人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 落ち葉をひっくり返す鳥たち   13.1.31   (ガビチョウ、シロハラ、シメ)

今日もそこそこ暖かな日。風もそこそこあった。
歩き始めてすぐに、落ち葉をひっくり返しているガビチョウに出会った。
「特定外来種」に指定されている理由は、「落ち葉をひっくり返す」地上で餌を探すシロハラなどの鳥と競合して、生態系を変える虞があるからです。


ガビチョウ   13.1.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/80,F8
e0070891_17561665.jpg



シロハラ   1.30   〃   ISO800 1/110,F8
e0070891_1759373.jpg



シメ   1.31   〃   ISO800 1/750,F8
e0070891_181635.jpg

by higirinikki | 2013-01-31 18:02 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ アオジ   13.1.30

風が弱く、15℃近くまで気温が上がった。冬芽・葉痕を撮る絶好の日和、とあって10種ほどの撮影をした。
成果は後日に。

「今年は、うまく撮れない」といっていたアオジ撮影に挑戦してきた結果報告です。 いずれも雌のようです。


アオジ   13.1.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/100,F8
e0070891_2031259.jpg



アオジ   1.27   〃ISO1600 1/2000,F8
e0070891_20312154.jpg



アオジ   1.28   〃 1/500,F8

e0070891_20313333.jpg
        毎年のことだが、「人馴れ」する時期や接近距離で最も「早い、近い」と誰もが思うのがアオジです。
        あまり近づきすぎて撮りにくいこともある。
by higirinikki | 2013-01-30 20:34 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 冬芽・葉痕   13.1.29   (ガマズミ、コナラ、ヤマコウバシ)

きのうほどの風は吹いていない青空の冬の日。鳥を意識しすぎていて、このシーズンの定番「冬芽・葉痕」を忘れていた。新しい一眼のマクロ機能を使いこなさないといけない。練習をしてみた。


ガマズミ   13.1.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/2200,F8
e0070891_20353875.jpg

   〃   〃   1/1400,F4
e0070891_203657100.jpg
        同じ被写体で絞りを変えて撮ってみた。
        背景がわかるか、標本写真に徹するか、どちらがよいでしょうか?


コナラ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_20402240.jpg
        枝先にいっぱいに冬芽をつけているのが特徴。チョウセンカマキリの卵嚢がついている。
        むき出しに曝されているとシジュウカラがやってくるのに。


ヤマコウバシ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_20432599.jpg
        枯れ葉をいつまでもつけている中で、冬芽も「ここにいるぞ」と自己主張している。
by higirinikki | 2013-01-29 20:44 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ キクイタダキ   13.1.28

また強い北風が吹く一日。冬の陽射しもつよく、風さえなければ暖かいのだが。
出れば何かの収穫があるだろうと期待しての散策。会いました。

ついこのあいだメジロと思い込んでカメラを向けられなかったキクイタダキ、証拠写真は撮れました。
メジロと間違えるのがおかしいほど小さな鳥です。頭頂部に黄色い翅があって「菊戴き」と称されるのだそうです。

針葉樹、今日いたのはヒノキだったのか、虫でもいたのかちょろちょろ飛びまわったり葉先をホバリングしたり、AFが追随できず、ピントが合ってシャッターを切った時には「もういない」の繰り返しだった。
その中から証拠写真をお見せします。



キクイタダキ   13.1.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/120,F8
e0070891_20111911.jpg
e0070891_20135917.jpg
        カメラマンが集まっていた隙間に入らせてもらったのが強い逆光の位置だった。
        そのおかげで、ホバリングする翅が透けて見えた。

e0070891_20162327.jpg
e0070891_20163660.jpg
        ここには2羽いたのだが、人馴れしているらしくカメラマンが順光位置にぞろぞろ移動しても逃げない。

        私も幹の真下に移動、光が当たるシーンを期待したが「そうは問屋が卸さない」。
        やっと、それらしいショットが得られた。が、「菊戴き」の黄色い翅は真下からは撮れなかった。
by higirinikki | 2013-01-28 20:20 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ジョウビタキ ♀   13.1.27

朝の冷え込みはきつく池はみな全面結氷していた。田んぼの氷も融ける昼過ぎに散策に出たが、やはり鳥の声がすくない。
風が弱く、ひなたは暖か。瓜久保で、いろいろの鳥が遊んでくれた。

その中から、ひさしぶりに姿を見たジョウビタキ♀です。


ジョウビタキ ♀   13.1.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(trimming) ISO800 1/600,F8
e0070891_18114286.jpg
e0070891_1812146.jpg
e0070891_18121784.jpg

by higirinikki | 2013-01-27 18:12 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 消防訓練   13.1.26

10時から小谷戸の里で消防訓練がある、というので出かけてきた。「自衛消防隊」の訓練ではなく、近隣の消防署から数台の消防自動車と隊員が集まって、小谷戸の里で大火が起きたと想定しての訓練でした。

古民家と納屋にはスプリンクラーが設置されているが、これは他からの延焼を防ぐためのものだということだった。


消防自動車が集結   13.1.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/180,F8
e0070891_2128538.jpg
        いつも自転車をとめる駐輪場に数台の消防自動車が集結していた。
        上の都市公園部にある強力な消火栓からホースを繋いで、谷戸へ下がる園路を辿って小谷戸の里まで水を送り込むらしい。

