人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 冬芽・葉痕シリーズ 9   11.1.31   (イロハカエデ、クサギ、ガマズミ)

今朝は氷点下の気温が出たのでは?きのうの睡眠不足を補うべく遅くまでぐっすり眠れました。
そのまま「休養日」となりました。

冬芽・葉痕シリーズは「赤い芽 3種」です。


イロハカエデ   11.1.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_1824118.jpg


クサギ   〃   〃   1/15,F8
e0070891_18264883.jpg


ガマズミ   11.26   〃   1/100,F11
e0070891_1829230.jpg

by higirinikki | 2011-01-31 18:30 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ 古民家で結婚式   11.1.30

清冽な風が吹く青空の下、古民家を借りての結婚式が行われました。
事務所スタッフも協力していましたが、私も急遽「スナップショット係」として協力させていただきました。
花嫁・花婿さんともに終始にこにこ、気持ちよく大量の写真を撮ることができました。

プライバシーを考えて、おふたりの姿は遠目のもの一枚だけとします。


花嫁の到着   11.1.30   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/200,F3.3
e0070891_1833084.jpg
        いつの時代の、どこの風習にしたがった結婚式だったのでしょうか。
        上のシーンは、仲人が花嫁と連れ立って会場に来るところ、花婿が迎えています。

        詳しい進行はこうでした。
        「雄蝶雌蝶(おちょうめちょう)」と呼ばれる5歳前後の幼い男女が重要な役をします。
        仲人の奥様が手を引く花嫁を、仲人のご主人と雄蝶雌蝶の3人が迎えに行きます。
        出会ったところで、5人が揃って会場に向かい花婿がこれを迎えるのです。

        さらに、式の中でこの雄蝶雌蝶2人は「三三九度」の杯の神酒を注ぐ役もこなしていました。
        こういう式次第があることは、恥ずかしながら初めて知ったしだいです。


めでたいお飾り
e0070891_18454270.jpg
         スタッフ手作りのお飾りが入口に飾られていました。


お知らせ
e0070891_18501248.jpg
        私的な行事ですから、事前に大きくPRはしていませんでした。
        たまたま今日、訪れた来園者の皆さんには眼福だったことでしょう。

紅白のお餅
e0070891_9521660.jpg
        この日は私たちの田んぼグループ「やとに会」の餅つきが予定されていました。
        たまたま結婚式と重なったので、おめでたい行事の一環として新郎・新婦の「初協同作業」として「餅搗き」もすることになりました。

        参観者に配られた「紅白餅」です。(これは、前日にスタッフが搗いたものです)
by higirinikki | 2011-01-30 18:50 | 舞岡公園の行事 | Comments(20)

■ 冬芽・葉痕シリーズ 8   11.1.29   (カラタチ、サンショウ、モミジイチゴ)

今日は長年勤務した会社の同期入社者の集まりがあり、新宿まででかけてきました。
「みんな元気だな」と思いましたが、考えてみれば元気でない者は出てこないわけで、当たり前のことでした。

冬芽・葉痕シリーズは、「痛そうな針を持った木 3 種」 です。


カラタチ   11.1.26   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F11
e0070891_1973940.jpg


サンショウ   〃   〃   1/125,F11
e0070891_1984356.jpg


モミジイチゴ   1.27   〃   1/1600,F9
e0070891_1994077.jpg

by higirinikki | 2011-01-29 19:13 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ 春にさきがけて   11.1.28   (ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ)

強い寒気が南下しているそうで朝晩が寒い日となっています。

きのうの散策で見つけた(無理矢理)春のさきがけです。花盛りの頃には見向きもしない花たちですが。


ヒメオドリコソウ   11.1.27   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F9
e0070891_18462273.jpg


ホトケノザ   〃   〃   1/200,F9
e0070891_18464638.jpg


オオイヌノフグリ   〃   〃   1/1600,F9
e0070891_184742.jpg

by higirinikki | 2011-01-28 18:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 冬芽・葉痕シリーズ 7   11.1.27   (アカシデ、イヌシデ、クマシデ)

喉の銚子はいまひとつですが、今日も冬芽・葉痕の撮り残し浚い、と春の花探しに出ました。

冬芽・葉痕シリーズ 「シデ3兄弟」 です。


アカシデ   11.1.26   PENTAX K20D100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_17591143.jpg
        いつもの「ばらのまる橋」際の樹、枝先の葉が目の前に広がり、被写体は「より撮り見撮り」です。
        先の丸っこいのが花芽、尖っているのが葉芽だと思います。


イヌシデ   1.27   〃(trimming)   1/60,F8
e0070891_183358.jpg
        公園内の樹木は「来園者の安全」を図ってか?、眼の高さの枝はほとんどが切り払われてしまいます。
        瓜久保・かっぱ池の際にあるイヌシデの樹で、目の高さにようやく見つけた小枝の先の姿です。


クマシデ   1.26   〃(trimming)   1/50,F8
e0070891_1882071.jpg
        こちらも「さくら広場」にあるクマシデの樹で、目の高さにようやく見つけた小枝の先の姿です。
by higirinikki | 2011-01-27 18:12 | 冬芽・葉痕 | Comments(4)

