人気ブログランキング |

<   2012年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

■ ヤクルト やっと勝つ   12.5.31

交流戦に入って1勝を挙げたあと39年ぶりの10連敗を続けていたヤクルト、日本ハム戦を神宮球場で観戦してきました。
開幕以来、貯金を7つもしていたのに、今日は借金3までに落ち込んでいた。
せっかくネット裏の席に着いたからには勝ってもらわねば、と声を枯らしての応援の甲斐あって、終わってみれば10対5と快勝。
溜まりに溜まっていた溜飲を下げて帰ってきました。


畠山がタイムリー   12.5.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/125,F4.3
e0070891_2361193.jpg
        神宮出身の斉藤祐樹からタイムリー2塁打で先制。


ミレッジが満塁本塁打
e0070891_2310078.jpg
        3対2と迫られた6回、突き放すグランドスラム。これで安心かな?


e0070891_2311578.jpg
        1塁側スタンドは狂喜乱舞の傘が舞った。


最終スコアボード
e0070891_23124997.jpg
        9回表の失点3は余計ですが、ひとまず連敗が避けられた。
        交流戦後半の連勝を期待しよう。
by higirinikki | 2012-05-31 23:16 | おでかけ | Comments(2)

■ ジンガサハムシ   12.5.30

今日も爽やかな風の吹く青空。ゼフ第二弾「ウラゴマダラシジミ」を見つけんものと散策に出たが、空振りだった。その他の虫も、ほとんど収穫なしで疲れました。

きのう出会ったのは、例年なら5月上旬には撮影している「ジンガサハムシ。なぜか、食草のヒルガオが少なく、この虫の姿が見えない。やっと見つけた一頭だが、葉裏に回って撮らせてくれない。引っくり返したり、指先に乗せたり、苦労させられました。


ジンガサハムシ   12.5.29   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/50,F8
e0070891_1828599.jpg
e0070891_18283163.jpg
e0070891_18282862.jpg
        いつも不思議に思うのは、こんなに「金ピカ」に見せる理由・目的はなんなのだろう?、と。
by higirinikki | 2012-05-30 18:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ アカシジミがいっぱい   12.5.29

「大寒気団が南下して午後から天気が不安定」との予報、午前中は強い風が吹いているものの青空。
アカシジミ情報に誘われて、9時すぎに散策に出た。
かなり離れた3カ所で出会ったアカシジミ、100㎜マクロによる接写画像です。


アカシジミ   12.5.29   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/50,F8
e0070891_17373618.jpg
e0070891_1737571.jpg
e0070891_17381537.jpg
        クリの木が近くにある下草の中から這い上がってくる個体を見つけました。
        胸や腹が、こんなにプックリと膨れているとは知りませんでした。


   〃   〃   ISO800 1/640,F8
e0070891_1742658.jpg
e0070891_17423321.jpg
        マユミの花で吸蜜している個体を見つけました。
        どうしても枝や葉が被ってしまうのが残念ですが、ストローが見えるでしょう。


   〃   〃   ISO800 1/160,F8
e0070891_17472066.jpg
        園路際の葉の上にいた個体です。
        強風が吹きつけ大きく揺れる葉にしがみついていました。
by higirinikki | 2012-05-29 17:51 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ゼフィルス登場・アカシジミ   12.5.28

「ゼフィルス」 と呼ばれる小形のチョウたちがいます。ゼフィルスは、ギリシャ語のzephyrosから来ていて西風という意味だそうです。
6月から7月にかけて年に一度だけ出現し、卵で越冬するシジミチョウ科の一群のチョウです。

昨年と一昨年、ともに同じ28日の記事の書き出しです。
今年も、きのう27日に、田植えを終えての帰りがけに、その第一陣「アカシジミ」を見つけました。 とりあえず「証拠写真」を紹介します。


アカシジミ   11.5.27    FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/240,F5.1
e0070891_17573783.jpg
        例年、おなじガマズミの木に姿を見せてくれます。
        代々、同じ血を受け継いでいるのでしょうか。

