人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ ウグイス   13.3.31

今日はいちだんと寒く早朝歩きをした8時前、小谷戸の里の気温は8℃ちかくと推定した。
一日中、いまにも雨がおちてきそうな曇り空で、公園には花見客は少なかっただろう。

2時過ぎに出た散策では撮り残していた花と、サクラの樹にいる鳥を撮ってきた。
その中から、なかなか綺麗に撮れないウグイスの 「証拠写真」 2枚です。


ウグイス   13.3.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/1200,F8
e0070891_18411364.jpg
        大島桜の花の中で、「ケキョケキョ」 と繰り返しながら花びらを散らしているかと思えば、
        位置を変えて 「ホーホケキョ」 と鳴いたり、食事と求愛(?)に忙しい。

        構図作りとピント合わせが思うにまかせない。

   3.29   〃   1/380,F8
e0070891_18471915.jpg
        細かい枝の隙間から見上げながら、位置を確かめて撮影。
        空抜けの位置で、「ホーホケキョ」 と鳴く姿の構図を決めるのは偶然の産物以外にない。

        おとといもスカッとは晴れてはいなかった。この細かい葉と蕾(?)は何でしょうね。
by higirinikki | 2013-03-31 18:49 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ サクラを見上げる   13.3.30   (大島桜、山桜、染井吉野)

異常に早く咲き始めたサクラ、その後に寒さが戻ったりして満開状態はこの週末まで続いてきた。
せっかく最後の花見ができると期待していた人にとって、今日・明日は寒い雨模様の日になってしまったようだ。

公園の桜を見上げてみました。


大島桜   13.3.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/700,F8
e0070891_17413936.jpg


山桜   3.28   〃   1/500,F8
e0070891_17432866.jpg


染井吉野   〃   〃   1/550,F8
e0070891_17441992.jpg


枝垂れ桜   〃   〃   ISO400 1/280,F9
e0070891_17453110.jpg

        「花の雲」ではなく、「花の布団」のようです。
by higirinikki | 2013-03-30 17:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 雌雄異株 アオキとヒサカキ   13.3.29

今日も暖かな一日。講演も里山も、満開の桜でにぎやかだ。夕方から強い風が吹き出して、花びらが散り「花嵐」となった。
週末のお花見は微妙な形勢にある。

きのうの散策で見た雌雄異株の木だ。


アオキ ♂   13.3.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/105,F8
e0070891_20515466.jpg


アオキ ♀   〃   〃   1/27,F8
e0070891_20533575.jpg
        違い?よく見ればわかりますよ。


ヒサカキ ♂   〃   〃    1/85,F8
e0070891_20562076.jpg


ヒサカキ ♀   〃   〃    1/160,F8
e0070891_2058318.jpg
        「ガス臭い」と言われるが春らしい“香り”を漂わせている。
        畑の垣に使われていて、隣り合っていた。
by higirinikki | 2013-03-29 21:00 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ツマキチョウ ♂   13.3.28

また春の陽気にもどった。昼過ぎには散策していて汗をかいていた。
また電池切れで早期撤退をやむなくされた。

モンシロチョウをじっくりと撮っていないので、探しているのだが目につかない。「やっと見つけた」と思ったら、なんと、ツマキチョウだった。
いつもの相棒「ムラサキケマン」がやっと咲き出した時期だから、「早い!」のだ。


ツマキチョウ ♂   13.3.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/300,F6.4
e0070891_20265421.jpg
        タチツボスミレにとまっている姿はめずらしいかも。 表・裏の翅の模様がわかりますね。

   〃   〃(trimming)   1/320,F6.4
e0070891_20294338.jpg
        じゅうぶんに開翅してはくれませんでした。 でも、翅の褄(ツマ)の黄色は見えますね。

        この「黄色い褄」があるのは♂です。 褄がありそうな♀にはないのです。

        おすすめ 過去記事
by higirinikki | 2013-03-28 20:32 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春爛漫   13.3.27

昨夜遅く、サッカー ワールドカップ アジア最終予選B組の日本ーヨルダン戦をTV観戦した。
とはいっても、眠気との戦い途中、日本が2点目の失点をした時にリタイアするという、いいかげんなファンです。
試合中、日本選手の顔に緑色のレーザー光が当たっているのには驚きました。

今日も寒い日でした。最近の「春爛漫」を思わせる画像です。

「春爛漫」とは、「Weblio」辞書をみると、このように定義されていた。
「爛漫」とは花が咲き乱れる様子、あるいは明るく、光あふれんばかりに輝くさま。
「春らんまん」は、春の花が咲き、光に満ち満ちた様子を表す表現として用いられる。



春爛漫   13.3.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/340,F5
e0070891_20255713.jpg
     小谷戸の里、古民家の庭です。咲いている花は何でしょうね。

   3.23   〃   1/450,F8
e0070891_2024357.jpg
     「狐久保」への入り口の光景です。ここでもユキヤナギが主役かな。
        黄色はレンギョウ、遠景は丘の上の桃の花です。

   3.20   〃   1/1000,F8
e0070891_2030428.jpg
        「宮田池」と「さくらなみ池」の近くの斜面の光景です。
        左のピンクは山桜の花、右はコブシの花です。
by higirinikki | 2013-03-27 20:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 根岸森林公園の桜   13.3.26

今日は孫娘と一緒に「根岸森林公園」にお花見に行ってきました。
ちょっと冷たい風が吹いていたが、サクラは満開で家族連れの花見客で賑わっていました。


根岸森林公園の桜   13.3.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/450,F9
e0070891_2031518.jpg
e0070891_20311485.jpg
        桜の下は風も弱く、大勢の人たちがシートを広げています。
e0070891_20314171.jpg
     丘の上で、ママとおばあちゃんと一緒。ちょっと寒かったかな?

