人気ブログランキング |

<   2007年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

田植え真っ最中の谷戸田   07.5.31

28日の舞岡公園・谷戸田です。
田植えが済んでかわいい早苗が風に揺れています。
代掻きをおえて田植えを待つ田んぼもあります。虫を求めてカルガモも早速のご訪問です。


谷戸田を北望   07.5.28   FinePix S9000 28-300mm ISO200 1/280,F8
e0070891_1528685.jpg
        園路から1,2番田んぼに降りる階段上、右・カマツカ、左・クワの木の間から、谷戸田を北望しました。


カルガモ来訪   〃   1/210,F8
e0070891_15301293.jpg
        代掻きしたり田植えしたりした田んぼには、多くの虫が“湧き出て”くるようで、早速カルガモが来訪しています。


幼稚園児も来訪   〃   1/220,F8
e0070891_15332240.jpg
        わが子たちも通園した近くの幼稚園の園児たちが、パンツ一つで駆け回っていました。


われらが13番田んぼ   〃   1/210,F8
e0070891_15363846.jpg
        撮影位置が悪かったですが、田植え経験3年、早苗は真っ直ぐに植えられています。
        正面奥の林の中が小谷戸の里です。


谷戸田の北端   〃   1/450,F8
e0070891_15414037.jpg
        気持ちの良い風に吹かれながら散策する親子も何組かいました。
        田んぼは、ここまでに24枚、すこし離れた場所にさらに10枚あります。
by higirinikki | 2007-05-31 15:46 | 舞岡公園・その他 | Comments(15)

ヤマサナエ、シオカラトンボ、シオヤトンボ  07.5.30

今日は一日中、冷たい雨が降ったり止んだりで、散策に出られず。
26日の在庫写真から、トンボ 「ヤマサナエ」 を選びました。
田植えが終るまでは、この三種のトンボだけしか見られないのでしょうか。


ヤマサナエ ♂   07.5.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/90,F8
e0070891_198070.jpg
        「舞岡・小川アメニティ」と名づけられた遊歩道が舞岡谷戸に入って続く舞岡川源流沿いの道を、
        縄張りにしているらしいヤマサナエが、休憩中とみえてじっくりと撮影させてくれました。
        「里山の水辺」を生息場所とし、飛ぶ時は早いがよくとまる、と図鑑の説明。その通りでした。。
e0070891_19262277.jpg
        ビックリしないでください。目玉に接近してみました。



シオカラトンボ  ♂   5.8   1/350,F8
e0070891_19162921.jpg
        長久保で撮影しました。
        「ムギワラトンボ」と呼ばれる色合いのトンボは、成長途上の♂か成長しきった♀のどちらかです。
        この個体は、ムギワラ色からシオカラ色にかわりつつある♂です。



シオヤトンボ ♂   5.8   1/500,F8
e0070891_19231325.jpg
        小谷戸の里で撮影しました。
        胸(背中?)の紋様がシオカラトンボと違うので識別できます。
        麦藁色をするのはシオカラトンボと同じです。
by higirinikki | 2007-05-30 19:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

ヒメヒガサヒトヨタケ、ササクレヒトヨタケ、オニタケ  07.5.29

26日の散策では、キノコの仲間も撮影していました。前日の雨が、キノコの発生を促したのでしょうか。


ヒメヒガサヒトヨタケ   07.5.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/8,F8
e0070891_1901896.jpg
        先日に紹介したイヌセンボンタケの近くで、毎年何回か発生する特異な場所があります。
        傘には放射状(扇状)の線が入っていて、これが日傘を連想させるのが命名の由来でしょう。
        液化して消滅するまでは「一夜」の命ではすまず、数日もかかり、
        しかもその間に「日傘」はしだいに薄くなって、透かし見えるほどになるのだとか。



ササクレヒトヨタケ   〃1/20,F8
e0070891_195519.jpg
        こちらも毎年発生する場所で、今年初めて見つけました。
        可愛い姿ですが、大きく成長する前に来園者に蹴られて倒されているのを昨日見つけました。
        草地や公園などに見られるキノコで、傘は、ささくれ状の鱗片におおわれています。
        初めは白色で胞子の成熟に従って黒色になり、傘の周辺部から液化してしたたりおちます。



