人気ブログランキング |

■ 初見の花の仕組み   08.9.27   (イタドリ、カラムシ)

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うとおり、今日は気温が下がって肌寒い日になりました。このまま秋が深まっていくのでしょうか。

在庫写真の中から、足かけ6年の観察で初めて見つけた草の花にしました。


イタドリ   08.9.17   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/350,F8
e0070891_18364366.jpg
e0070891_18382392.jpg
        今まで見たことがないのが不思議なのですが、公園の駐車場に入るロータリーの脇に花をつけていました。
        根は虎杖根と呼ばれ、利尿剤、緩下剤などに使われ、若い茎は酸味があって皮を剥いて生で食べたり、塩漬けにして保存食にもします。
        雌雄異株で、この株は雄株です。雄しべが花より長いですね。


カラムシ   9.20   〃   1/45,F8
e0070891_1843264.jpg
        同じイラクサ科に属するヤブマオはいくらでも見られるのに、なぜかカラムシはいくら探しても見つかっていませんでした。
        園路南端近くのゴンズイの木の向かいに、ヤブマオに似た草が花をつけていました。
        ヤブマオはとっくに花が咲いて、独特な丸い実をつけています。これがカラムシでした。

        茎を蒸して皮を剥ぎ、繊維をとったので草麻苧(クサマオ)とも呼ばれるそうです。
        雌雄異花で、雌花は茎の上部に、雄花は下部につきます。
e0070891_1851760.jpg
        雌花です。ヤブマオの実のつき方と似ています。
e0070891_1852324.jpg
        雄花です。茎のつけ根近くにありました。こんなに少ない花で、雌花に十分な花粉を供給できるのでしょうか。
by higirinikki | 2008-09-27 19:09 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)
Commented by oohay7901 at 2008-09-27 19:36
木々の実は難しいですね。
名前の特定や特徴 知りません。
個々に花を見ると綺麗なものですね。
私の今日のアップは「三大聖天の一つ 熊谷市の妻沼焦点さん」です。
彼岸花が咲いていました。
200年以上続く稲荷寿司もありました。
Commented by ひろし at 2008-09-27 20:27 x
oohay さん  人それぞれですが、強い関心を持てばわかってくるものもあります。
Commented by yaso-bana at 2008-09-27 23:49
イタドリの花が、ここまで開いているのを、気付けば今まで見ていませんでした。
何度も遭遇しているし、撮ってもいたつもりでしたが自分でも意外でした。
綺麗な花だったんですね~。
Commented by zeiphoto at 2008-09-28 17:17
イタドリは今花盛りですね^^ 
子供の頃、イタドリを食べた記憶がありますが確かに酸味があったように思います。
この花が落ちてクモの巣にたくさん引っかかっているさまはなかなか面白いですよ。
Commented by ひろし at 2008-09-28 19:03 x
yaso-bana さん  私も撮影した時は気づきませんでしたが、PCで確認してみて可愛らしい花なのでビックリしました。
Commented by ひろし at 2008-09-28 19:07 x
zei さん  私はいちおう都会育ちなので、イタドリもスイバも咬んだことがありませんでした。
酸っぱいのでしょうね。
クモの巣との組み合わせ、探して撮ってみますね。
Commented by たけぽ at 2008-09-28 21:26 x
こちらもイタドリの花が咲いています。
8月に北海道に行ったら、函館から苫小牧あたりまで延々と咲いていました。
こちらよりもだいぶ花の時期が早いようです。
花後の実も特徴的なので、こちらも楽しみですね。
Commented by ひろし at 2008-09-28 23:08 x
たけぽさん  北海道ってすごい所ですね。
これは雄株ですので、花後の実を見るには雌株を探さないといけないのです。
さて、どこにあるのかな?
Commented by none33 at 2008-09-29 18:21
イラクサ科のお花、今年初めて知っていくつか会うことが・・というより
気づくことが出来ましたがカラムシはまだ出会えていません。
会えるのを楽しみに探して歩いてみます。
Commented by ひろし at 2008-09-29 23:16 x
none さん  ようこそ、おひさしぶりですね。
やっぱり、カラムシって見つけにくいのですかね。
会えるといいですね。
<< ■ コメ作り - 稲刈り   ... ■ タデ科の花   08.9.... >>