人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 脱穀作業   10.10.31

台風接近で危ぶまれた「脱穀作業」を無事行なうことができました。
なんだか今年の天候は不順(冷夏?猛暑?)だったのですが、あの猛暑日続きで挽回したのか、結果的には各田んぼは前年比プラス10%超の増収だったようです。


田んぼ風景   10.10.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/280,F4
e0070891_18163499.jpg
        青いシートが見えるのが、私たちの1A田んぼ。ハザで乾燥した稲穂を前日の雨から守っています。


ハザからシート、ネットを外す
e0070891_18174034.jpg



作業場
e0070891_18204634.jpg
        作業場は小谷戸の里の広場。3グループが作業しています。


脱穀
e0070891_18221245.jpg
e0070891_18223527.jpg
        足踏み脱穀機で稲穂から籾を脱粒します。


篩い分け
e0070891_1824247.jpg
        籾と葉屑を篩いで分けます。手作業で根気がいります。


唐箕で仕分け
e0070891_18263867.jpg
        手回し唐箕。風を起して、籾とゴミを仕分けます。


作業完了
e0070891_18281914.jpg
        9時半から開始、1時半終了。ご苦労様でした。
by higirinikki | 2010-10-31 18:32 | コメ作り | Comments(4)

■ ツルドクダミ   10.10.30

お騒がせ台風14号が房総沖を進んで、今は風も雨もおさまってきました。
明日はわが米作りグループの脱穀作業の日です。午前中だけでも陽射しがあるといいのですが。

2~3年前に木の上で絡んで白い花をいっぱいつけていた蔓草が、雑木伐採につれて見えなくなっていました。
今年、「また出現しましたよ」と散策仲間のKoさんに教えられて撮影してきました。夕方の暗い中、風もあって上手には撮影できませんでした。


ツルドクダミ   10.10.27   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/15,F8
e0070891_2063342.jpg
e0070891_2064929.jpg
        ツルドクダミは中国原産のタデ科のつる性多年草。葉は心臓形でドクダミに似る。
        花は単性、白く円錐花序をなして秋に咲く。地下に塊根があり、漢方薬で何首烏(カシュウ)と称される。
        もともと漢方薬として栽培されたものが一部で野生化している。
        東京都心部でも見られるが、これも大名屋敷などで栽培されたのが逸出したものといわれている。(Wikipedia より引用)

        放置された木々や薮に蔓延るのでしょうか。近所では見たことがありません。
        この写真の株は舞岡公園のはずれにありました。園内にも侵入してきているのでしょう。
by higirinikki | 2010-10-30 20:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

甲州バスの旅   10.10.29

        台風接近を控えた奇跡の曇り日、いつものjtb「旅物語」を使って、
        御嶽昇仙峽を巡り、松茸御膳、20種ブドウ食べ放題のバス旅に出かけました。


昇仙峽「仙娥滝」   10.10.29
e0070891_1881883.jpg
        帰りのバス車中から発信したケータイ画像です。   以下は、帰宅後の発信です。


昇仙峽「覚円峰」   〃   Fineix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/120,F3.3
e0070891_2224847.jpg


紅葉
e0070891_2252867.jpg
        紅葉は始まったばかり。見頃はしばらく先になりそうでした。


松茸御膳
e0070891_227394.jpg
        松茸ご飯、土瓶蒸し、茶碗蒸し、天麩羅、煮物、マツタケづくしのお昼です。


恵林寺
e0070891_2291691.jpg
        「心頭滅却すれば火もまた自ずから涼し」で知られた快川和尚の寺、恵林寺の境内を歩きました。


ワイン工場見学
e0070891_22122282.jpg
        「甲州ぶどう」で知られた勝沼地区にはワイン醸造所(ワイナリー)が30箇所もあります。
        「マンズワイン」を試飲してきました。


ハーブ園見学
e0070891_2214215.jpg
        元気なお兄さんの巧みな話術に誘われて皆さん、沢山のお土産を買っていました。


ブドウ食べ放題
e0070891_2216312.jpg
        薄暗くなった果樹園、約20種ものブドウを食べ放題でした。
        「食べ放題」「飲み放題」には、いつも負けてばかりです。
by higirinikki | 2010-10-29 18:08 | おでかけ | Comments(6)

■ うまそうなキノコ   10.10.28   (アラゲキクラゲ、エノキタケ、シロハツ)

なんと12月の気温だとか、雨降りの寒い暗い一日です。

25日の散策で見つけたキノコです。


アラゲキクラゲ   10.10.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/5,F8
e0070891_1823721.jpg
        この木は、枯れているようにみえるクワの木のようです。
        前日の雨でたっぷりと水分を吸ったアラゲキクラゲが翼を広げていました。
        隣りに見えるのはエノキタケのようです。


エノキタケ   〃   〃   1/5,F8
e0070891_185278.jpg
        上とは別の枝でも生えていました。ヌメリたっぷりの状態です。
e0070891_1854124.jpg
        こちらは落葉の隙間から生えています。


シロハツ   〃   〃   1/3.3,F8
e0070891_1812225.jpg
        図鑑を見ても、同じように落葉を傘に載せて立ち上がっています。
        きのこ自体はかたくしまっていて食用になるといわれている。
        しかし、肉はボソボソしていて口あたりは悪い、そうです。

