人気ブログランキング |

カテゴリ:舞岡公園の草木( 1673 )

■ 春の兆し   15.2.19   (ネコヤナギ、フキノトウ、ミツマタ)

暦の上で「雨水」、雪から雨にかわる季節の変わり目とか。ひさしぶりに陽射しもあって暖かな一日でした。

一週間前の画像ですが、春を感じさせる蕾たちです。


ネコヤナギ   15.2.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/550,F8
e0070891_19422683.jpg
        蕾の帽子を脱いで綿毛姿になっている。今頃は、赤紫の花の色にかわりつつあるのだろう。


フキノトウ   〃   〃   1/25,F8
e0070891_19444872.jpg
        小谷戸の里の入り口付近で見つけました。
        わが家の庭でもフキノトウが顔を覗かせ始めています。


ミツマタ   〃   〃   1/1400,F4
e0070891_19464129.jpg
        蕾が膨らんでいます。「三椏」、三つの叉になっていて、名前の由来がわかりますね。
by higirinikki | 2015-02-19 19:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 芦の原   15.2.18

一日中、冷たい雨が降り続く寒い日。雪になるほど、気温が下がってくるわけではなかったようだが。

谷戸の芦原が綺麗な光景を見せている。茅葺屋根の材料になるほど大量にはないが、ススキと違って湿地に生えるので水との組み合わせがよい。


芦の原 1   15.2.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/300,F8
e0070891_17552848.jpg
e0070891_17554312.jpg
        「堆肥場」に続く谷戸の湿地、溜まった水に生えている芦です。
        草刈りで残された箇所ですが、鳥の隠れ家にも利用されています。


芦の原 2   2.12   〃   1/350,F8
e0070891_181990.jpg
e0070891_1813071.jpg
        水車小屋の裏手の芦原です。左と右の景観に違いが見える。
        右側は、穂先が揃って見えて綺麗です。
by higirinikki | 2015-02-18 18:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ マンサク 各種   15.2.16

今日の朝、小谷戸の里は-4℃だった。昼間は気温があがったが千葉まで往復、疲れた。

里山では植栽されたマンサク各種が花盛りです。


シナマンサク   15.2.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/350,F5.6
e0070891_19362235.jpg
        「さくら広場」トイレ前で、開花してから長期間咲いている。枯れ葉もいつまでも落ちない。


マンサク   2.12   〃   1/340,F5.6
e0070891_19374150.jpg
      古民家裏山で、遠めで近接撮影がかなわないが。


マンサク(インターメディア系)   2.15   〃   1/550,F5
e0070891_1941359.jpg
        瓜久保で、ようやく満開近くなってきた。散歩する人の目を引いている。
by higirinikki | 2015-02-16 19:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 白梅   15.2.10

3日間ご無沙汰していた公園散策、風が弱い所では陽射しが暖かだった。

4日前の白梅です。


白梅   15.2.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1400,F6.4
e0070891_2082930.jpg
e0070891_2083966.jpg
e0070891_2084721.jpg

by higirinikki | 2015-02-10 20:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 瓜久保にて   15.2.3   (マンサク、紅梅、ソシンロウバイ)

今日は節分、明日の立春の前日です。古民家では「豆撒き」行事が行われた。
何を隠そう、私が年男であることを明かしたところ「豆撒き人」に指名され、古民家の座敷と縁側で、舞岡流の掛け声「福は内、福は内、鬼は外」を繰り返して豆を撒いてきました。

きのうの瓜久保で咲いていた花です。


マンサク   15.2.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/125,F8
e0070891_20314751.jpg
        瓜久保に入って左側に数本、これから赤橙色のリボンいっぱいの花が満開になります。
        この品種も「インターメディア系」かな?

紅梅   〃   〃   ISO400 1/680,F8
e0070891_20422136.jpg
        強く剪定を受けていて、花はこの群れだけです。


ソシンロウバイ   〃   〃   ISO400 1/340,F8
e0070891_20354250.jpg
e0070891_20424625.jpg
        1月19日に「そろそろ花盛りが過ぎつつある」と紹介しましたが、いえいえ、今でも満開です。
        黄色い花がいっぱいです。
by higirinikki | 2015-02-03 20:44 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小谷戸の里にて   15.2.1   (ガマズミ、ミツマタ、コウヤボウキ)

きのう、カリントウの食べ過ぎかと思われる胃痛になり、今日は用心のため「おかゆ」だけを食している。よって「休養日」に。青空の散策日和だったのに、家でじっとしていた。

26日の散策で出会ったものです。


ガマズミ   15.1.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/400,F5
e0070891_1827343.jpg
        寒くなって赤い実が萎びてきた。甘味が増して、鳥が喜びそうだ。


ミツマタ   〃   〃   1/150,F8
e0070891_1829028.jpg
        開花するのはまだ先のことだが、蕾が大きくなってきた。


コウヤボウキ   〃   〃   1/28,F8
e0070891_18311177.jpg
        これを集めて箒にした?


