人気ブログランキング |

<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ あおい実、くろい実   07.7.31

きのうの雷雨も上がって暑い夏に戻りました。
園内にはあおい実、くろい実が目につきました。

ハナイカダ   07.7.30   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8
e0070891_20412238.jpg
        園内某所、無事に黒い実になっていました。つまんで食べてみたい誘惑に駆られます。


ゴンズイ   7.31   〃    1/30,F8
e0070891_20441521.jpg
        あおい実に赤味が加わってきました。高い位置にあるので風に揺れない日が撮影日です。


ツバキ   7.31   〃    1/15,F8
e0070891_20455575.jpg
        小谷戸の里の垣にある株に、今年は大きな実がたくさんつきました。


オニユリ   7.31   〃    1/30,F8
e0070891_20481798.jpg
        小谷戸の里のオニユリ、ムカゴが大きく成長していました。


ヒヨドリジョウゴ   7.31   〃    1/30,F8
e0070891_20494122.jpg
        先日の花とは別の枝先です。花がぜんぶ実になるわけではないようです。
by higirinikki | 2007-07-31 20:55 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ アゲハチョウ 4種   07.7.30

政界に大異変が起きた翌日、関東南部には発達した雷雲が西からやってきて昼前には豪雨に襲われました。

ちょっと前の撮影ですが、大型のアゲハチョウをご覧ください。


モンキアゲハ   07.7.16   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/15,F11
e0070891_20274392.jpg
        いつもの年なら黒いアゲハが乱舞するネムノキ、花の咲き始めの時期に見つけたモンキアゲハです。


カラスアゲハ   〃   〃(trimming)  1/60,F8
e0070891_20332431.jpg
        小谷戸池の畔のリョウブの白い花に、黒いアゲハが。
        表翅の色合いからカラスアゲハと思われました。


ナガサキアゲハ   7.18   〃(trimming) ISO800 1/125,F8
e0070891_20381783.jpg
        駐輪場脇のカラスザンショウに白い花が咲き始め、各種のチョウやハチの羽音で賑やかです。
        黒いアゲハが数頭、後翅に尾がなく丸い印象のチョウ。
        南方系のアゲハで神奈川南部で繁殖域を広げたいるナガサキアゲハです。


アオスジアゲハ   7.19   〃(trimming) ISO3200 1/750,F8
e0070891_20433517.jpg
        同じカラスザンショウの花にやってきていました。
        高い位置で目まぐるしく動き回るアオスジアゲハ、高速シャッターで写しとめるため超高感度を採用。
        画質には目をつむって下さい。
by higirinikki | 2007-07-30 20:47 | 舞岡公園の虫 | Comments(10)

■ ヤマユリ   07.7.29

TV各局で選挙速報をしています。
私は「期日前投票」を行なっていましたので、午前中に散策に出てきました。
4~5日前に開花した園路際のヤマユリが一番キレイな時期にさしかかっていました。


ヤマユリ   07.7.29   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/1000,F5.6
e0070891_20374279.jpg

e0070891_20384610.jpg

e0070891_2039084.jpg

e0070891_20391466.jpg

e0070891_20392695.jpg

by higirinikki | 2007-07-29 20:41 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 夏の花 (5)   07.7.28

今日・明日の夜は自治会主催の「盆踊り」がすぐ近くの公園で行なわれます。
ここに引っ越してきた32年前から続いている行事ですが、子供たちが独立した家庭が多く孫が遊びに来る家は別にして、正直うるさいだけの行事です。

きのうの散策の花、のつづきです。


オモダカ   07.7.28   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_18551282.jpg
        瓜久保の田んぼの端に白い花が咲いていました。
        毎年、見ることのできる「田んぼの雑草」ですが、大事に保護されているようです。
        下の写真の葉の姿をご覧ください。名前の由来は、この矢尻形の葉のつけ根をよく見ると「人の顔に見える」のだそうです。
e0070891_18594394.jpg



ヒヨドリジョウゴ   〃   〃   1/90,F8
e0070891_2011188.jpg
        小谷戸の里、事務所前の花壇で咲いていました。
        Blogを始めたばかりの時の記事です。   05.9.20  ヒヨドリジョウゴ


オトコエシ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_2041196.jpg
        古民家裏山の庭で咲き始めたばかりです。
        早速、小さなハムシが吸蜜にきていました。


トキリマメ   〃   〃   1/20,F8
e0070891_2073544.jpg
        駐輪場の石垣から垂れたつるに黄色い花が咲き始めていました。
        タンキリマメとそっくりの花・実がつきます。見わけ方は、葉に注目します。
        トキリマメの葉は、最も広い部分がつけ根に近い方にあり葉先が尖っているので細長い印象を与えます。
        一方のタンキリマメは、最も広い部分が真ん中あたりにあるので円く見えます。
e0070891_2011152.jpg

by higirinikki | 2007-07-28 20:12 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 夏の花 (4)   07.7.27