   〃   〃(trimming)   1/210,F5.1
e0070891_1804476.jpg
        同じ個体です。強い風が吹き付ける葉を、すこしずつ動いています。


   〃   〃(trimming)   1/160,F5.1
e0070891_1825532.jpg
        もう一頭、すこし下にいました。
by higirinikki | 2012-05-28 18:04 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 8回目の田植え   12.5.27

ここ舞岡公園では、きのう・きょうが田植えのピークのようです。
私が所属する米作りグループ「やとに会」も今日が田植え日でした。

ほぼ毎年「米作り」の様子を報告していますが、これで8回目の「田植え」経験です。
今年も平穏・無事に米が実り「豊作」となりますように、祈るばかりです。


苗とり   12.5.27   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/110,F9
e0070891_18112767.jpg
e0070891_18114066.jpg
e0070891_18115378.jpg
        上に引っ張って根をブチッと折らないように、指を土の下に差し込んで数本の苗を掬い上げるようにして抜きあげます。
        根についた泥を洗い流して、100本ほどに纏めて藁で括ります。
        今年の17番田んぼは「やや小さい」ので、30束・3千本ほどの苗を用意しました。


位置決め   〃   〃   1/75,F12
e0070891_18163026.jpg
e0070891_18164544.jpg
        今年も「縄張り」方式で、苗を植える位置を決めることになりました。
        私が手前側の縄の位置を決める担当で作業が進みました。

        田植え中は、泥の手なので写真撮影ができません。


隅の手植え   〃   〃   1/75,F12
e0070891_18232335.jpg
        17番田んぼは、あたかも「千枚田」のような曲線に富んだ細長い田んぼ。
        隅の方は、縄で位置を決めるような所ではないので、目見当で植えていきます。


田植え完了   〃   〃   1/75,F12
e0070891_18263959.jpg
        新人指導員のSuさんが「うまくできてよかった」と言うほど、曲線田んぼとしては上手に出来上がったと思います。
by higirinikki | 2012-05-27 18:30 | コメ作り | Comments(4)

■ 浅草・東京スカイツリー   12.5.26

蒸し暑い一日でした。亡父の七回忌法要を浅草・東本願寺そばの菩提寺で執り行ってきました。

その帰り、妻と長男一家と一緒に歩行者天国となっていた「雷門通り」を雷門まで歩き、タクシーに乗って「東京スカイツリー」に行き「東京ソラマチ」を歩いてきました。
浅草と東京スカイツリーが一緒になって、下町に活気が出てきたとみてよいようでしたが、これはいつまで続くかな?


国際通りから雷門通りを見る   12.5.26   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/140,F11
e0070891_22301445.jpg
        お寺近くの交差点からはスカイツリーがよく見えます。


なに踊り?   〃   〃   1/80,F11
e0070891_22324100.jpg
        「歩行者天国」の雷門通りでは、賑やかにいくつかのパフォーマンスが行われていました。


アプローチ   〃   〃   1/70,F9
e0070891_2234158.jpg
        スカイツリーの西側入り口へのアプローチは、この眺めからです。
        この川は「北十間川」だと思います。


全景が見えた   〃   〃   1/180,F9
e0070891_224448.jpg
        


ソラマチの賑わい   〃   〃   1/180,F9
e0070891_22401385.jpg

by higirinikki | 2012-05-26 22:44 | おでかけ | Comments(2)

■ 白い花   12.5.25   (ドクダミ、ユキノシタ、トキワツユクサ)

ずっと曇り空だった今日、なんとない疲れで 「休養日」 としました。

きのうの散策では、毎年出会う花との再会。「そうだ、もうこの花が咲く時期だったのだ」 という思いを強めました。


ドクダミ   12.5.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/200,F8
e0070891_21432784.jpg


ユキノシタ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_21445066.jpg


トキワツユクサ   〃   〃   1/80,F8
e0070891_2146690.jpg

by higirinikki | 2012-05-25 21:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 産卵するクロスジギンヤンマ   12.5.24

