人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

■ ウラナミシジミ   13.9.30

天気予報が外れたか、気持ち良い風が吹く一日。3日ぶりにじっくりと被写体を求めて散策。
一番の狙いだった、先陣切って西からやってきたウラナミシジミ、雌雄の二頭がミゾソバにとまって近接撮影に応じてくれた。


ウラナミシジミ ♀   13.9.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/1700,F8
e0070891_21253933.jpg
e0070891_2129767.jpg
e0070891_2126997.jpg
e0070891_21262358.jpg
 


ウラナミシジミ ♂
e0070891_21284654.jpg
e0070891_21292142.jpg


        毎年ウラナミシジミがよく見られたセンダングサが花期を前に草刈りされてしまった。
        今年は、ミゾソバが頼りという感じになりそうです。
by higirinikki | 2013-09-30 21:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 大山詣りに行ってきました   13.9.29

行楽の秋らしい好天気は今日まで、ということで久しぶりに相州の信仰の山・大山に行ってきました。
前回でかけたのがいつだったか、記憶がさだかではないのだが、同じコースを歩いた憶えがある。

初めて大山の頂上に立ったのは、ボーイスカウトの「カブ隊員」だった息子たちと一緒にヤビツ峠から登った30年前。
今日は、小田急・伊勢原駅からバスで麓に。土産店が並ぶ参道を通って「ケーブル駅」へ、昭和40年に開業したというかなり急勾配のケーブルカーで、「阿夫利神社・下社」に。参拝後、片道30分の「見晴らし台」までの山道を往復。前回は、「見晴らし台」から「日向薬師」に下った記憶がある。

来週には伊勢原市内は「道灌祭り」で賑わいそうだ。


大山ケーブルカー   13.9.29   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/105,F9
e0070891_2253194.jpg


大山阿夫利神社
e0070891_22535248.jpg


大山からの眺め
e0070891_22555836.jpg


見晴らし台からの大山
e0070891_22564792.jpg


参道
e0070891_22575523.jpg

by higirinikki | 2013-09-29 22:58 | おでかけ | Comments(0)

■ 金平糖のような花   13.9.28   (ミゾソバ、アキノウナギツカミ、ママコノシリヌグイ)

爽やかな秋が急にやってきた。この夏に急逝した大学同級生のお墓参りに、三浦半島奥の霊園に仲間4人で行ってきた。

舞岡公園の各所で「金平糖のような花」3種が咲き始めている。


ミゾソバ   13.9.27   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/400,F3.3
e0070891_20225278.jpg
        木道の脇の湿地で群生しているミゾソバだが、強い日差しが当たって撮影しにくい。
        自分の陰に陽射しを防いで撮った。


アキノウナギツカミ   〃   〃   ISO100 1/75,F9
e0070891_20261533.jpg
        同じ湿地で群生しているアキノウナギツカミ。こちらは日陰を作れないので、まともに日が当たっているところです。
        背景にも花がいっぱい咲いているのだが、うまく写ってくれなかった。


ママコノシリヌグイ   〃   〃   ISO400 1/250,F3.3
e0070891_20312150.jpg
        小谷戸の里の水屋の裏で見つけた。名前の由来となる棘が見えますか?
        それにしても、こんなひどい名前を誰がつけたのでしょうね?
by higirinikki | 2013-09-28 20:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 案山子が勢揃い   13.9.27

すっかり秋めいてきた谷戸に、恒例の「案山子祭り」に参加した案山子34体が勢揃いしました。
今日から、一人2票までの「人気投票」が受け付けられます。

目についた案山子を紹介しますが、全部を見たい方はこちらをご覧ください。


かかし街道   13.9.27   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/200,F11
e0070891_1837122.jpg
        抜けるような青空の下を秋の風が吹き抜けていきます。
        谷戸田の先陣をきって稲刈りをおえて帰る幼稚園児と母親を見送っています。