桜の林の中で
e0070891_20341742.jpg

'76.4.3 ハンブルク桜の女王来園記念樹
e0070891_20342191.jpg

by higirinikki | 2013-03-26 20:37 | おでかけ | Comments(2)

■ コブシふたたび   13.3.25

せっかくサクラが満開だというのに、寒い曇り空。きのうの疲れもあって、今日は「休養日」に。

去年は花のつきが悪かったコブシが、一転してどの木もいっぱいの花をつけている。
(散り際は茶色く変色して汚らしいのは目と瞑りましょう)


コブシ   13.3.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/1400,F8
e0070891_18344728.jpg
e0070891_1834544.jpg
e0070891_18351676.jpg
e0070891_18351542.jpg

by higirinikki | 2013-03-25 18:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ コオニタビラコ   13.3.24

今日は田んぼグループ「やとに会」の24年度の最終会「炊き出し」の日。最近は「火の番」として竈の「火つけ」から最後の「火落とし」までを担当、帰宅後「身体が燻されたような臭いがする」と言われました。
出来上がった糯米のお握りと野菜汁を、みんなでいただきました。
午後は、場所をかえて「お花見」、軽く「一杯」を楽しんできました。
さらに、夕方には事務所で会議、一日中、公園内で過ごしたことになった。

20日の散策で見つけた光景です。


田んぼは花盛り   13.3.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/550,F8
e0070891_2323323.jpg
        「公開田んぼ」14番田んぼが白い花でいっぱいでした。
        タネツケバナ(ミチタネツケバナかもしれない)の短い花穂が競って伸びようとしている。

コオニタビラコも   〃   〃   1/450,F8
e0070891_23264845.jpg
        足元には黄色い花も。「春の七草」のひとつ「ホトケノザ」です。

e0070891_23275254.jpg
        普通に「ホトケノザ」といえば、あのピンクの小さなをつける草を思い浮かべるが。
        立春の頃に、これほど群生していれば「七草粥」もかんたんに作れるでしょうね。
by higirinikki | 2013-03-24 23:30 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ アオゲラのつがい?   13.3.23

「今日はお花見びより」という予報もはずれたかな?ちょっと寒めだが、妻と「お握り弁当」を持って園内にお花見にいった。
満開の大島桜の下には老夫婦が何組か、ささやかな幸せの時間を過ごしている。
食後、妻は大島桜を画材に絵手紙を描き始める。

「この花と蕾がいいのでは」と勧めた視線の先を、中型の鳥が飛んだ。とまった木の幹には、あれ?アオゲラかな?


アオゲラ ♂   13.3.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/1000,F5.6
e0070891_18265324.jpg
        額から後頭部まで紅色の髷を結ったように見える、これぞアオゲラの ♂ だ。
        今まで何度か出会っているが、遠すぎて不満な画像しか撮れていなかった。
        このくらいの距離から、これくらい撮れればいいか、とちょっと満足。


〃 ♂   〃   〃   1/450,F5.6
e0070891_18361321.jpg
        同じ林を歩いていると「コツコツ」と木を突つく音がする。目をこらすと、いた。
        むこうも気づいたようで、頭をかしげて目が見えた。
e0070891_1839499.jpg
        横向きの姿、頭のてっぺんがかすかに紅く見える。 ♂ だ、と思う。
e0070891_18401117.jpg
        巣穴を掘っていたようで、頭を突っ込んでいた。


〃 ♀   〃   〃   1/300,F5.6
e0070891_1844654.jpg
        ♂ が穴を掘っている間に、幹にもう一羽がやってきた。後頭部だけに紅い帯がある。
        これが ♀ だ。
e0070891_1847158.jpg
        すぐに ♂ にかわって、穴を掘り始めた。
        このまま穴を掘り進めて巣にして産卵・育雛をしてくれると観察を続けられるのだが。

        続けられるかどうか、一番の天敵は自分をふくめて「カメラマン」だったりして。
by higirinikki | 2013-03-23 18:50 | 舞岡公園の鳥 | Comments(4)

■ ヒトリシズカ   13.3.22

最高気温19℃と暖かな一日、横浜の桜が「満開」と報じられました。
舞岡のサクラ(ソメイヨシノ)は、なぜか蕾の数が少なく、ちょっぴりさみしい花つきです。

ほんとに花が一斉に咲き始めています。今日は「ヒトリシズカ」を紹介します。


ヒトリシズカ   13.3.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/40,F8
e0070891_1925487.jpg
e0070891_193201.jpg
e0070891_1931981.jpg
        この姿を見ると、「ヒトリシズカではなくてオオゼイニギヤカだな」
by higirinikki | 2013-03-22 19:04 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)