、種までも もお、意外性と見所 てんこ盛りです。
ひろしさんのブログにいらっしゃるお客様のためにも、是非是非、最後の最後まで、経過観察&ご発表をお願いします。
お客様方には「乞うご期待!!」と申し上げたいですねぇ。
ついでにハクモクレンと比較するとまた、楽しいです。(^^)

どんぐりの木は去年の不作分を取り返そうと、どの木も鈴なりですねぇ。
Commented by ひろし at 2007-07-11 11:17 x
はもよう さん  おはようございます。
ウワミズザクラの実の観察は今年が初めてですので、これからが楽しみです。
コブシの観察は、もう5年目に入るので見慣れていますが、何回繰り返しても不思議な行程です。ハクモクレンと比較するのも面白いですね。
ドングリ、たしかに去年は不作でした。今年は、いろいろの種類をジックリと観察してみますね。

はもよう流に「シッカリ」とはいかないでしょうが、写真が撮れるといいのですが。
Commented by nekocchi1122 at 2007-07-11 12:52
次に繋げていける写真が満載ですね^^
こんなにたくさん、いえもっとたくさんあるんでしょうから目が離せませんね^^
Commented by ひろし at 2007-07-11 19:43 x
nekocchiさん  目を離せない対象が多すぎかな。
忘れずに追跡しなくては。
<< ■ 夏のチョウ   07.7.11 ■ 小谷戸の里の草花 (3) ... >>