散策を3日空けると、新しい花が仲間入りしていました。


ヤブミョウガ   07.7.27   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_21175557.jpg
        「古御堂の谷戸」から「宮田池」へと続く山道の入口際にヤブミョウガが群生しています。
        花枝が長く伸びた先に輪状についた白い花が咲き始めていました。


キツネノカミソリ   〃   〃   1/6,F8
e0070891_21233816.jpg
        この山道を降りきったところに一株、細長く切れ込んだオレンジ色の花弁がそっくり返っています。


ヤブラン   〃   〃   1/4,F8
e0070891_21273028.jpg
        「古御堂の谷戸」の薄暗い薮の中でヤブランが数本の花柄を伸ばしていました。


イシミカワ   〃   〃(trimming)   1/125,F8
e0070891_21301159.jpg
        「松原越え休憩所」の上の山道の薮の中、奥の方に色づいたイシミカワの実が見えました。


アキノタムラソウ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_21323634.jpg
        小谷戸の里の庭の垣の下で群生している、アキノタムラソウの紫色の花を重ねて見ると綺麗でした。
by higirinikki | 2007-07-27 21:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ あまり見たくない虫たち   07.7.26

23日の散策では、あまり大きくしては見たくない虫たちも撮影していました。


キバラヘリカメムシ   07.7.23   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO400 1/15,F8
e0070891_20244256.jpg
        園路南端のニシキギの葉陰で、今年初見のキバラヘリカメムシを見つけました。
        カメラを構えているうちに見えなくなりました。やっと探し当てたのは下から見上げるアングルでした。


アメンボ   〃   〃    1/8,F11
e0070891_20345240.jpg
       12番田んぼの流れの中で、アメンボがじっと動かずにいました。
        画面をよく見ると獲物を捕らえて体液を吸っているようです。


トウキョウヒメハンミョウ   〃   〃    1/10,F8
e0070891_20363353.jpg
        3番田んぼの畦で小さい虫を見つけました。トウキョウヒメハンミョウではないかと思います。
        こちらも、何かの虫を捕らえているようです。
        なお当公園では、いわゆる「道教え」と呼ばれるハンミョウはいないようです。


ナガコガネグモ  幼体   〃   〃    1/10,F11
e0070891_2042322.jpg
        アメンボの直ぐ上の葉陰でクモが巣を張っていました。
        このクモの成虫は円い網の中央に白いまっすぐな「かくれ帯」をつくります。
        幼虫は、このように円い白い帯をつくるそうです。


クモヘリカメムシ   7.24   〃    ISO200 1/250,F8
e0070891_2048032.jpg
        営農田んぼの脇の道端のエノコログサの穂にカメムシ集団がいました。
        イネ科の植物の実に口を差し込んで乳液を吸い取るので、イネの害虫なのです。
by higirinikki | 2007-07-26 20:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)

■ 7月の花と実   07.7.25

きのうの散策で出会った花と実です。


ウワミズザクラの赤い実   07.7.24   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/15,F8
e0070891_2046562.jpg
        白い花が房状についていたウワミズザクラ。 ウワミズザクラ(上溝桜) 06.4.25
        黄色と赤の実がまばらについています。もともとまばらだったのか、鳥が啄ばんだのでしょうか。
        後者だとすると、早く撮影しないと赤い実がなくなってしまうのでしょう。


ミソハギ   〃   〃  1/350,F8
e0070891_20531273.jpg
        瓜久保の田んぼの奥はアシの原となっていて、ミソハギが満開になっていました。


ミツバアケビ   〃   〃  1/125,F8
e0070891_2055334.jpg
        花が全部受粉したみたいにあおい実がびっしりとついていました。
        秋になると紫色の皮がパックリと避けて、中の綿のような実が見える。
        それまで無事についているでしょうか。

ヤマユリ   〃   〃  1/125,F8
e0070891_205837100.jpg
                  園路際の斜面のヤマユリが咲き始めていました。
                  昨年の説明もご参考に。 ヤマユリ  06.7.20
                  ヤマユリ その後  06.8.2
e0070891_212420.jpg

by higirinikki | 2007-07-25 21:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(9)

■ キノコの季節   07.7.24

今日は、まるで梅雨が明けたような真夏日でした。

今日の散策で、私がひそかに「キノコの林」と名づけている所で、可愛いキノコ4種を見つけました。

散歩する人たちの目につきやすい場所に生えたキノコは、残念ながら一生を全うすることがすくないのです。可愛い幼菌がタマゴ形のツボから頭を出しているので、翌日、どのくらい成長しているかな?と見に行くと無残に蹴飛ばされて倒れていることが多いのです。
心優しいわが読者の皆さん、どうぞそういうことをなさらないようにお願いします、ね。


