人気ブログランキング |

<   2005年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 05.10.31  センボンヤリ

e0070891_23102537.jpg 撮影データ 05.10.19
PENTAXistDs 100mm/macro 1/6,F8

「花は春と秋に咲く。春の花は直径1.5cmほどで白い舌状花にふちどられている。秋の花はつぼみのまま開かない閉鎖花で、これが大名行列の千本槍のように見えるのでこの名がある。」と図鑑の説明。

舞岡公園では小谷戸の里の花壇に植栽されている。

e0070891_231932.jpgしばらくすると果実が開いた状態になる。これが千本槍に見える。

e0070891_18134177.jpgこれが4月上旬に咲く春の花、ふつうの花に見えます。

by higirinikki | 2005-10-31 18:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

 05.10.30  ヤツデ

e0070891_18281478.jpg
 撮影データ 05.10.30 FinePixS9000 28-300mm 1/27,F8

舞岡公園内のヤツデが一斉に白い蕾を膨らまし始めています。小谷戸の里のトイレ脇の株にも白い花が咲き始めていました。この花を何気なく広角接写撮影してみたのですが、花の構造がよくわかってとてもおもしろかったです。
めしべ(?)が5本ずつ、花びら(?)がめくれ返って蜜のようなもので濡れていますね。そこに、アリがきていたなんて、写真を見て初めて気づきました。
by higirinikki | 2005-10-30 18:40 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

 05.10.29  ハリガネオチバタケ

e0070891_18113411.jpg
 撮影データ 05.10.21 PENTAXistDs 100mm/macro 1/6,F8

初めて見た時は、まさかキノコとは想像もつかず、何かの樹木の芽生えかと思い「樹木鑑定サイト」に問い合わせてしまいました。「このようなタイプのキノコを、落ち葉分解菌といいます。キシメジ科の「ハリガネオチバタケ」のように見えます。」との回答を即座にもらいました。

舞岡公園の園路脇の下草を刈った所で9月8日に見つけたものです。よく見ると、コナラの落葉が固まっている所から生えていました。ふだんは、下草に隠れてひっそりと生えているのでしょう。すでに50日以上経っていますが、今も同じ姿をしていて雨が降ったあとは傘がすこし広がっていました。
by higirinikki | 2005-10-29 18:22 | 舞岡公園のキノコ | Comments(2)

 05.10.28  マユミ

e0070891_17322879.jpg
 撮影データ 05.10.25 PENTAXistDs 100mm/macro 1/60,F8

「赤い実」シリーズ第5弾。昔、この木で弓を作ったのが名の由来というから、丈夫な木なのでしょう。果実は四角形で、淡紅色に熟すと4つに割れて、赤い皮につつまれた種子が顔をだします。写真はすこし時期が早くて、赤い実が顔を出し始めたところです。
この株は舞岡公園内の水車小屋のそばに植栽されています。2年前からずっと観察していますが、去年は花つきが悪く、今年は沢山ついたものの赤くなるのが遅いようです。

e0070891_17392212.jpg5~6月に咲く花は十字形をした独特な形をしていて可愛いものです。

by higirinikki | 2005-10-28 17:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

 05.10.27  ホソヒラタアブ

e0070891_2059430.jpg
 撮影データ 05.10.25 PENTAXistDs 100mm/macro 1/180,F8

舞岡公園の木道脇にはアキノウナギツカミが群生して、以前とりあげたミゾソバと競うように似たような姿で花を咲かせています。いつも花びらが閉じているように見えるのですが、この花に小さなアブが吸蜜していました。本当に小さいのですが、クローズアップして見ると見事なタイガーストライプをしています。これも写真に切り取ってみて初めてその美しさに気づかされたことでした。
by higirinikki | 2005-10-27 21:12 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

