<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

■ 小枝の模様 (2)    08.2.29

24日に掲載した 「小枝の模様」 のつづきです。
新しい虫こぶも見つけました。


カマツカ    08.2.19   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/350,F6.7
e0070891_20515736.jpg
        特徴のない細い枝がいっぱい、谷戸田に下りる階段の目の前に広がっています。


ヤマボウシ    〃   〃   1/1000,F8
e0070891_20522757.jpg
        瓜久保・かっぱ池の畔のヤマボウシです。
        三又に枝分かれしているのでしょうか。枝先の冬芽が膨らんで見えます。


ハリギリ   2.20   〃   1/180,F8
e0070891_20524233.jpg
        舞岡川源流「小川アメニティ」沿いに数本のハリギリがあることは知っていました。
        実をつけた花柄が扇形に広がったまま残ることを初めて知りました。


イヌシデ   2.20   〃   1/180,F8
e0070891_2053050.jpg
        瓜久保・かっぱ池の畔・奥にイヌシデがあることに気づきました。高いいくつもの枝先に丸い玉がついているようです。
        調べた結果、「イヌシデメフクレフシ」という名前の虫こぶのようです。


アカシデメムレマツカサフシ   2.29   PENTAXistDs 100mm/macro   1/180,F8
e0070891_2055751.jpg
        「ばらのまる橋」の際にある樹を「アカシデ」としていました。
        この虫コブを見つけたことによって、アカシデで間違いないと確信できました。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-29 21:16 | 舞岡公園の草木

■ かつうらビッグひな祭り   08.2.28

イージス艦 「あたご」 と漁船 「清徳丸」 との不幸な衝突で有名になった千葉県勝浦市。
今日の 「晴れ」 の予報に誘われて、南房総を訪ねるドライブに行ってきました。
金谷から房総半島南部を巡って東端の勝浦で行なわれている、「かつうらビッグひな祭り」 を見物してきました。

お雛様 大集合   08.2.28   PENTAXistDs 28-200mm ISO800 1/15,F8
e0070891_2252126.jpg
        街中8ヶ所の展示会場がある中でメイン会場の 「市民会館」 には、
        このように過去・現在のいろいろな種類のお雛様が大集合していました。
e0070891_2283073.jpg



遠見岬神社の石段で   〃   〃ISO200 1/60,F8
e0070891_2210385.jpg
        屋外、神社の石段を埋めるお雛様です。


TBSの取材陣   〃   〃I1/60,F8
e0070891_22122469.jpg
        街中のお雛様を取材撮影しているTBSの取材陣です。いつの放送でしょうか?


勝浦漁港   〃   〃I1/60,F8
e0070891_2214242.jpg
        市民会館の前から見た漁港です。清徳丸の所属する川津漁港は、この岬の反対側にあるということでした。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-28 22:17 | おでかけ

■ 校外学習~ヤマアカガエル   08.2.27

強い風に吹かれてやって来た瓜久保は、小学生の声で賑やかでした。


瓜久保の谷戸田風景   08.2.27   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/350,F5.6
e0070891_1814552.jpg


校外学習   〃   〃   1/350,F5.6
e0070891_17592953.jpg
        近隣の小学校児童の校外学習のようです。
        小谷戸の里の事務所スタッフ H さんが観察指導をしていました。

ヤマアカガエル   〃   〃   1/350,F5.6
e0070891_1845087.jpg
        視線の先にあるのは 「ヤマアカガエル」 でした。
        里山で冬眠していたカエルたちが冬眠から醒めて水溜りに集まってきて、
        配偶者を見つけて産卵行動を行い、再び里山に帰って春眠に戻ります。
        児童たち(私も!)は、まったくタイミングよく、この場面を目撃できたのです。

ヤマアカガエルの卵   〃   〃   1/90,F8
e0070891_18112120.jpg
        これは、最奥の谷戸田の池にあった二つのヤマアカガエルの卵塊です。


ヤマアカガエルのオタマジャクシ   〃   〃   1/90,F6.7
e0070891_1813317.jpg
        古民家の裏手の池では、すでにオダマジャクシになっていました。


        以前の記事もご覧ください。  校外学習ヤマアカガエル  07.2.23
                           ヤマアカガエル  06.2.21
[PR]
by higirinikki | 2008-02-27 18:18 | 舞岡公園・その他の生き物