ダイダイガサ   07.7.24   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/3.3,F8
e0070891_202948.jpg
        「お気に入りサイト」としてリンクしているBlog「野の花語り」を主宰している海華さんのもう一つのBlog「きのこつれづれ」
        雨の後は 07.6.25 に掲載された 「ダイダイガサ」 とそっくりに見えるので、
        このキノコは 「ダイダイガサ」 ということにいたしました。


ベニイグチ  幼菌   〃   〃    1/45,F8
e0070891_2032532.jpg
        ↑でご紹介した「海華」さんから 「ベニイグチの幼菌」 とのご示唆をいただきました。
        「海華」さん、ありがとうございました。


クロアシボソノボリリュウタケ   〃   〃    1/20,F8
e0070891_2045519.jpg


ハリガネオチバタケ   〃   〃    1/15,F8
e0070891_2055595.jpg

by higirinikki | 2007-07-24 20:07 | 舞岡公園のキノコ | Comments(12)

■ 新しい草が   07.7.23

今日、九州と四国で梅雨が明けました。関東はまだまだ先のことのようです。
まだ霧雨が降ってきそうな夕暮れの時間、歩いてきました。


ミズタマソウ   07.7.23   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/6,F11
e0070891_20212799.jpg
        毎年ミズタマソウが観察できる場所、草刈りに遭っていましたが数株が残っていて花が咲き始めたところでした。
        昨年の記事 ミズタマソウ  06.8.16 もご覧ください。


ミズニラ   〃   〃    1/30,F8
e0070891_20262688.jpg
        絶滅危惧種だそうです。数年前に谷戸田に自生しているのが発見されて保護されています。


ヤマブドウ   〃   〃    1/8,F8
e0070891_2030272.jpg
        8番田んぼの園路側の薮にヤマブドウのつるが絡んでいます。
       あおい実がふくらんでいました。


チダケサシ   〃   〃    1/15,F11
e0070891_2036430.jpg
        チダケサシの花がまだ咲き続けていました。
        こまかい花びらが綺麗ですね。


ミチヤナギ   〃   〃    1/6,F11
e0070891_203948100.jpg
        瓜久保休憩所の庭で生えていることを教えられました。
        あまり上手に撮れなかったので、再度出直してこようと思います。
by higirinikki | 2007-07-23 20:43 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 小さな生き物たち   07.7.22

虫の姿が少ない今年ですが、こんな小さな虫たちがいました。
小さなアマガエルもおとなの姿を見せています。


アジアイトトンボ   07.7.20   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/3000,F5.6
e0070891_20132345.jpg
        4番田んぼの畦でコケオトギリを撮影していると、目の前を小さなトンボが横切りました。
        今年初見のイトトンボです。あちら、こちら、と葉にとまっては接近撮影を許してくれました。No Trimmingです。
        頭から尾の先までピントを合わせるには、体の真横からカメラを構えねばなりません。
        図鑑を見ても同じ写真は見あたりません。未成熟の♂としておきます。→ 成熟♀かもしれません。(7.23 13:10)
        素人の悲しさ、よくわかりません。


ヤブキリ → ササキリ   〃   〃(trimming)    1/90,F8
e0070891_202216.jpg
        「ふるさと村」の農道脇の薮に、これも今年初見の ヤブキリ → ササキリ の幼虫を見つけました。
        長いヒゲがあることを忘れていました。ヒゲ先が画面からはみ出ていました。
        成虫を見たことがないのですが、追求力不足ですかね。


サツマノミダマシ   〃   〃    1/45,F8
e0070891_20253814.jpg
        営農田の山側の道、ブタクサの若葉から糸を垂らして獲物と戦っていました。
        「薩摩の実」とそっくりの姿をした蜘蛛、という意味だそうです。
        緑色の表を裏返すと、裏側は薄い茶色でハゼの実そっくりだからです。


ツマキヘリカメムシ   〃   〃    1/180,F8
e0070891_210242.jpg
        反対側のブタクサの茎にツマキヘリカメムシのペアが何組もいました。
        今が恋の季節とすると、次世代の幼虫・成虫はいつ出現するのでしょうね。


ニホンアマガエル   〃   〃    1/90,F8
e0070891_2029521.jpg
        上の蜘蛛のすぐ傍の葉陰にいました。


シュレーゲルアマガエル   7.19   〃    1/10,F8
e0070891_20315978.jpg
        前日「おんどまり池」の傍の園路際の薮の中で見つけました。目の横の黒い隈が見えませんね。
by higirinikki | 2007-07-22 20:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(10)