小谷戸の里入口   〃   〃   1/85,F8
e0070891_213313100.jpg
        小谷戸の里では、ホースの接続が行われていた。

事前の打ち合わせ   〃   〃   1/85,F8
e0070891_21344527.jpg
        小谷戸の里のスタッフも訓練の一部に参加、打ち合わせをしている。

スプリンクラーから放水開始   〃   〃   1/105,F8
e0070891_21364543.jpg
        ちょっと場所をはずれていたら、警報が鳴って、スプリンクラーから放水が始まった。

放水開始   〃   〃   1/85,F8
e0070891_2138555.jpg
        前庭と水屋前の「ホース格納庫」のホースを使って、前山と裏山への放水も始まった。

盛大に放水   〃   〃   1/100,F8
e0070891_21431111.jpg
        スプリンクラーから盛大に放水される。陽光を受けて光る水滴です。

消防隊のチェック   〃   〃   1/100,F8
e0070891_21452039.jpg
e0070891_21454242.jpg
        消防隊員も写真記録をとっていた。
by higirinikki | 2013-01-26 21:46 | 舞岡公園の行事 | Comments(2)

■ 春近し?   13.1.25   (福寿草、オオイヌノフグリ、三椏)

大陸から大寒気団が南下、台風並みの低気圧が発達して大雪が降っている。当地では、強い北風が吹いて体感温度が下がって寒い。そんな中、2時頃に散策に出たが鳥さんも寒くて外に出ていない?

それでは、と植物の世界に目を向けてみた。ありました、春の兆しが。


福寿草   13.1.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/420,F8
e0070891_22125637.jpg
        昨年、咲いていた場所。園内で最も陽射しのある場所なので、一輪だけだが早くも咲いていた。
        すこし閉じかけていたが。


オオイヌノフグリ   〃   〃 (trimming)   1/340,F8
e0070891_2216480.jpg
        これも一輪だけでしたが。 名前を漢字で表記するのは躊躇います。



三椏   〃   〃   1/450,F8
e0070891_2218632.jpg
        「黄色い花」にはまだまだのようですが。
by higirinikki | 2013-01-25 22:19 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ カワウがいた   13.1.24

今日もすっきりしない曇り空。午前中は、レースカーテンだけを架けている居間とDKの、本カーテンを探しに専門店に出かけて、ほぼ決めることにした。
午後の小谷戸の里での会議に出る前の小1時間ほどを散策。

「さくらなみ池」にカワウがいた。あの東日本大震災が起きた午後、やはりカワウが出現していたのを思い出して、いやな気分に襲われた。さいわい、今日は何事も起らなかった。


カワウ   13.1.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/200,F8
e0070891_2051786.jpg
        キクイタダキに会えないかと山道を降りてきた。
        「さくらなみ池」に着いた途端、大きな黒い鳥が羽を広げていた。

e0070891_2074829.jpg
        驚かせて飛ばれないように、じっとカメラを向けていた。

e0070891_2083428.jpg
        散歩をする人が近づいてきたので、向うに飛んで行った。

e0070891_2094746.jpg
        また、池の向こう岸近くの杭の上で羽を広げた。

e0070891_20105533.jpg
        何度も池の中に潜っていたが、大物の獲物は獲れないようだ。

e0070891_2011515.jpg
        また、こちら側に飛んできた。

e0070891_20152731.jpg
        すぐ目の前を進んできた。
        しばらくして、塒の方へ飛び去っていった。


        おすすめ 過去記事
by higirinikki | 2013-01-24 20:14 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 雪の中の鳥 (3)   13.1.23   (メジロ、シロハラ、アオジ)

「午前中は晴れ」という予報が外れ寒い曇り空、散策に出る気になれず休養日に。

「雪の中の鳥」の続きです。


メジロ   13.1.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/600,F9
e0070891_1630067.jpg
        コナラの幹のうろに虫でもいるのだろうか、お尻を向けて突っついていた。


シロハラ   〃   〃   1/850,F8
e0070891_16315726.jpg
        アカウソの群れの前の草地にいた。
        堆肥枠にとまってから飛んで行った。


アオジ   1.20   〃   1/300,F8
e0070891_1634499.jpg
        今年はアオジをうまく撮れていない。
        こんな見下ろす位置からでは、いい写真は無理だ。
by higirinikki | 2013-01-23 16:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ヤマガラ   13.1.22

朝から雨、午後の高校同窓会WEB委員会に出席、終わった後に軽く一杯のミニ新年会をして8時頃に帰宅。
10年くらいの中で同じ高校で学んだ6人、当然ながらいろいろの家庭のタイプを作っていることを知る。

きのうの散策で出会った鳥、ヤマガラです。昔、神社の縁日で御神籤を引いてくる可愛いい仕草が思い出される。とはいえ「鳥獣保護」の観点からは規制されてしかるべきか。

出会って長い間つきあってくれたが、ちょこまかと立ち位置を変えるので、AFが追随しない。ピンボケ写真の山から比較的ましな写真ものせます。


ヤマガラ   13.1.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/220,F8
e0070891_21435864.jpg


e0070891_21444659.jpg
e0070891_2144597.jpg
e0070891_21451336.jpg

by higirinikki | 2013-01-22 21:45 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)