人気ブログランキング |

■ 持つべきものは・・・   08.7.2   (アサギマダラ、ビロードハマキ、マダラアシゾウムシ)

きのうも午後涼しくなる頃を見計らって散策にでました。
散策お仲間から、中の上屋前の草の名を問われて 「カラスビシャクです」 とお教えしました。
そのお礼でしょうか、「アサギマダラ」 と 「ビロードハマキ」 の撮影場所を教えてくれました。


アサギマダラ   08.7.1   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/30,F9.5
e0070891_18165228.jpg
        チョウ目 タテハチョウ科
        大きさ (前翅長)43-65mm
        時 期 4-7月、9-10月
        分 布 本州・四国・九州・沖縄
        移動性が強く、マーキング調査では数百キロも離れた場所で発見されたりする。

        3年ぶりの再会です。咲き始めたオカトラノオの花の下から上に吸蜜しては、
        隣りの株に移り、30分以上はここにとどまっていました。


ビロードハマキ   〃   〃   ISO800 1/20,F9.5
e0070891_18254155.jpg
        チョウ目 ハマキガ科
        (開張(mm)) ♂34-40 ♀40-59
        (分布) 本州、四国、九州
        (成虫出現月) 6-7,9-10

        ロウバイの葉に翅を半開きにしてとまっています。
        ご覧のように鮮やかな色彩・模様のガです。
        普通は前翅を閉じているので、後翅を見ることはほとんどできないそうですが、
        片方の前翅の先端が欠けているので、閉じることも飛ぶこともできないようです。



マダラアシゾウムシ   〃   〃   ISO800 1/15,F9.5
e0070891_18364097.jpg
e0070891_18372373.jpg
        甲虫目カブトムシ亜目 アナアキゾウムシ亜科
        大きさ 15mm前後
        時 期 5-8月
        分 布 本州・四国・九州
        穴だらけの体にこぶ状の突起があり、あしには輪状の斑紋があるゾウムシ。

        これも3年ぶりの再会です。散策のたび、ヌルデの幹を覗き込んで所在を確認してきました。
        横からの光線で体が浮かび上がって見えました。
        正面からでは、ヌルデの幹の模様と紛れて見つけることは至難の技が必要です。
by higirinikki | 2008-07-02 18:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(12)
Commented by ディック at 2008-07-02 20:23 x
一番上の写真、オカトラノオの白い花と蝶の色と、背景の緑のボケと、配色が抜群ですね。
Commented by YAKUMA at 2008-07-02 21:59 x
こんばんは
オカトラノオの花、しっかりと垂れていますね。
アサギマダラは、去年栃木へ旅行に行ったとき、山の上で見ました。
面白い飛び方をしていましたが、横浜でも見られるんですね。
Commented by ひろし at 2008-07-02 22:42 x
ディックさん  そこにきましたか。
配色まで考えて構図をとるなんて余裕はありません。
刻々と位置を換えるチョウの動きを追うのが精一杯でした。
Commented by ひろし   at 2008-07-02 22:55 x
YAKUMAさん  当地では年に2~3回、目撃・撮影されるようです。
ここで繁殖しているのでなく、西方から飛来してくるのでしょうか。
Commented by はもよう at 2008-07-03 11:33 x
ひろしさん、おはようございます。
ほほぉ、綺麗なチョウチョに、目立つ蛾と 目立たないゾウムシの三種盛りですね。
いろんなヤツが居るなぁ。(’O’ ) 

マダラアシゾウムシ…ここにいるよと言われても。きっと見つけられない気が…(^^;)
Commented by 蛙太郎 at 2008-07-03 16:38 x
ビロードハマキ 凄い色をしてますね。
外国に来たような色合いですよ。
Commented by ひろし at 2008-07-03 21:20 x
はもようさん  虫の世界にはいろんなヤツがいて楽しいですよ。
そう、初めて教えられた時は、いくら目をこらしても見えてきませんでした。
人の目をくらますことも大事な生き残り術なのでしょうね。
Commented by ひろし at 2008-07-03 21:22 x
蛙太郎さん  凄い色・模様をしていますね。
こいつを探して3年、ついに自力では見つけられませんでした。
Commented by ディック at 2008-07-03 21:31 x
ひろしさん、そうなると配色はもう、自然そのものの美しさが素直に表現されているということで…。
Commented by ひろし at 2008-07-03 21:42 x
ディックさん  そう、自然そのものは何処を切り取っても本来的に美しいものだと思います。
美しくないものにしているのが人間、ではないでしょうか。
Commented by yaso-bana at 2008-07-03 22:02
ビロードハマキって言うんですか・・・初めて見ました。
こんな派手な「蛾」がいるんですね~。
Commented by ひろし at 2008-07-03 22:09 x
yaso-bana さん  チョウとガは科が違うだけの仲間ですから、ガの中にはチョウより綺麗な姿をしたものもいます。
私も始めて見たのです。しかも翅が傷んでいたおかげで、普通は見られない後翅まで見えたのですから幸運でした。
<< ■ シロツメクサは人気者   ... ■ ピンクの花 (2)   0... >>