今日は予報が当たって蒸し暑い夏日に。たっぷり3時間ほど散策。
谷戸田では、幼稚園生の「代掻き」作業に興ずる歓声が響き渡っていた。

ちょっと離れた田んぼの脇の流れで大きなトンボが、「一心不乱(?)」に産卵行動をしていた。
トンボの産卵は普通は、雌雄が連結して水面に落とすか、水草に産み付けるかだが、この雌は単独でした。


産卵するクロスジギンヤンマ   12.5.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_18471018.jpg
        流れに沿って右方向から飛んできたトンボが草にとまりました。
        正面から見るので、体の後方が見えません。


   〃   〃   1/250,F8
e0070891_18494957.jpg
        こちらの気持ちが通じたのか、体の向きを変えてくれました。
        腹端は水中にあるようです。


   〃   〃   1/250,F8
e0070891_18522525.jpg
        真横から全身が見える位置になりました。
        この草は「タイツリスゲ(ゴウソ)」の実のようです。こんなところに産卵するのでしょうかね。


   〃   〃   1/250,F8
e0070891_18552153.jpg
        この後、180度回転して反対側からの姿をみせてくれました。


   〃   〃   1/250,F8
e0070891_18571235.jpg
        「クロスジギンヤンマ」の名前の由来となった、胸にある黒い条(スジ)です。


おまけ
ギンヤンマ   09.8.15   〃   1/250,F8
e0070891_18594733.jpg
        3年前の夏の画像です。雌雄が連結して産卵しています。


e0070891_1904519.jpg
        こちらの胸には黒いスジはありませんね。
by higirinikki | 2012-05-24 19:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 作品展の合い間に (2)   12.5.23   (キリ、ウツギ、ミヤコグサ)

「きのうの3月の気温から一転して6月の蒸し暑さにかわる」という予報だったが、それほど暑くはならなかったようだ。

20日の作品展の合い間で撮った画像のつづきです。


キリ   12.5.20   FinePix F200mm 6.4-32mm ISO400 1/600,F4.6
e0070891_18442799.jpg
        もうだいぶ前から花をつけ始めている桐です。今が見頃かな?


ウツギ   〃   〃   1/320,F3.3
e0070891_18461338.jpg
        こちらは「蕾が膨らんできたな」と思っていたウツギ。
        気がついたら咲き始めている。「卯の花のにおう」季節になったということか。


ミヤコグサ   〃   〃   1/500,F3.3
e0070891_18484583.jpg
        「作品展」会場、妻の作品の裏側の花壇で咲き始めていることに気づく。
        ボタニカルアートの作者Naさんに「この花はミヤコグサですよね」と聞かれた。
by higirinikki | 2012-05-23 18:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 作品展の合い間に   12.5.22   (ベニカミキリ、モンキチョウ、ゴミグモ)

いよいよ「東京スカイツリー」が開業した。墨田区は、私の卒業した高校の学区だったので、同窓生がいっぱいいます。いろいろ意見はあるでしょうが、プラスの面は多いようですね。

おとといの作品展は、べったり会場にいたわけではなくて谷戸田も散策していました。


ベニカミキリ   12.5.20   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/500,F3.3
e0070891_2033162.jpg
        水屋前の「風景・虫・鳥」コーナーの前を赤い虫が飛んでいた。
        地面に着陸したところをパチリ、「ベニカミキリ」でした。

        体内に毒をもっている「ベニボタル」に擬態している虫として知られる、
        と言われるが他の捕食者は本当にそんなことを知っているのかな?


モンキチョウ   〃   〃   1/600,F3.3
e0070891_2011463.jpg
        白型のモンキチョウ♀が産卵場所を探すかのように、いろんな葉っぱに移り飛んでいました。


ゴミグモ   〃   〃   1/550,F3.3
e0070891_20145698.jpg
        ゴミいっぱいの巣が目の前に見えた、と思ったら巣のあるじが蜘蛛の糸にかかった小虫めがけて急ぎ足。
        風に揺れるので、両方を写すのが難しい。
by higirinikki | 2012-05-22 20:17 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)