人気ブログランキング |

<   2014年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ ガビチョウ   14.3.31

里山では、ウグイスの声が響き渡っている。その声に負けじと大きな声で囀っているのが、外来鳥のガビチョウ(画眉鳥)。まるで中国語で囀っているのかと思わせる鳴き声は、こまやかな日本の風土に合わない大陸の鳥の声だ。


ガビチョウ(画眉鳥)   14.3.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/200,F8
e0070891_20513899.jpg
        頭の上から聞こえる甲高い囀り声。目の周りの白い眉が特徴的な顔としている。
by higirinikki | 2014-03-31 21:10 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ コサギ   14.3.30

東京の桜が満開になったとか。舞岡公園の桜が満開になるのは?今日の雨で、どうなるのかな?

最近の谷戸には2羽のコサギがいろいろな所で姿を見せている。この日は、「おおはらおき池」の倒木の上で「一本立ち」をしていた。


コサギ   3.25   〃   ISO400 1/125,F8
e0070891_20562028.jpg
        一本脚でじっと立ちくしていたが、そのうち、この姿勢をつづけることに飽きたのか、大きく口を開けて舌を見せた。
e0070891_20582456.jpg
        口の中は、こんな仕組みになっているのですね。
by higirinikki | 2014-03-30 20:59 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 蛙合戦 その後   14.3.29

今日も気温は20℃を越えたが、すかっとした青空のない曇り空だった。

17日に紹介した「蛙合戦」のその後です。

21日にも「蛙合戦」は続いていましたが、23日、「かっぱ池」のカッパ像の近くにヒキガエルが、山の方向に向かってのそのそ歩いていました。

ヒキガエル   14.3.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/280,F8
e0070891_21432769.jpg
e0070891_21435793.jpg
        この日の池の中にはカエルの姿はみえませんでした。
        蛙合戦をやっていたカエルたちは、みんなこうして山に引き上げていったのでしょう。

卵塊   〃   〃   1/240,F8
e0070891_21464868.jpg
        池に戻って見ると、おとといは見えなかった紐状の卵塊が浅瀬にのたくっていました。

おたまじゃくし   3.25   〃   1/220,F5.6
e0070891_21492973.jpg
        2日後、早くもゼラチン質の紐を破ってオタマジャクシが孵っていました。
        これ全部が親蛙になったら大変ですね。
        子供に網ですくわれたり、鳥に食べられたり、池が干上がって死んだりして、2匹が蛙になれば「現状維持」です。
by higirinikki | 2014-03-29 21:53 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ ツマキチョウ   14.3.28

春を飛び越して一気に初夏の気温、20℃になろうかという今日、春先に見られるツマキチョウの出現を待って、狐久保の石畳道で待ち構えていました。

狙い通り、奥の方から飛んできた白いチョウ、何回か往復してやっとタンポポにとまった。
遠くても、とりあえずシャッターを切った。2回切ったところで飛び去ってしまった。この間、17秒でした。


ツマキチョウ   14.3.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/480,F8
e0070891_20354067.jpg
e0070891_20355067.jpg
        「褄が黄色い蝶」ですが、黄色の褄があるのは♂です。 褄がないのが♀。
        一番似合う花はムラサキケマンですが、まだ野にはありません。
        ということは、出現時期が早過ぎたのかな?


モンシロチョウ   〃   〃    1/480,F8
e0070891_20392684.jpg
        遠目ではツマキチョウと区別が難しいです。
        スジグロシロチョウにも見えるのですが、画像でモンシロチョウと確認しました。
by higirinikki | 2014-03-28 20:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 田んぼの草   14.3.27   (タネツケバナ、コオニタビラコ、ヘビイチゴ)

きのうは小雨が降っても桜の開花がすすむ気温だったが、今日は寒さが戻った小雨模様。
桜の花はどれくらい咲きすすんでいるのだろうか。 3日と5日に花見の宴を予定しているのだが。

田起こしをしていない「14番田んぼ」では、タネツケバナの白い花の群落の中に混じって黄色い花が見える。


タネツケバナ   14.3.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/300,F11
e0070891_15325479.jpg
        「一面真っ白」を再現できただろうか?


コオニタビラコ   〃   〃   1/400,F11
e0070891_15344926.jpg
        春の七草のひとつ「ホトケノザ」は、このコオニタビラコのこと。
        この葉なら食べられますね。


ヘビイチゴ   〃   〃   1/1400,F5.6
e0070891_15373382.jpg
        畦の内側にありました。すぐに赤い実になって、緑の中の赤が目立つようになります。
by higirinikki | 2014-03-27 17:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 春を告げるチョウ 3種   14.3.26   (キタキチョウ、モンキチョウ、キタテハ)

桜が咲き暖かな陽射しの中、ようやくチョウの舞う姿が目につくようになった。
名前に「黄」がつくのは偶然でしょうか?