オニタケ   5.8   1/15,F8
e0070891_1911281.jpg
        小谷戸の里、古民家の裏庭で発生していました。
        夏~秋に林内、庭園で発生します。傘の表面には、とがった褐色の鱗片がある。
        これが鬼を思わせるのでしょうか?
by higirinikki | 2007-05-29 19:14 | 舞岡公園のキノコ | Comments(8)

擬態する アリグモ、ゴミグモ   07.5.28

おととい、お目当てのチョウは撮れずとも珍しい虫を見つけました。
蜘蛛の話題は初めてでしたね。擬態する蜘蛛2種です。

アリグモ   07.5.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/90,F8
e0070891_15584269.jpg
        狐久保のミズキの葉陰に大きな蟻が、・・・?脚が8本見えます。
        これこそアリに擬態したクモです。右側の部分は大顎で、これで獲物をガブリ。


ゴミグモ   〃   1/60,F8
e0070891_162762.jpg
        近くの蜘蛛の巣をゴミのようなものが歩いていました。
        撮影できたのは、巣の中心に落ち着いたあとでした。
e0070891_1634818.jpg
        部分拡大して見ても、脚らしきものを僅かに確認できるだけでした。
        これも見事な擬態ですね。
by higirinikki | 2007-05-28 16:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)

小型のチョウ4種  07.5.27

今日は、私たちの田んぼの田植えでした。絶好の田植え日和、豊作を祈りながらしっかりと苗を植え込んでいきました。

きのうの散策のもう一つの狙いはチョウでした。しかし、本命のウツギの花に大型のチョウは飛んできませんでした。
草の刈り込みに遭って、ハルジオンなどの花が少なくなってシロツメクサなどの二番成長株に、小型のチョウが吸蜜にきていました。


ヤマトシジミ   07.5.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/350,F8
e0070891_18212414.jpg
        オオイヌノフグリは大事な蜜源なのですね。ヤマトシジミの小柄な身体にふさわしい大きさの花です。
        裏翅の模様とチラッと見えるブルーで♂とわかります。


モンキチョウ   〃   1/1000,F8
e0070891_1826753.jpg
        「谷戸見の丘」の少ない花を巡って飛びまわっていました。
        タンポポの花には小さな小さな相客がいました。


スジグロシロチョウ   〃   1/500,F8
e0070891_18311054.jpg
        小谷戸の里、古民家裏庭のイボタノキの花にスジグロシロチョウがせわしなく飛んで吸蜜していました。


ダイミョウセセリ   〃   1/125,F8
e0070891_18343156.jpg
        ハルジオンにとまっているダイミョウセセリの正面に接近しました。
        懸命に吸蜜しているからでしょう、飛び立たずにいてくれました。


おまけ  アカボシゴマダラ(春型)   〃   1/180,F8
e0070891_1842423.jpg
        小谷戸の里の入口近くで、白い中型のチョウがひらひらと飛びかっていました。
        追跡していると、園路に降りて地面に管を突き立てていました。
        こんなに乾燥した地面からも吸収する何かがあるのでしょうか。
        痛ましいほどの翅の傷みよう、婚姻相手を争ったあとでしょうか?
by higirinikki | 2007-05-27 18:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

初夏の野草  07.5.26

一週間ぶりの散策、暑い日ざしの中で初夏にずっと咲き続ける花たちが咲き始めていました。

ドクダミ   07.5.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8
e0070891_192739.jpg
        これから園内の日陰のいたる所で、長い間白い花を咲かせ続けます。
        民間薬として、虫さされ、切り傷、胃腸病など10種の薬効があることから、十薬とも呼ばれる、そうです。
        我家の庭には隣家から根が伸びてきて、雑草として引き抜いても絶滅できずはびこってしまいました。
        独特の臭気が、私は嫌いです。


ツユクサ   〃   1/125,F8
e0070891_19351980.jpg
        道端や草地、どこでも見られます。
        ご覧のように雄しべは6個ありますが、花粉を出すのは長くつきでた2個だけで、鮮黄色の葯がよく目立つ雄しべは飾りだそうです。


アゼムシロ   〃   1/500,F8
e0070891_1942216.jpg
        これから秋遅くまで田んぼの畦に「蓆」のように緑の草がみっしりとつきます。
        花も鳥の嘴のようで、よく見ると可愛い姿うをしていますね。


ミヤコグサ   〃   1/180,F8
e0070891_19461640.jpg
        小谷戸の里の庭の垣の元で群生していました。
        マメ科の花らしく蝶形の花です。豆果は黒く熟すと2つに割れて、果皮がくるくる捩れて種子を飛ばします。
by higirinikki | 2007-05-26 19:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