■ 白いジョウビタキ   11.1.26

今日も昼過ぎに冬芽・葉痕の撮り残し探しにでました。すこし冷たい風が吹いてきたので早々に退散してきました。

きのうの特ダネ第2弾は「白いジョウビタキ」です。


白いジョウビタキ   11.1.25   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/30,F8
e0070891_1853424.jpg
        もう3ヶ月近くも前に出現して、最近では梨畑や狐久保の畑の周辺を縄張りに定着した鳥です。
        「こんな姿をしているのが珍しい」と多くのカメラマンに追いかけられていたのですが、
        今やすっかり人馴れしてめずらしくもなんともなくなって追いかけられなくなりました。

        この日、梨畑の角で出会った散歩のご夫婦から「今まで、私たちの前を白い鳥が案内してくれていたのですよ」
        と、話しかけられました。「ほら、そこにいます」と教えられたのが写真の姿です。
        梨畑の垣の隙間から覗き込んだ先の鉄線にとまっていました。

白いジョウビタキ   〃   〃    1/160,F8
e0070891_1903971.jpg
        しばらく撮影させてくれた後、飛び上がってとまりました。


普通のジョウビタキ   〃   〃    1/30,F8
e0070891_1925434.jpg
        これが普通のジョウビタキ♀の姿です。
by higirinikki | 2011-01-26 19:04 | 舞岡公園の鳥 | Comments(4)

■ ルリビタキ撮り放題   11.1.25

午後になって喉がラクになってきたので、鳥狙いで散策にでました。
風もなく穏やかな暖かな谷戸で多くの撮影ができました。

まずは、かなりの接近を許してくれたルリビタキの画像です。撮影順の掲載、全部同一のトリミング率です。つまり大画像ほど接近できた、ということです。


ルリビタキ   11.1.25   PENTAX K20D 28-200mm(trimming) ISO400 1/50,F8
e0070891_1915177.jpg
e0070891_1973712.jpg
e0070891_1974869.jpg
e0070891_198192.jpg
e0070891_1981440.jpg
e0070891_1982597.jpg
e0070891_1983782.jpg
e0070891_1984914.jpg
e0070891_199234.jpg
e0070891_1991953.jpg
        いちばん接近できて、「綺麗に撮れたな」と思った途端、散歩する人が来たので飛び去っていきました。
        もう、これ以上に思いきり撮影できるとは思えません。
        満足、マンゾク。
by higirinikki | 2011-01-25 19:11 | 舞岡公園の鳥 | Comments(10)

■ 凍りつく谷戸   11.1.24

喉の痛み・絡み付く痰、発熱はほとんどないのですが、こみ上げる咳で寝つけません。
今朝、再び内科で診断を受け薬をたくさん貰ってきました。すこし喉がラクになってきました。

今年はひさしぶりの「寒い冬」のようです。
池や田んぼで氷っている光景をよく見ます。


全面結氷する池   11.1.16   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/340,F4.5
e0070891_1853024.jpg
        あの 「この冬一番の冷え込み」 だった先週日曜日の朝7時半、園路から見た手前が 「さくらなみ池」、奥が 「宮田池」 です。

ハート形の氷   〃   〃   1/250,F3.3
e0070891_18183538.jpg
        田んぼの窪みに溜まった水が凍っています。ハート形に見えますね。


田んぼの氷   1.17   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/200,F8
e0070891_181017.jpg
        翌日も寒い日、瓜久保の湛水田んぼで奇妙な光景を見つけました。
        泡立っていた水泡がそのまま凍ったように見えます。どんな成因でしょうね。
e0070891_18124561.jpg



怪人 ?   1.16   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/340,F4.5
e0070891_1814116.jpg
        霜の谷戸、早朝の低い太陽で長く伸びた私の影です。
by higirinikki | 2011-01-24 18:23 | 舞岡公園・その他 | Comments(2)

■ 寒鰤で新年会   11.1.23

今年も、高校同窓の仲間が集まっての新年会に参加してきました。 去年の状況は こちら で。

昨年末には南房総でハム作りをしてきたばかりです。

寒ブリ   11.1.23   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/30,F3.3
e0070891_2145207.jpg
        壱岐から送られてきた寒ブリ、12㎏もあるそうです。


出刃でさばく
e0070891_2148171.jpg
        解体ショーさながらに、玄人はだしの腕前でさばいていました。


ぶり大根
e0070891_21503916.jpg
        刺身は撮影するのを忘れました。座が盛り上がっている間に「ぶり大根」も出来上がってきました。
        気がついた時は、こんな状態でした。


テーブルの上
e0070891_21532611.jpg
        ホスト宅のTH夫人の心づくしの料理がテーブルいっぱいに並んでいました。
by higirinikki | 2011-01-23 21:55 | 交友記 | Comments(4)

■ 冬芽・葉痕シリーズ 6   11.1.22   (ヤマグワ、カラスザンショウ、キリ)

今日も青空の冬らしい日。なんとなく休養日になっていました。

冬芽・葉痕シリーズは 「顔 (?) 」 3種です。


ヌルデ  ヤマグワ   11.1.12   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/800,F8
e0070891_17484020.jpg


カラスザンショウ   1.13   〃   1/30,F8
e0070891_17495198.jpg


キリ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_17522599.jpg

by higirinikki | 2011-01-22 17:54 | 冬芽・葉痕 | Comments(2)