人気ブログランキング |

2013年 02月 13日 ( 1 )

■ マンサクの仲間   13.2.13

青空がもどってきた。気温は真冬のそれだが、風が弱ければ寒さもそれほどではない。

園内では 「マンサク」 が満開ちかくなっている。でも、よく見ると微妙に色合いや葉の付き方が違う。
リンク先トップにある 「里山再生計画」 の記事を参考に分類してみた。自己流なので、「そんなに種類があるのか」 と思っていただければ、と思います。


マンサク(在来種)   13.2.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/320,F5.6
e0070891_20152396.jpg
        園路際にある株。「花つきが悪くて、開花も遅め。こぶりの黄色い花」 がやっと一つ咲いている。
        今、書いたことが「在来種」の特徴のようです。


シナマンサク   2.13   〃   ISO800 1/950,F5.6
e0070891_20262014.jpg
        いつまでも枯れ葉がついているし、花が大ぶりで、いっぱい咲かせる。
        真っ黄色や橙色もあるようだ。
e0070891_20301383.jpg
        紅色の花だが葉っぱもいっぱい。これもシナマンサクだろうか。


マンサク(インターメディア 赤花系)   2.8   〃   ISO800 1/400,F8
e0070891_20335560.jpg
        枯れ葉は残っていないが、真紅の花がいっぱいついている。園芸種だという。
        在来種に 「アカバナマンサク」 というのがあるようだが、これは違う。
e0070891_2036051.jpg
        古民家裏の株の花に超接近してみた。

マンサク(インターメディア 黄花系)   2.8   〃   ISO800 1/250,F8
e0070891_2040404.jpg
        駐輪場の外で花いっぱいの状態。枯れ葉がそれほどついていないので、インターメディアだと思う。
by higirinikki | 2013-02-13 20:37 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)