剪定作業   〃   〃   1/28,F8
e0070891_18331351.jpg
        女性スタッフ二人が、サルスベリの枝の剪定作業をしていた。
by higirinikki | 2015-02-01 18:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ハンノキ   15.1.31

北風が強いが、よく晴れた日。

谷戸の湿地や畦近くで、ハンノキの花が目立つ。


ハンノキ   15.1.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F8
e0070891_20563843.jpg

   1.31   〃   ISO400 1/750,F8
e0070891_2123175.jpg
        水車小屋の裏手、谷戸田の水路の際に数本のハンノキが生えている。
        雌雄同株・異花だが、雄花序が色づいてきた。雌花序は小さくて目立たない。

        ハンノキは、水湿のある低地に、普通に生える。
        田の畦に植えて、稲木(稲を干すための竿を掛ける木)とされた。(樹木図鑑より)

〃 花序   〃   〃   ISO400 1/280,F8
e0070891_2154225.jpg
e0070891_2155726.jpg
        枝の先端に尾状の雄花序が2~5個、下垂する。
        雌花序は、雄花序の直下の各葉腋に1個づつ、1~5個付く。(同上)

        上の雄花はまだ開いていないが、下は花粉を飛ばし始めたようだ。
        この花粉が喘息を引き起こすこともあるようだ。

        初夏に出現するゼフィルスの仲間「ミドリシジミ」は、このハンノキを食樹としている。
by higirinikki | 2015-01-31 21:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の息吹?(2)   15.1.30   (マンサク、白梅、ウグイスカグラ)

夜半から10時頃まで雪が降っていた。雨にかわっても気温が上がらずとても寒い1日だった。
春の息吹?の第2弾です。


マンサク   15.1.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/220,F8
e0070891_202027100.jpg
        古民家の裏庭で咲き始めている。品種を何というのか、「インターメディア系」だったかな?


白梅   1.29   〃   ISO200 1/350,F8
e0070891_20223463.jpg
        谷戸の最奥の陽当りのよい山際、いつも一番早く開花する白梅です。


ウグイスカグラ   〃   〃   ISO200 1/320,F5.6
e0070891_20244764.jpg
        東門から谷戸に下りていく道の際で、思いがけず見つけた花です。
by higirinikki | 2015-01-30 20:25 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ フクジュソウ   15.1.28

予報通りに寒気団が南下してきて冷え込みがきつくなった。午前中でかけた小谷戸の里では餅つきが行われていたが、食事会はさすがに庭にシートを敷いてというわけにはいかず、会議室で行われた。

寒くなったり、きのうのように4月の暖かさになったり、草花にはつらい(?)季節のようです。そんな中、里山各所でフクジュソウが開花している。


フクジュソウ 膨らむ蕾   15.1.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/1000,F5.6
e0070891_183634.jpg
        「なかまるの丘」麓で、いっぱいの陽射しを浴びて早くも蕾が膨らんできた。

〃 開花   1.26
e0070891_18383438.jpg
      2日後、右の蕾が開いた。

   1.27
e0070891_184033100.jpg
        きのうの暖かさで開花がすすんでいた。


〃 膨らむ蕾   1.24   〃   1/340,F8
e0070891_18433338.jpg
        古民家裏庭では若干遅れているが、最初に蕾姿を見せ始めている。

〃 開花   1.26
e0070891_18445358.jpg
        開花し始めた。
by higirinikki | 2015-01-28 18:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の息吹?   15.1.27   (オオイヌノフグリ、紅梅、シナマンサク)

夜半の雨が上がって、気温がぐんぐん上がってきた。このまま春になる、わけではなく、夕方から強力な寒気が南下してくるらしい。

鳥ばかり撮っている内に「春の息吹」に気がつかなくなっていた。


オオイヌノフグリ   15.1.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/480,F8
e0070891_17565430.jpg
        日溜まりで咲く花を見つけた。

        (Wikipedia)によると  「秋に芽を出して他の植物が繁茂しない冬に横に広がって育ち、
        早春に多数の花をつけ、春の終わりには枯れてしまう。夏の間は種子で過ごす。
        寒さに耐えるため、細胞内の糖濃度を高める機能を持ち、葉と茎に生える短い毛で雪と霜を遠ざけて保温する。」 
そうだ。

 
紅梅   1.24   〃   1/300,F8
e0070891_17592479.jpg
        瓜久保の奥で2~3輪の紅梅が咲いていた。


シナマンサク   1.26   〃   1/1100,F5.6
e0070891_1823063.jpg
        「さくら広場」のトイレ前のシナマンサク。
        その特徴である枯れ葉を枝につけたまま、オレンジ色の花が綻び始めている。
by higirinikki | 2015-01-27 18:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)