        似たキノコに「シロハツモドキ」というのがあるようですが、ヒダの密度がもっと細かいようです。
by higirinikki | 2010-10-28 18:16 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ 赤い実、黒い実   10.10.27   (ヤブコウジ、シロヤマブキ、ガマズミ)

昨夜の首都圏は、「木枯らし一番」が吹き荒れたようです。午後、ようやう風がやみ陽射しもありました。

22日の散策でみつけた「赤い実、黒い実」です。


ヤブコウジ   10.10.22   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/13,F8
e0070891_1759138.jpg
        正月のお飾り万両、千両、百両、十両、一両の仲間のひとつ、「十両」です。


シロヤマブキ   〃   〃   1/25,F8
e0070891_182493.jpg
        あの白い花に、こんな4つの黒い実が成るんですね。


ガマズミ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_1845896.jpg
        念の為、赤い実がガマズミです。
        藍色の実は「クサギ」です。草木染めの材料になります。
by higirinikki | 2010-10-27 18:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ いろいろな果実   10.10.26   (カラスノゴマ、タコノアシ、ゲンノショウコ)

午前中は暖かかったのに、午後から急速に冷え込み強い北風が吹き始めました。寒い!

22日に見つけたいろいろの果実です。


カラスノゴマ   10.10.22   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/50,F8
e0070891_18422847.jpg
        先日、初めて見つけたカラスノゴマが早くも実をつけていました。  この実は「蒴果(さくか)」と分類されるものです。


タコノアシ   〃   〃   1/13,F8
e0070891_18452855.jpg
        名前の通り赤く茹でられた蛸の脚にそっくりです。  この実も「蒴果(さくか)」です。

        蒴果(さくか) - 雌蕊の中が放射状に複数の仕切りで分けられ、
        果実が成熟した時は、それぞれの部屋ごとに縦に割れ目を生じる。
        つまり心皮の数だけの割れ目ができる。 (Wikipedia より)


ゲンノショウコ   〃   〃   1/13,F8
e0070891_1848245.jpg
        種子を飛散させた後で果柄を立てた様が神輿のように見える事から、別名「ミコシグサ」とも呼ばれます。
        この写真には、あおい種子、黒くなった種子、種子を飛ばした果柄、の3段階が見えます。
by higirinikki | 2010-10-26 18:53 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ハチドリ? いいえ、蛾です   10.10.25   (ホシホウジャク、ヒメクロホウジャク)

寒さが去って、薄曇りながら気温が高めに戻りました。ホウジャクの仲間を写しとめようと挑戦に出ました。

今、里ではアザミの花盛り。その花に、まるでハチドリそっくりの虫がホバリングしながら蜜を吸っています。
初めて見た人で、まさか、これが蛾の仲間だとわかる人はいないのではないでしょうか。


ホシホウジャク   10.10.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F8
e0070891_2154875.jpg
e0070891_2155887.jpg
e0070891_216153.jpg
     


ヒメクロホウジャク   〃   〃   ISO1600 1/125,F8
e0070891_21104580.jpg
        背中の紋様が違いますね。現場では気づきませんでした。

        なお、下の2枚は「禁じ手」のストロボを使っています。翅の動きを止められるのですね。
by higirinikki | 2010-10-25 21:13 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ 小谷戸の里の花 (3)   10.10.24   (ツワブキ、キク、フッキソウ)

きのうとは打って変わって寒い小雨降る一日に。やむなく休養日に。

おとといの散策で見つけた(私にとっての)一番花です。


ツワブキ  10.10.22   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/25,8
e0070891_17522591.jpg


キク  〃   〃   1/30,8
e0070891_17534717.jpg


フッキソウ  10.17   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/180,3.3
e0070891_17554526.jpg

by higirinikki | 2010-10-24 17:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ クロコノマチョウ   10.10.23

天気予報が報じていた通り、今日は絶好の行楽日和でした。

12日「前蛹」の姿を見たクロコノマチョウの幼虫、その時いっぱいぶら下がっていた蛹の行方が気になっていました。
10日経ったきのう確認に行ったところ、「あれまー」、その1個体を除く蛹が全部羽化してしまったようです。
蛹の抜け殻がいっぱいぶら下がっていました。


蛹の抜け殻   10.10.22   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/30,F8
e0070891_20205910.jpg


クロコノマチョウ 秋型 ♂?   10.18   〃    1/6,F8
e0070891_20231681.jpg

〃 ♀?   〃   〃   1/8,F8
e0070891_2025168.jpg
        前翅上部先端が尖った鋭い印象、秋型です。 ともに、瓜久保の薄暗い林の中で見つけました。
        雌雄の判定には自信がありません。
by higirinikki | 2010-10-23 20:29 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ タデ科の花 3種   10.10.22   (ミゾソバ、アキノウナギツカミ、ママコノシリヌグイ)

奄美大島の大雨洪水、百年、千年に一回の出来事でしょうか。御見舞い申し上げます。

小雨降る天気が少し良くなったので、4日ぶりの散策に出ました。
湿地や流れの縁には「金平糖」のような可愛い花が盛りです。接写ばかりですがご覧ください。どれもよく似ていますね。


ミゾソバ   10.10.22   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/100,F8
e0070891_17544922.jpg


アキノウナギツカミ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_17565494.jpg
e0070891_1757797.jpg


ママコノシリヌグイ   9.26   〃   1/50,F8
e0070891_17581475.jpg

by higirinikki | 2010-10-22 17:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)