キタキチョウ   14.3.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/220,F8
e0070891_17191324.jpg
        成虫で越冬するキチョウです。気温が上がって、どこかから姿を見せます。
        飛んでいる姿を、この日初めて狐久保の草原で見つけました。
        しかし、配偶者を捜しているのか、パトロールするように往ったり来たりを繰り返していて、いっこうにとまってくれません。
        南門付近で見かけたこのチョウも飛び続けていましたが、疲れた(?)のかやっととまって撮影を許してくれました。


モンキチョウ   3.21   〃   1/1600,F5.6
e0070891_17262622.jpg
        狐久保の石畳道の脇の草崖を往ったり来たりして飛びまわっていました。
        枯れ葉にとまったのかな?と思ったら、ヒメオドリコソウの小さな花から吸蜜していた。


キタテハ   3.23   〃   1/450,F8
e0070891_1731968.jpg
        縄張り争いをしているのか、2頭のキタテハが縺れるように天高く飛び上がっていく姿をよく見かけます。
        空中で別れて、また元の場所に戻ってきて見張っているような、その姿を隙をみて撮影します。
by higirinikki | 2014-03-26 17:34 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 桜が開花   14.3.25

横浜気象台は「今日、桜が開花」 と発表したそうだ。横浜の開花を観察する 「標準木」 は、元町公園にあるという。

さて、舞岡公園ではどうだろうか? 桜の木が多いのは 「おおなばの丘」 と 「ばらのまるの丘」 だが、まだ蕾の状態だった。
ところが、駐輪場の際の桜の木は、すでに、かなりの花が開いていました。とおりかかった夫妻は 「きのうから咲いていますよ」 と言っていた。 この木が舞岡公園の標準木なら 「舞岡公園の桜が開花」 というところです。
舞岡公園の大部分の木は明後日くらいから開花を始める、と予想しておきましょう。


駐輪場では開花   14.3.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0070891_2075590.jpg
e0070891_2092313.jpg



おおなばの丘では
e0070891_2010221.jpg
e0070891_20103812.jpg
        10数本ある桜の木の中で、この花だけが開花しています。
        満開になるのは、1週間後かな?

        実は妻は、「25日開花」 と予想し 昨日おおなばの丘に調査に行き、この花を見つけて 絵手紙 を描いていました。
        見事予想が当たり喜んでいました。


ばらのまるの丘では
e0070891_20121926.jpg
        10本くらいある桜の木は、まだ蕾状態。  明後日くらいの開花かな?
by higirinikki | 2014-03-25 20:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ キブシの花   14.3.24

ようやく春が来た。あわせてスギ花粉も全開?年々おさまってきた花粉症だが、用心して外出を控えて休養日にした。

里山ではキブシの垂れ下がった花序が、開花を始めている。雌雄異株ですから、花を覗き込むとオシベがいっぱいの雄花、丸くぷっくり膨らんだ子房が大きい雌花、の両方を見分けて捜すのも楽しいですよ。


キブシの花   14.3.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1600,F5.6
e0070891_190896.jpg
        上手に写真が撮れませんでいた。

キブシの雄花   3.18   〃   1/1300,F3.6
e0070891_1915411.jpg


キブシの雌花   3.21   〃   1/850,F8
e0070891_1931831.jpg
        雌雄の見分け方、おわかりですか?
by higirinikki | 2014-03-24 19:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ モンシロチョウ初見   14.3.23

今年は寒い日がいつまでも続いて春らしい日がなかった。
晴れても冷たい強い風が吹いて、飛ぶチョウの姿がなかなか見られなかった。

気温も上がって暖かな風と青空となった今日、やっとモンシロチョウの飛ぶ姿を見つけた。
全国的な初見日はどうなっているのだろうか?


モンシロチョウ初見   14.3.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(trimming) ISO400 1/550,F8
e0070891_17494281.jpg
e0070891_17495262.jpg
        休耕田に植えられたキャベツの畑。さんざんヒヨドリに葉を食べられた株の上を飛んでいました。

e0070891_1750199.jpg
        園路から見下ろす位置、地面にとまっています。
        つぎは接写したいものです。
by higirinikki | 2014-03-23 17:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ シイタケ   14.3.22

陽射しがあって明るい日だが、風は冷たく暖かさは感じない。明日からは気温が上がるのだろうか。

18日の散策で見つけました。伐採して乾燥させるためだろうか、横積みした数本のクヌギの木の横腹や木口からキノコが生えているのが見えたので、近づいてみました。
どこかから菌が飛んできたのでしょうか、美味しそうに見えます。


シイタケ   14.3.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/110 F5.6
e0070891_17453332.jpg


e0070891_17455617.jpg
e0070891_1746418.jpg
e0070891_17461448.jpg

by higirinikki | 2014-03-22 17:46 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)