人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

■ 今年一年をふりかえって・後半   10.12.31

年末年始にかけて強い寒波が北からやって来るようですが、当地には空っ風と青空の日が続きそうです。
歳を重ねるほどに一年がアッという間に過ぎて行くようになりました。
今年は、「元気な今のうちに」という感じでお出かけの機会が多かった気がします。できれば来年も、と願ってはいますがどうでしょうかね。

若干マンネリ感にとらわれながら今年もこうして「毎日更新」「写真で勝負」を続けられたことを「幸せ」に思っています。
いつもお出で下さりご覧いただいている皆さんには深く感謝の念をお伝え申し上げます。それなのに、「皆さんの所にお訪ねしてコメントを残すことができていないな~」と忸怩たる思いでいます。

来年も今年と同じようにはいかないかもしれませんが、ゆっくりのんびりと更新を続けていければいいなと思っています。引き続きご愛顧賜りますようお願いいたします。
そして読者の皆さんも良いお年をお迎えになるよう、心から祈念して年末のご挨拶とさせていただきます。


ナミアゲハ 産卵・7月
e0070891_18404362.jpg


クマヤナギ・8月
e0070891_17494110.jpg


カゼクサ・9月
e0070891_1844618.jpg


ホウネンタワラチビアメバチ 繭・10月
e0070891_20574680.jpg


ヒメクロホウジャク 産卵・11月
e0070891_18294734.jpg


ヤマユリ・12月
e0070891_189557.jpg


        こうしてみると、ずいぶん地味な画像ばかり。今年は、こんなものだったのか。
by higirinikki | 2010-12-31 18:29 | 舞岡公園・その他 | Comments(14)

■ 今年一年をふりかえって・前半   10.12.30

「南房総でのハム作り」は格別に報告する内容もなく、無事にお土産のハムとベーコン各1本を携えて、夕方6時過ぎに帰ってきました。

夕食後、この1年の記事をざっと眺めて、各月の「お気に入り写真」を選んでみました。

1月・ヤマガラ
e0070891_17521995.jpg


2月・フクジュソウ に ナミハナアブ
e0070891_1936286.jpg


3月・ホソバミズゼニゴケ
e0070891_18543043.jpg


4月・ニジュウヤホシテントウ
e0070891_119537.jpg


5月・月と金星の出会い
e0070891_237326.jpg


6月・オカトラノオ
e0070891_20293181.jpg

by higirinikki | 2010-12-30 22:08 | 舞岡公園・その他 | Comments(4)

■ 南房総でハム作り   10.12.29

今日の午後から明日にかけて、年末恒例の ハム作り に出かけてきます。
報告は明日夜か明後日にします。

ホント年末に関係ない生活をしているものです。
by higirinikki | 2010-12-29 13:04 | 交友記 | Comments(2)

■ 「吉田線」送電鉄塔を追う   10.12.28

年も押し詰まってきたのに、ノー天気な探索に出かけてきました。

「たけぽ」さんから、「吉田線は6万6千ボルトで舞岡変電所とその先の大きな工場に給電しているようですよ。」とのコメントをいただいた、送電鉄塔について、俄か勉強をして前後の鉄塔探しに出ました。


送電鉄塔に関するサイトを探してみると、「送電鉄塔写真舘」 に出会いました。
「吉田線は戸塚変電所から出発する66KV2回線で、しばらく南横浜火力線の最下段に併架され、途中から分かれて北上し、配電用の舞岡変電所およびその先の日立製作所横浜工場に受電しています。」との説明を頼りに、「吉田線22号」鉄塔から若い番号の鉄塔を探し求めてきました。



南横浜火力線33号鉄塔   10.12.28   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/420,F11
e0070891_18391280.jpg
        隣町の栄区本郷台4丁目「小菅ヶ谷小学校」近くの高台にある鉄塔です。
        送電線の数を数えてみましょう。
        左から14本、右から20本、手前方向に6本、見えますか?