かかし一覧
e0070891_18411326.jpg
        小谷戸の里の事務所のは、人気投票用の一覧が掲示されています。


        私の眼についた案山子、独断の入賞候補です。

WARA爺
e0070891_18444978.jpg
        手作りのわらじを顔にしたアイデアは史上初と思う。


なまはげ案山子
e0070891_20585872.jpg
        初めて見た時はビックリ。
        そこにいた子が、「なまはげは神奈川県にはいないから怖くないんだよ」と言ったので、思わず笑ってしまった。


稲穂のQ太朗
e0070891_2123433.jpg
        なんとなく懐かしい姿。 このごろの子は「おばQ」を知っているのだろうか。
 

だるまかかし
e0070891_1740396.jpg
        身内ですが、忘れるわけにはいきません、ので。
by higirinikki | 2013-09-27 21:03 | 舞岡公園の行事 | Comments(2)

■ 名前の似た花   13.9.26   (アカバナ、アカバナユウゲショウ)

台風20号は本州の東側を北上しただけで被害がなく、冷たい空気が流れ込んで寒い日に。

23日の散策で、小谷戸の里でピンクの鼻が咲き初めていた。


アカバナ   13.9.23   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/550,F3.3
e0070891_1955241.jpg
        午後2時頃では花は閉じ始める。長い花弁(?)で撮りにくい。
        果実は特徴がある形をしているので、先が楽しみだ。


アカバナユウゲショウ   〃   〃   1/550,F3.3
e0070891_19572621.jpg
        古民家の前庭で毎年咲く花。縮根草?
        「夕化粧」とは艶めかしい名前、由来は何だろう。
by higirinikki | 2013-09-26 19:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ キバラヘリカメムシ   13.9.25

台風20号の行方が気になるところだが、明朝にはどこかに行ってくれるのかな?

捜し方が悪いのかもしれないが、このところカメムシの姿をほとんど見かけない。
たまに集団を見つけると嬉しくなってしまう。鼻が利かないので、臭いにおいをかがないですむからかも。

マユミの葉や若い実に、キバラヘリカメムシの終齢幼虫の群れを見つけた。成虫になるまで追いかけてみた。


キバラヘリカメムシの終齢幼虫   13.9.9   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/480,F3.3
e0070891_18472579.jpg
        この集団の画像は迫力があるでしょう。 同じ親から生まれた子供たちなのでしょう。


〃幼虫   9.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/2000,F5.6
e0070891_18494128.jpg
        1頭だけに注目してみました。黒と黄色のコントラストが見事です。

〃 成虫と幼虫   〃   〃   1/550,F5.6
e0070891_18533824.jpg


〃 成虫   〃   〃   1/550,F5.6
e0070891_1855056.jpg
        成虫の後ろ姿です。

〃    9.23   FinePix F200EXR 6.4-32mm 1/400,F5.9
e0070891_18565778.jpg
        成虫の前下からの姿です。 肢の付け根の赤と白も鮮やかです。
by higirinikki | 2013-09-25 18:58 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 大型キノコ 3種   13.9.24   (コテングタケモドキ、ヤマドリタケモドキ、ウスキテングタケ)

また台風が接近しているようで、明日からは天気が崩れるらしい。

22日の散策で出会った大型のキノコたちです。


コテングタケモドキ   13.9.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/25,F8
e0070891_2031455.jpg
        「宮田池」へ降りていく山道、きのうのノウタケのすぐ傍。
        泥をかきわけて幼菌が頭をもたげ、向う側では成菌が2本並んでいた。



ヤマドリタケモドキ   〃   〃   1/58,F8
e0070891_20335218.jpg
        小谷戸の里の前の三角山の園路際で、大型キノコがにょっきりと生えていた。
        2年前にも、ここで発生していた記録が当ブログにありました。



ウスキテングタケ   〃   〃   1/58,F8
e0070891_20343346.jpg
        これも三角山の園路際で見つけた。
        台風18号のあとの湿り気で発生したのだろうか?
by higirinikki | 2013-09-24 20:34 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ これがキノコ?   13.9.23   (オニフスベ、ノウタケ)

