人気ブログランキング |

2006年 11月 12日 ( 1 )

虫こぶ  06.11.12

10.26に撮影した正体不明のもの。ひょんなことで、「あれはヌルデについた虫こぶだ」と思い当たりました。
そこで、虫こぶ3種を紹介しましょう。

ヌルデ
e0070891_228756.jpg
撮影データ 06.10.26 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8

これはアブラムシの仲間が寄生してできた虫こぶ。これを五倍子(フシ)と呼び、タンニンを採取してインクや薬用に利用した、そうです。


ガマズミ  04.9.13撮影
e0070891_22143166.jpg
この虫こぶ(ゴール)の名前は「ガマズミミケフシ」。形成者は「ガマズミミケフシタマバエ」。つまり、実の中には、タマバエ(ゴールを形成する蝿の仲間)の幼虫、すなわち蛆虫(うじむし)がいます。この幼虫は、落下した実の中で越冬して、5月に羽化するそうです。


クリ  05.4.18撮影
e0070891_22181473.jpg
これは「クリタマバチ」が産卵し幼虫が中で育っている「虫コブ」。これができると、先の葉や枝の成長がなくなるのだそうだ。
by higirinikki | 2006-11-12 22:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)