オオバコ と ヘラオオバコ  07.5.25

今日は朝から雨が降り続き、散策に出られません。在庫写真の編集です。


オオバコ   07.5.8   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8
e0070891_1653366.jpg
        オオバコ といえば? 思い出すのは子供の頃の遊びでしょう。
        花穂を根本から取り、二つ折りにして、二人が互いに引っかけあって引っ張り、どちらが切れるかを競ったものです。

        踏みつけに強いので、人などがよく踏む道路脇などの場所に生えています。
        踏みつけが弱い場所では、高くのびる性質を持たないので、かえって他の草に負けてしまう、のだそうです。
e0070891_1703128.jpg
        葉はさじ形、花穂が長く花は下から咲きあがっていきます。     5.5  1/60,F8   


ヘラオオバコ   07.5.19  1/90,F8
e0070891_1764737.jpg
        葉が長いへら形をしているヘラオオバコは、欧州原産の帰化植物。オオバコより大型です。
        「谷戸見の丘」のよく草刈りの行なわれる草原で、最近目立つようになりました。
e0070891_17144154.jpg
        花穂は短いオニギリ形。やはり花は下から咲き上がります。     5.5  1/180,F8   
by higirinikki | 2007-05-25 17:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

白い花 (おさらい)  07.5.24

新潟から帰ってきました。今日はとくに話題がないので、本題に戻ります。
19日から舞岡公園にはご無沙汰していますが、18,19日には満開になっている白い花がおおかったので、採録します。


ヤマボウシ  07.5.18  PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/250,F8
e0070891_1846176.jpg
        瓜久保・かっぱ池の畔の株が満開です。見上げる構図で白い花を輝かせてみました。



エゴノキ    〃   1/60,F8
e0070891_1849188.jpg
        上のヤマボウシの向かいに立つ株です。



三種混合(ガマズミ、ノイバラ、ウツギ)    〃   1/125,F8
e0070891_18513458.jpg
        狐久保の南の斜面で白い花と蕾がかたまっていました。



イボタノキ    〃   1/500,F5.6
e0070891_18534517.jpg
        21番田んぼ向かいの園路斜面に立つイボタノキの枝先を狙ってみました。



テイカカズラ    5.19   1/60,F86
e0070891_18561597.jpg
        駐輪場の石垣で強い芳香を発して満開になっています。
by higirinikki | 2007-05-24 19:01 | 舞岡公園の草木 | Comments(14)

新潟だより-2  07.5.23

昨晩は家内・娘・孫娘3人で弥彦温泉「みのや」に宿泊、今日は弥彦山頂上までドライブ、寺泊まで足を伸ばして、2時過ぎには帰宅しました。

弥彦山の三態です。


巻の田んぼから  07.5.22  FinePixF30  Data不詳
e0070891_18194719.jpg
        住まい近くの公園からの眺め。
        田植えが済んだばかりの田んぼをわたってくる風が涼しい。



頂上直下    5.23
e0070891_18291059.jpg
        弥彦山の日本海側の山を削って作った「弥彦山スカイライン」で頂上直下まで一気に登れる。
        ここからは頂上展望台まで運ぶ2つの機械装置がある。



寺泊の魚市場通りから    5.23
e0070891_18384968.jpg
        京浜地区から日帰りバス・ツアーが出るほど人気の高い寺泊の魚市場。
        意外に近い所で、弥彦山も間近に見えました。
by higirinikki | 2007-05-23 18:45 | おでかけ | Comments(4)

新潟だより-1  07.5.22

ここは政令指定都市になって住居表示が変わりました。新潟市西蒲区巻だそうです。
きのう娘の住む集合住宅に着いて、すぐ目に入ったのが入り口脇に咲くスズランでした。
裏の空き地にはコメツブツメクサとコバンソウの群落がありました。

清楚な花と一緒に質素に暮らす娘たち、近い将来はたくさんのお米と小判を蓄えてここを旅立てることを祈りましょう。

スズラン  07.5.21  FinePixF30  Data不詳
e0070891_13592966.jpg



コバンソウ  〃  
e0070891_1411143.jpg



コメツブツメクサ  〃  
e0070891_1444348.jpg

by higirinikki | 2007-05-22 14:08 | おでかけ | Comments(10)