人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

■ ヤマアカガエルのオタマジャクシ   14.2.28

今日は気温が急激に上がって18℃と4月上旬の気候に。午後、小谷戸の里で「お仕事」があって行ってきた。

25日、大雪後の散策で、古民家裏の池でヤマアカガエルの卵が孵ってオタマジャクシになっているのを見つけビックリ。あの雪の寒さの中でも、生命の動きは進んでいるのですね。


ヤマアカガエルのオタマジャクシ   14.2.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/400,F6.4
e0070891_2105519.jpg
e0070891_211276.jpg
        大雪が降ってから確認に行っていませんでした。
        15日から25日までの10日間、雪に覆われたり、冷たい池の水の中にあっただろうに。
        生命力はすごいものですね。
by higirinikki | 2014-02-28 21:03 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(2)

■ フクジュソウにやってきたのは?   14.2.27

やっと暖かくなって古民家裏庭に咲くフクジュソウの様子を見に行った。ちょうど「見ごろ」の姿でした。

待っているとハチやアブがやってきた。


セイヨウミツバチ   14.2.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1700,F6.4
e0070891_17591236.jpg


ヒラタアブの一種   〃   〃   1/1600,F6.4
e0070891_1802818.jpg


ハナアブ   2.26   〃   1/1600,F5.6
e0070891_1822673.jpg



フクフソウの花粉散布戦略については ■ フクジュソウにナミホシヒラタアブ   08.2.22 を参照してください。
by higirinikki | 2014-02-27 18:11 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アオゲラ再見   14.2.26

「明日は雨」の予報、今日も暖かな青空だったので散策に出た。

今日の収穫はペアのアオゲラに出会えたこと。鳥に会うには、「待ち伏せ」作戦か、「犬も歩けば棒に当たる」と歩き回る、のどちらか。
カメラマン仲間と群れて待ち伏せするのは「性に合わない」ので、園内ここぞという所を歩き回ります。
この作戦が功を奏して、今日は園内某所でアオゲラのペアに会えました。


アオゲラ ♀   14.2.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1100,F8
e0070891_18262886.jpg
        ちょっと遠めで一目で雌雄判定は困難でした。

〃 ♀   〃   〃(trimming) 1/1000,F8
e0070891_18285550.jpg
        後頭部が見えました。赤い部分が額まで届いていないので♀のようです。


アオゲラ ♂   14.2.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F8
e0070891_18315169.jpg
        もう1羽が飛んできました。

〃 ♂   〃   〃(trimming) 1/800,F8
e0070891_18331065.jpg
e0070891_18332510.jpg
        赤い部分が額まで届いているので♂です。
by higirinikki | 2014-02-26 18:34 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ これぞモズの早贄   14.2.25

気温が10℃を越えて、ひさしぶりに暖かな日に。散策もラクで楽しい。

いくつか収穫があった中からのトップ紹介です。


炭焼き小屋の改修   14.2.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/550,F8
e0070891_2174547.jpg
        長久保の奥にある、炭焼き小屋の屋根の改修が行われていました。
        大雪のため遅れていた改修作業、暖かな日差しの下でみんな楽しそうに進めていた。

        カメラに気づいたWaさんが、「モズの早贄がありますよ」と教えてくれました。
        グロテスクなシーンでも平気な人はご覧ください。

More モズの早贄
by higirinikki | 2014-02-25 21:15 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ガマズミ   14.2.24

しっかり「閉じこもり症」に罹ってしまったようです。といって、ソチオリンピックを見続けたわけでもありません。
寒さと被写体の無さで、出かける気がおきなくなってしまったようです。

ついに在庫写真は、これで最後です。
「赤い実は鳥も食べない」って、本当でしょうか? いつまで残っているのでしょう。


ガマズミ   14.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1500,F5.6
e0070891_1649368.jpg
e0070891_16491763.jpg
        毎年、園路脇でいつまでも赤い実をつけています。
        最後の実がなくなるのは、いつなのか見届けたことはないのですが。


ネット検索で調べてみました。
「森林インストラクターのブログ」の「フォレスト 石風花」氏の意見が参考になりました。
2013.11.07 赤い実 その訳
東御苑の雑木林ゾーンでガマズミ(スイカズラ科ガマズミ属)は冬には葉を落とす落葉樹です。たくさんの赤い実をつけます。実は9~10月に赤くなります。食べてみるとすっぱく、食べられません。鳥も酸味の強さを知っていてか、食べに来ないようです。
 ところが、霜が下りる頃になると水分が抜け甘くなります。冬鳥が渡来して、餌のない冬になるとガマズミの実は食べられます。つまり、夏鳥ではなく冬鳥に実を食べてほしいのでしょうか。北国で見るガマズミは元気で、果実も輝くように実っています。冬鳥が種子を散布してくれれば、生息域は寒い地方に広がります。ガマズミは「北帰行」の志向があるのでしょうか。
by higirinikki | 2014-02-24 16:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 雪の中の植物   14.2.23   (マンリョウ、ダイコン)