「暑さ、寒さも彼岸まで」とはよく言ったものです。半袖シャツでは涼しいくらいに気温が下がってきた。

きのう撮影したキノコの同定に手を焼いている。とりあえず「これがキノコ?」から始める。


オニフスベ   13.9.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/10,F8
e0070891_21593580.jpg
        18日、ひさしぶりに入り込んだ「狐久保」の奥の草原、林縁の叢にこんな白いボールが3個あった。
        新鮮な状態なら真っ白なのだが、ちょっと日が経って黒ずんでいた。

e0070891_2232948.jpg
e0070891_2235461.jpg
        大きさがわからない画像ですね。
e0070891_22455.jpg
        帽子を脇に置いてみました。

〃 割られていた   9.22   〃    ISO1600 1/210,F8
e0070891_2261211.jpg
        次の日、19日に「割れていた」という情報を聞いた。
        3日経った22日に行ってみたら、こんな状態になっていた。


ノウタケ   13.9.9   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/75,F3.3
e0070891_22111072.jpg
        2週間前の9日、「宮田池」に降りて行く山道の途中、斜面に新鮮なノウタケを見つけた。
        翌日には姿を消していた。誰かが持っていってしまったのかな?

   13.9.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/30,F8
e0070891_22152773.jpg
        きのう、同じ山道の平らになった所で見つけた。
        出来立ての甘食パンそっくりだ。

   〃   〃   ISO800 1/38,F8
e0070891_22175554.jpg
        同じ日、瓜久保「かっぱ池」の脇で見つけた。
        今の季節が発生条件に合っているのだろうか?
by higirinikki | 2013-09-23 22:08 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ 探していた草花   13.9.22   (タカサブロウ、スズメウリ、ヤブマメ)

台風が去ったあとの晴天は今日まで、ということでキノコを中心に精一杯の探索行。200枚近くの撮影で収穫大だった。整理もたいへんなので、わかりやすいものから取り上げることにします。


アメリカタカサブロウ ?   13.9.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/3000 F8
e0070891_20481765.jpg
        去年まで各所で見られたタカサブロウが、相次ぐ草刈りなどのせいか、今年はどこにも見られなくなっていた。
        やっと、営農田んぼの畔に見つけた。正確には、アメリカタカサブロウの可能性が高い、らしい。
        タカサブロウとの区別はそう果のまわりの翼が無いこと、という。 
        ということは、実がつくまで待たないと判定ができないということか。


スズメウリ   〃   〃   ISO800 1/320 F8
e0070891_20552527.jpg
        こちらも草刈りのせいか、今年になっていくら捜しても見つからなかった。
        「燈台もとくらし」とやら、小谷戸の里の事務所前で見つかった。が、実ができていて、花が見えない。


ヤブマメ   〃   〃   ISO1600 1/900 F5.6
e0070891_2104747.jpg
        こちらは、これからが花期。最初に見つけた花です。
by higirinikki | 2013-09-22 21:01 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 熟柿にあつまった虫 (2)   13.9.21   (ルリタテハ、キタテハ)

今日は妻と一緒に千葉、新検見川、浅草、横浜と移動。疲れました。

19日に出会った「熟柿にあつまった虫」のつづきです。


ルリタテハ   13.9.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/175,F5
e0070891_2125222.jpg
        アカボシゴマダラが多数集まった熟柿が落ちている木・アオキの下のあたりを遠慮しながら飛んでいるチョウ。
        キリの幹に貼りついたあと、地面に下りて葉の上にとまった。

e0070891_21263557.jpg
        その後、やっとスズメバチも誰も来ない場所にある熟柿を見つけてとまった。
        翅を開いたり、閉じたり、瑠璃色の表翅を見せてくれた。


キタテハ   〃   〃   1/240,F5
e0070891_21325047.jpg
e0070891_21342364.jpg
        アオキの周囲を飛んでは、葉にとまるのを繰り返しているのはオレンジ色も鮮やかなキタテハの秋型です。
        こちらはスズメバチが怖いのか、下には下りてこなかった。
by higirinikki | 2013-09-21 21:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)