        鉄塔の上部に出入りしている14本の送電線が「南横浜火力線」です。
        左方向は磯子区方面で、東京電力「南横浜火力発電所」から送られてくる154KVの2回線です。

磯子区方面・27~31号鉄塔
e0070891_18492489.jpg
        「南横浜火力発電所」昭和40年代後半に建設された、世界初のLNG(液化天然ガス)専焼火力発電所だそうです。
        左手奥、洋光台、港南台、小山台の住宅地を越えてやってきます。


戸塚区方面・34号鉄塔
e0070891_18535758.jpg
        右手方向には、「横浜環状3号線」「国道1号線」道路に沿うように戸塚区内を北に上っていく送電線、
        終末の「戸塚変電所」まで繋がっていきます。

        整理してみると、「左手、磯子の火力発電所からやってきた154KVの電気は、
        右手、戸塚変電所に向かって送られていきます。
        その戸塚変電所で66KVに弱められた電気が、同じ鉄塔の下部を伝って「吉田線」として
        もう一度33号鉄塔に送られてきます。」



吉田線18号鉄塔
e0070891_20321219.jpg
        「33号鉄塔」から分岐した送電線6本の「吉田線」は北に向かって伸びていきます。
        行く手には「吉田線18号鉄塔」が立っています。いきなり「18号」が現れました。
        ということは、戸塚変電所から17本の鉄塔によってここまで運ばれてきた、ということのようです。

吉田線19号鉄塔
e0070891_20412820.jpg
        さらに北、子供たちが通園した「ふたば幼稚園」の隣接地に立っていました。

吉田線20号鉄塔
e0070891_20443967.jpg
        さらに北、住宅地のどまんなかに立っていました。

吉田線21号鉄塔
e0070891_20491195.jpg
        さらに北、住宅地を離れて「舞岡公園」南端の畑の中に立っていました。

吉田線22号鉄塔
e0070891_20513248.jpg
        前回にも登場した「22号鉄塔」は、明治学院バス停付近にありました。
        その先に見えるのが「23号鉄塔」です。
by higirinikki | 2010-12-28 20:55 | 舞岡公園・その他 | Comments(5)

■ いろいろな実   10.12.27   (ジャノヒゲ、ヤマコウバシ、?)

空っ風が吹く季節、朝晩、我が家の2階からも富士山頂上が見えます。朝は真っ白な雪が、夕方はオレンジ色の空をバックに黒いシルエット姿を、見ることができます。(いつか、記事にしたいですが)

最近の散策で見つけた「いろいろな実」です。


ジャノヒゲ   10.12.17   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/80,F8
e0070891_21395537.jpg
        ヒゲを掻き分けて探し出しました。


ヤマコウバシ   12.22   〃   1/1000,F5.6
e0070891_21433522.jpg
        この葉の色は何というのでしょうか。
       黒い実はようやく探し出したものです。


コナラ?クヌギ?   〃   〃   1/800,F8
e0070891_21465877.jpg
        細長い実はコナラを、毛むくじゃらの殻斗はクヌギを思わせます。
        どちらでしょうね?
by higirinikki | 2010-12-27 21:49 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ あれこれ   10.12.26

今朝はこの冬一番の寒さか、谷戸田の水も凍り、畑では霜柱が伸びていました。

きのうの散策で出会った「あれこれ」です。


スダジイ   10.12.25   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/75,F9
e0070891_21322675.jpg
        道路建設用地にかかっているため移植がすすめられていたスダジイ、ちゃんと定着したようです。


庚申塔が盗まれた?   〃   〃   1/180,F9
e0070891_2135577.jpg
        スダジイの根元に立っていた庚申塔が移植に伴って、どこかで保管されていた。
       その塔が園柵の外に設置されたばかりだったのに、この1~2日間に盗難に遭ったようでした。


富士山   〃   〃   1/180,F9
e0070891_21383645.jpg
        風が強すぎたのか頂上付近に雲が出てきました。


三角点   〃   〃   1/340,F3.3
e0070891_21404567.jpg
        きのうの「吉田線25号」送電鉄塔の近くの山道で見つけました。
        国土地理院図幅には「74.8m」と表示されています。
        周囲は木々が生い茂り、三角点に求められる展望は無理のようです。
by higirinikki | 2010-12-26 21:46 | 舞岡公園・その他 | Comments(8)

■ 送電鉄塔   10.12.25

冬らしく空っ風の吹く一日、冬支度を整えて散策に出ました。ほぼ一年前、明治学院大学でクリスマス行事に出会ったことを思い出して行ってみましたが、一日遅れだったようです。

「さて、何を撮ろうか」 と目を上げて 「そうだ、送電鉄塔を追いかけてみよう」 と決めました。
永らくご無沙汰していた Blogお仲間の 「 たけぽの「平常心是道」 」 で、送電鉄塔を追いかけているのに刺激されたのです。


舞岡公園を縁どる尾根道に四本立っています。標札(?)には 「吉田線〇号」 とありました。
どこから、どこまで続いているのかはわかりません。


吉田線22号   10.12.25   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/220,F9
e0070891_2274413.jpg
        公園の南端付近の丘の上に立っています。