今日の午前中、風花が舞うほど寒い時間もあった。まだ寒い。

そろそろ、また在庫写真がなくなってきた。


雪の中のマンリョウ   14.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/2000,F5.6
e0070891_1963295.jpg
        古民家の裏庭で見たシーン。ちょっと貧弱な姿ですが。


雪の中のダイコン   〃   〃   1/2000,F5.6
e0070891_1964762.jpg
        狐久保の畑に残ったダイコンです。
        種子を採るために「大切」にされている。
by higirinikki | 2014-02-23 19:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 雪の中のマンサク   14.2.22

今日は「やとに会」の堆肥篩いの作業日だが、ちょっと元気がなくお休みした。

雪の中で咲きつづけているマンサクの花です。


マンサクの花   14.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1400,F5.6
e0070891_17294326.jpg


   〃   〃   1/900,F5.6
e0070891_17303674.jpg

by higirinikki | 2014-02-22 18:23 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 雪の中の鳥   14.2.21   (コジュケイ、ヒヨドリ)

おとといの雪景色の中、ようやく見つけた鳥です。


コジュケイとヒヨドリ   14.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/340,F5.6
e0070891_2117787.jpg
        雪の残った藪の上と下で採餌(?)しているコジュケイとヒヨドリです。
        競合する関係ではないようで、勝手に動いていました。


コジュケイ   〃   〃   1/480,F5.6
e0070891_21204100.jpg
        雪の中に全身をさらさないようにと気をつけているのだろうか。
        3羽がいっぺんに姿を見せてはくれなかった。


ヒヨドリ   〃   〃   1/400,F5.6
e0070891_2122315.jpg
        蔓草の実を啄んでいるように見えた。
by higirinikki | 2014-02-21 21:23 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ ネコヤナギ   14.2.20

ゆうべは入浴をやめて、湯たんぽで暖をとって早目に寝ました。おかげで、朝は微熱はとれましたが、日中にまた熱が上がってきました。さて、どうしましょう。

雪の谷戸で春を探しました。


ネコヤナギ   14.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) 1/750,F5.6
e0070891_16272953.jpg
e0070891_16274698.jpg

by higirinikki | 2014-02-20 18:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 大雪の谷戸   14.2.19

10日ぶりの谷戸の散策にでました。何をまちがったか9時すぎの凍りつく園路を歩いたのですが、低温・
冷たい風に当たったためか、帰宅後さむけに襲われて微熱さえも発し、ずっとおとなしくしています。

2度目の大雪はまだ融けやらず、の光景です。


南門からの園路   14.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/1400,F5.6
e0070891_19572233.jpg
        アイゼンをつけて万全の備えの女性と、運動靴で足元危うい女性が前を行きます。


谷戸を北望   〃   〃   1/1600,F5.6
e0070891_19594073.jpg
        田んぼの雪はほとんど解けていません。


白梅   〃   〃   1/1800,F5.6
e0070891_2003999.jpg
        2週間前に一気に開花したウメですが、それ以来長い間寒さに耐えているようです。


小谷戸の里   〃   〃   1/1100,F5.6
e0070891_2033537.jpg
        小谷戸池越しの園路からの眺めです。


古民家・納屋   〃   〃   1/1100,F5.6
e0070891_20165016.jpg
        古民家と納屋の光景です。屋根からの落雪の恐れがあり、接近が禁止されています。


ヤマシギの谷戸   〃   〃   1/1800,F5.6
e0070891_2073272.jpg
        奥の方でヤマシギが出現する谷戸ですが、これだけの雪の中、どうしているのだろうか。


谷戸を南望   〃   〃   1/2200,F5.6
e0070891_2092275.jpg
        真ん中の木道で谷戸を横切る景色です。


瓜久保休憩所   〃   〃   1/2200,F5.6
e0070891_20105368.jpg
        車や人が歩かない園路には沢山の雪が残り、凍りついている。
        滑るのが怖くてはいるのをやめました。
by higirinikki | 2014-02-19 19:58 | 舞岡公園・その他 | Comments(2)