人気ブログランキング |

■ 雨上がりのキノコ   08.9.4   (キツネノハナガサ、タマゴテングタケモドキ、ニオイコベニタケ)

ゲリラ大雨はまだ各地で降っているようです。今日は「雨かも」の予想がはずれて湿った暑い日でした。
きのう、「雨上がりのキノコ大発生」の期待通り、多くのキノコを見つけました。大半は同定不能でしたが、同定できた3種を紹介しましょう。


キツネノハナガサ   08.9.3   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/20,F8
e0070891_192393.jpg
        所在地は「秘密」。可愛いキノコで、よく見つけたものです。

        キツネノハナガサ   ハラタケ科
        夏~秋、林内の落葉より発生。傘は小型で弱々しい。
        幼時長卵形、のちに平らに開き、さらに反り返って皿状になる。
        表皮は淡黄色の粉状の鱗片をかぶる。
        生長すると傘の中央部から扇面状の溝が周辺に向かって放射状に広がる。
        傘の中丘は黄色。柄は細くて弱く、はかないつばをつける。 出典『山渓フィールドブックス きのこ』


タマゴテングタケモドキ   〃   〃ISO200 1/10,F8
e0070891_19131667.jpg
e0070891_19124511.jpg
        「さくらなみ池」のほとり、駐輪場へ登る山道の際“キノコ3兄弟”を見つけました。
        こんなに立派なタマゴテングタケモドキに出会ったのは初めてでした。

ニオイコベニタケ   〃   〃ISO400 1/30,F8
e0070891_19172885.jpg
        瓜久保「かっぱ池」の畔、柵の下の草陰に大きなニオイコベニタケが、大きな傘を開いていました。
by higirinikki | 2008-09-04 19:19 | 舞岡公園のキノコ | Comments(2)
Commented by 蛙太郎 at 2008-09-05 15:19 x
マッタケでもそれ1本出せれれば 判別できるかな?
難しいのに良くご存知ですね。
感心しております。
Commented by ひろし at 2008-09-05 22:06 x
蛙太郎さん  雨上がりにはキノコがたくさん発生します。
撮影枚数に比べて同定できた枚数は、ほんの僅かで「死屍累々」です。
何の因果かこれに懲りずに、キノコを見つけると撮影してしまうのです。
<< ■ ツルニンジン(ジイソブ) ... ■ ヤブガラシに来るチョウ  ... >>