吉田線23号
e0070891_2292318.jpg
        明治学院大との境界の道路脇の尾根上に立っています。

吉田線24号
e0070891_22111738.jpg
        尾根道の中間に立っています。

吉田線25号
e0070891_22123620.jpg
        尾根道の北端、小田急団地に降りる階段傍に立っています。

吉田線26、27号
e0070891_22143529.jpg
e0070891_22145757.jpg
        その階段から北側を眺めると鉄塔が連なって立っているのが見えます。
        調べてみると、右から2本が26,27号で、その先には「舞岡変電所」があるようです。
        いつか探しに行ってみますね。

        鉄塔を並べて 「何がおもしろいの?」 と言われそうですね。
        「舞岡公園の自然」 と正反対の人工物です。


        (追記)さっそく「たけぽ」さんから、送電鉄塔を追いかける楽しみを教えていただく
         コメントをいただきました。
         23号の中段にあるのが「引き込み線」分岐なのですね。
by higirinikki | 2010-12-25 22:18 | 舞岡公園・その他 | Comments(2)

■ 紅い実 (2)   10.12.24   (ヤブコウジ、メギ、ガマズミ)

今日はクリスマスイブの金曜日。おおくの若い人にとって心躍る日でしょうね。
どちらにも縁のない私には、ただの冬の寒い日ですが。

「紅い実」のつづき、です。


ヤブコウジ   10.12.17   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/125,F8
e0070891_16223274.jpg
        いわゆる「十両」です。「一両」とされるアリドオシがみつからないのです。


メギ   12.20   〃  ISO800 1/30,F8
e0070891_1626014.jpg
        いつも実のつきは悪いのですが、今年はとくに少ないです。
        三脚なしの散策の日でしたので、手ブレしています。


ガマズミ   12.18   〃  ISO400 1/500,F8
e0070891_1630289.jpg
        谷戸田の周辺でいつまでも紅い実をいっぱいつけています。
        これは実が少ない方です。
by higirinikki | 2010-12-24 18:09 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ メタセコイアの球果   10.12.23

穏やかな「天皇誕生日」でした。昭和生まれの私には、5月連休の開始日となることの多かった昭和天皇時代の4月29日が馴染み深い日です。

「けやき広場」周辺に数本植栽されているメタセコイアが、すっかり葉を落していました。
松ぼっくりならぬ「メタぼっくり」をつけている樹は、なぜか1本だけです。
その樹にも、ごくわずかしか球果を見ることができません。


メタセコイア   10.12.22   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/1600,F5.6
e0070891_18145465.jpg
        尖った円錐形の樹形が綺麗です。


メタセコイアの球果   〃   〃   1/1600,F5.6
e0070891_1816368.jpg
        望遠先端で3つの球果が視野に入りました。
        実つきがよくありませんね。


メタぼっくり   〃   〃   1/800,F5.6
e0070891_18181255.jpg
        強い風で落ちた枝を探して、やっと一つの落下している実を見つけました。
        松ぼっくりと同じように、この舌のように見えるもの「鱗片」の隙間から種子が飛び出て、
        プロペラのように遠くに飛んでいくのだそうです。
        種子を取り出すのを忘れました。
by higirinikki | 2010-12-23 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 被写体はトリさん   10.12.22   (ホシゴイ、シジュウカラ、カルガモ)

夜半の雨が上がった昼間は気温も上がって冬衣装では暑いくらいの散策になりました。

今どきの被写体はトリか、そろそろ冬芽・葉痕かどちらか。
というわけで今日の話題もトリです。


ホシゴイ   10.12.22   PENTAX K20D 28-200mm(trimming) ISO400 ISO400 1/800,F5.6
e0070891_17203645.jpg
        小谷戸の里の茶畑から池の淵にいるトリが見えました。
        撮影して確認してみるとゴイサギの幼鳥ホシゴイでした。

   〃   〃 1/250,F5.6
e0070891_17245180.jpg
        園路側から池を覗き込んでみると、目の前にホシゴイがいたのでビックリ。
        眠そうに眼を細めていたのに、カメラレンズに驚いたように目を見開きました。


シジュウカラ   〃   〃(trimming) 1/1600,F5.6
e0070891_17282599.jpg
        ウツギの木にとまったシジュウカラ。黒い実が目的ではなく、何かいるのでしょうか幹を突っついていました。


カルガモ   〃   〃 1/320,F5.6
e0070891_1731199.jpg
        さくらなみ池の上空を飛んでいたカルガモの一羽が着水しました。
        二羽目も着水態勢に入っていたので、慌ててカメラを向けました。
        ちょっとタイミングが遅れていました。
by higirinikki | 2010-12-22 17:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)