■ 瓜久保にて   08.2.26

きのうの散策、瓜久保で見つけた花・鳥です。


枝垂れウメ   08.2.25   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/350,F5.6
e0070891_18412010.jpg
        「瓜久保の家」から谷戸奥を見ると、すぐに目の前に展開する景色です。
        今年のウメの開花が遅れているので、満開になるのはまだ10日ぐらい先でしょうか。


マンサクが満開   〃   〃   1/45,F8
e0070891_1844895.jpg
        園路に入るとすぐの赤いマンサクの花が満開です。
        「アカバナマンサク」は在来種ですが、公園に植栽されているこのような赤い花は、「インターメディア系」ということのようです。


コゲラ   〃   〃   1/45,F5.6
e0070891_18475486.jpg
        「かっぱ池」そばのアオキの中から、キツツキの音がする。
        捜しているうちにすぐ傍の枯れ木の幹にコゲラがとまって突付いていました。


白梅   〃   〃   1/1000,F5.6
e0070891_18502732.jpg
        奥の草原の2本の白梅も、ようやく花が一分咲きといったところになっていました。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-26 18:59 | 舞岡公園の草木

■ ヤナギ   08.2.25

今日も午前中は強い北風で寒いが、4日ぶりに散策に出ました。
園内にある三種のヤナギが芽吹いていました。


ネコヤナギ   08.2.25   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/180,F5.6
e0070891_1828931.jpg
        22番田んぼ園路側の草地の中にある小さな株、細長い枝にかなり前から白い綿帽子をつけています。
        遠目にあるので接写不能でした。


イヌコリヤナギ   〃   〃   1/350,F5.6
e0070891_18321049.jpg
        古民家の裏庭、赤いマンサクの花をバックに白い綿毛がふくらんでいました。


シダレヤナギ   〃   〃   1/350,F5.6
e0070891_18335653.jpg
        宮田池とさくらなみ池の間に三本あるシダレヤナギの枝が、ほんのりと黄色味を帯びてきました。
        北風になびいています。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-25 18:36 | 舞岡公園の草木

■ 小枝の模様   08.2.24

今日もきのうからの強い北風が吹きつけていました。早朝の「歩き」は寒かったです。
というわけで昼間の散策はお休みにしました。

今日もBlogお仲間の「はもよう」さんの 「公園おさんぽ日記」の記事 2008年02月16日 「青空と枝と冬芽 1 」 に刺激されて、取材企画をしてみました。

題して「小枝の模様」 です。

空を見上げるようにして、おもしろそうな、その木を一目でわかるカットを切り取るのに苦労しました。青空をバックに撮ると、小枝は黒いシルエットになってしまうことがわかりました。


ミズキ   08.2.19   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/500,F6.7
e0070891_1835487.jpg
        園路の南端付近にはミズキの高木が沢山あります。
        横に広がってきた枝の先がヒョイと上を向いて、大きな冬芽をつけています。
        ひとめで「ミズキだな」とわかる姿をしています、ね。


カラスザンショウ   〃   〃   1/500,F6.7
e0070891_189375.jpg
        舞岡川の源流「小川アメニティ」沿いには、カラスザンショウの高木が沢山あります。
        この木のトゲがいっぱいの枝先には、まだ実がついていました。


コブシ   〃   〃   1/250,F11
e0070891_1812616.jpg
        瓜久保、かっぱ池の畔には数本のコブシがあります。
        これは奥の広場にある木ですが、スーっと伸びた枝先には、
        そのまま横向きにクリーム色のコートをまとった花芽が沢山ついていました。


エノキ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1813464.jpg
        夏には涼しい木蔭を作ってくれるエノキですが、冬は葉を全部落として日光を下まで届けてくれます。
        「松原越休憩所」下の大きなエノキには、まだ枝先の実がいっぱい残っていました。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-24 18:27 | 舞岡公園の草木

■ 鎌倉のウメ   08.2.23

Blogお仲間の 「Dekimaro's Photo Diary」 が、連日、鎌倉の社寺のウメを紹介しているのに刺激されて、
私のHP「花便り}の取材も兼ねて出かけてきました。
「春一番」が吹き抜ける4つの寺をまわってきました。紅梅は満開、白梅の満開はまだ先、という状況でした。


光則寺の紅梅   08.2.23   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/180,F6.7
e0070891_1821388.jpg


海蔵寺の白梅   〃   〃   1/750,F6.7
e0070891_1824052.jpg


本覚寺の紅梅   〃   〃   1/125,F6.7
e0070891_18245355.jpg


妙本寺の白梅   〃   〃   1/125,F6.7
e0070891_1826560.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-02-23 18:27 | おでかけ