 05.10.26  ヤマトリカブト

e0070891_18212419.jpg
 撮影データ 05.10.25 PENTAXistDs 100mm/macro 1/10,F8

この花は、舞岡公園では一昨年、昨年ともに見たことがなかった。この日、今年初めて「星野富弘詩碑」近くの園路斜面で花を咲かせていることに気づいた。
トリカブトはよく知られた毒草(付子:ブスというのはこれから取った毒薬)。「本州中部地方以北の山野に普通に見られる多年草」。鳥兜とは,舞楽のとき、楽人・舞手がかぶる兜ということで、特徴的な花の形がそれに似ているから、という。
「トリカブト殺人事件」がワイドショーを賑わせたのはいつだったろうか。それを思い出すと、ここに生えている株は本当に野生なのだろうか?と、つい思ってしまった。
by higirinikki | 2005-10-26 18:31 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

 05.10.25  ムラサキシキブ

e0070891_1861536.jpg
 撮影データ 05.10.25 PENTAXistDs 100mm/macro 1/10,F8

舞岡公園の縁の舞岡川沿いでは、いわゆるムラサキシキブ(本名コムラサキシキブ)ではない本家ムラサキシキブが、小粒ながら薄紫色の実をいっぱいつけています。木も細身ですが大きく枝を広げています。きれいに画面を切り取るのが難しいのですが、よく見ると枝先には早くも冬芽が用意されていて、何か顔のようなものに見えます。

e0070891_18114580.jpg6月上旬には、薄桃色のかわいい花がむらがって咲きます。

by higirinikki | 2005-10-25 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

 05.10.24  立石海岸の夕日

e0070891_19221632.jpg
 撮影データ 05.10.24 auケータイ

おとといから、娘が3歳と1歳の孫娘二人を連れて我が家に逗留していたので、外出せずに子守り遊びに精出していました。午後、三人が次なる滞在先に出発して寂しくなったので、夫婦で三浦海岸へドライブにでかけました。快晴だったので、お目当ては三浦海岸西岸の夕日がきれいに見えることで有名な立石海岸です。目論見通り、左から伊豆大島、天城山塊、箱根連山、富士山、丹沢山塊が黒々と連なって見え、伊豆半島の付け根あたりに夕日が沈んでいく光景をゆっくり見ることができました。
by higirinikki | 2005-10-24 19:37 | おでかけ | Comments(2)

 05.10.23  ホシホウジャク

e0070891_2347446.jpg
 撮影データ 05.10.19 PENTAXistDs 100mm/macro 1/125,F3.5

舞岡公園で現在観察できるユニークな昆虫がこれです。ちょっと見は「ハチ?」。園内ではアザミの紫の花と、このホトトギスの花でさかんに吸蜜しています。この写真は小谷戸の里、事務所入口の花壇のホトトギスに数頭のホシホウジャクが花から花へ忙しく飛び移っては長い吸蜜管を差し込んでいました。薄暗い所で急旋回などするので、シャッターが追いつきませんでした。

因みに、ホシホウジャクはスズメガの仲間で、ストローのような口をもっていて、その長さに合った花を訪れて飛びながら空中に静止して、花の蜜を吸うことができるのです。
by higirinikki | 2005-10-23 23:39 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

 05.10.22  カラスウリ

e0070891_2311079.jpg
 撮影データ o5.10.19 PENTAXistDs 100mm/macro 1/15,F8

舞岡公園内では数ヶ所の薮でカラスウリの赤い実が見られるようになりました。この実は小谷戸の里にある古民家の裏庭の木に絡んでいます。まだ橙色気味が残っていますが、秋が深まり葉が枯れる頃には真っ赤に色づきます。植物名につくカラスはイヌと同様に「役立たない」という意味だと思っていますが、間違いかもしれません。

e0070891_23103911.jpg花が咲いたところを見たことがありますか?「花は日が沈んでから開き、夜明け前にはしぼんでしまう」そうでまだ見たことがありません。この写真は愛妻が、やぶ蚊に刺されながら苦労して撮ってきてくれたものです。白いレースのカーテンのようで、とても幻想的な姿だったそうです。

by higirinikki | 2005-10-22 23:13 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)