■ フクジュソウにナミホシヒラタアブ   08.2.22

古民家の裏庭のフクジュソウが連日の暖かい日差しでパラボラアンテナを全開しています。
おとといの観察で、花の真ん中でヒラタアブが日向ぼっこをしていました。


フクジュソウにナミホシヒラタアブ   08.2.20   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/250,F8
e0070891_1834161.jpg
        気をつけて観察していると、フクジュソウには小さなアブがいることが多いです、よ。

        2年前の記事でも紹介しています。福寿草にホソヒラタアブ  06.2.8
e0070891_16495842.jpg

        NETT検索で解説記事を見つけました。
        東京大学新領域創成科学研究科環境学専攻生物圏情報学研究室 梶教授 2001年1月 フクジュソウ
        より引用させていただきます。

(前略)花弁の数は二〇~三〇枚あって、日中開き、夜は閉じる。花弁の内側に蜜腺がないので、キンポウゲ属と区別される。虫媒花であるが、蜜腺をもたないことや虫の活動が活発でない早春に開花するため、どのように虫を誘引するかが疑問であったが、凹面鏡ような形の花で効率よく陽光を集め、花の温度を高め、虫に休息場所を提供することで誘引しているものと考えられている。  受粉した花は六月に実を結び、それが地表に落下すると、アリがすぐに見つけ、巣に運ぶ。アリによって種子や果実が運ばれる植物はアリ散布植物といわれるが、フクジュソウなどの春植物やスミレやカンアオイの仲間の種子には、エライオソームとよばれるアリを誘引する物質を含んだ付属体がついている。巣に運ばれた種子は、エライオソームの部分だけが食べられ、種子自体は巣の中のごみ捨て場に捨てられたり、巣外にほうり出される。このようにして種子は発芽能力を失うことなく、親植物から離れたところに散布される。(後略)
[PR]
by higirinikki | 2008-02-22 18:46 | 舞岡公園の草木

■ ウメ   08.2.21

きのう・きょうの暖かさで、開花の遅れていた瓜久保の白梅が咲き始めました。


瓜久保の白梅   08.2.21   PENTAXistDs 28-200mm ISO800 1/3000,F6.7
e0070891_1971510.jpg
        瓜久保で満開になった紅梅の隣りの白梅、ようやく2~3輪が開花していました。
        枝の隙間にレンズを突っ込んで撮影しました。
        ISO感度を800のままにしていたので、粒子の粗い画面になっています。


中丸の丘の紅梅   〃   〃   1/1500,F6.7
e0070891_19115329.jpg
        ひさしぶりに登った「中丸の丘」の中腹に紅梅が咲いていました。
        背景、左手前が水車小屋、その先は「小谷戸の里」で、手前が炭焼き小屋足洗い場、後ろは右から事務所・耕作棟・トイレ、です。
        中央の園路を散歩する人も見えます。


谷戸奥の白梅   〃   〃   1/2000,F5.6
e0070891_1916165.jpg
        3番田んぼ山側で、早くから咲いていた白梅がほぼ満開になりました。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-21 19:24 | 舞岡公園の草木

■ 実生の幼木   08.2.20

今日は「3月の暖かさ」という予報。
最近、コナラのどんぐりが芽生えているシーンをよく見る。
「実生の幼木」 を探してみたが、今目にできるのは常緑樹のそれで、落葉樹の幼木は葉を落としているので見つけにくい、ということに気づきました。


コナラのどんぐり   08.2.20   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/250,F6.7
e0070891_18152926.jpg
        瓜久保付近の園路際、ふき溜まった落葉の中のドングリが芽生えています。
        コナラのどんぐりと思います。湿った所に落ちた実だけが芽生えるのだそうです。


シロダモ   〃   〃   1/60,F5.6
e0070891_18193677.jpg
        「古御堂の谷戸」の林の中、落葉を掻き分けていろいろな幼木が生えています。
        この三本の線、シロダモに間違いないですね。


シラカシ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_18225328.jpg
        細身の葉のふちには、かすかに鋸歯になっています。
        葉の裏はたしかに白かったです。


ヤツデ   〃   〃   1/350,F5.6
e0070891_18252797.jpg
        ひと目でわかりますね。


アオキ   〃   〃   1/250,F6.7
e0070891_18265828.jpg
        上のドングリの傍で見つけました。瓜久保には実生のアオキがいっぱい生えています。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-20 18:36 | 舞岡公園の草木